みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫の成長記・先住猫「カリン」のストレスを思う
moon1.5 これは「ムーン君」がうちへ来て2週間ほど経ったころかな・・・。はじめは「カリンお姉ちゃん」におもいきり嫌われた。出会った瞬間にシャー!をして僕の部屋の棚の奥にたてこもり、僕が呼んでもお母ちゃんが呼んでも出てこない。ご飯も食べず3日間、先住猫の意地を張りとおした。おしっこも僕の椅子の上にわざとする。猫はみんな綺麗好きだから、本当はこんなことはしたくないのだ。これを叱っても逆効果である。猫が1匹増えるストレスがあり、それに対応する飼育環境が悪いこともある。問題は飼い主の方にあるのだが、ずっと1匹だけを飼っていて、新参猫を迎えたことがない飼い主は、これでびっくりして新しい子を返してしまったりする。
 でも、しばらくのあいだ部屋を分け、先住猫をより以上に可愛がることでmoom3.0解決する場合が多いのだ。ただ事故がないように2・3日はつききりで見てあげなくてはならないから、昼間だれもいなくなるお宅では難しいかもしれないね。
 お前もきっと辛かったよな。ごめんねカリン。
 「わたしが一人娘として、一身に受けていた愛情は、きっとこの小さい黒猫にすべて奪われるだろう、と思ったわ。なによりも汚いビビりなチビのくせに、大切そうにお母ちゃんに抱かれてやってきたのが許せなかったのよ。
 この子はお父ちゃんのお友達のクリーニング屋さんの屋根裏で、隙間にはさまって1週間くらい、兄弟6匹とずっと啼いていたらしい。、moon12ママ猫には狭すぎて運び出せなかったみたいで、とうとう消防隊のレスキューまで呼んで助け出したんだそうね。わたしも川原に捨てられた野良だから、その身の上には同情しました。
 いま仲良しになったのは、なんだか体の奥の方から湧いてくる、ママ猫の気分が不思議だったから。首を噛んで、隅っこへ連れて行って毛繕いをしてやると、とても優しい良い気持ちになれたからなの。
 そしてムーンにはちゃんと言い聞かせてある。ご飯はぜったいわたしが先、お父ちゃんの膝はわたしだけ、アルミホイルの玉投げ遊びの時は邪魔しちゃダメ。それが守れれば、お父ちゃんのお布団の足元、わたしの寝場所へ来てくっついていても良いわ。2匹の重さでうなされて、ときどきお父ちゃんに蹴飛ばされるけどね・・・。
moonnow「ボクはカリン姉ちゃんが大好きです。はじめはママかと思っていたけど、ほんとうはちがうんだって。大きい猫だなー、と思っていたのもさいしょだけ。だんだん小さくなってきて、とうとうボクに負けてしまいました。でもレスリングをするとボクは勝ちません。とくに猫パンチがこわいです。
 姉ちゃんが玉なげであそんでいるときに出ていくとおこられます。いっしょにあそぼうといっても姉ちゃんはボクの顔をみてやめてしまうので、つまらないのだ。あそんで走っているときの姉ちゃんのおしりのとこは、なんかいい匂いがして、おいかけてかみたくなるのでそれがいやなのだろうか?ボクはちゃんと「きょせいしじゅつ」というのをしているから、べつに変ないみじゃないんだけどなー。
 ボクはあとから来たので、いいつけを守ります。お母ちゃんのとこにいつもいるのは、お父ちゃんがボクにしつこいからいやなのだ。姉ちゃんもくればいいのに、ボクがこたつにもぐっていたりほかのヘヤをたんけん中にそこでねてしまったときだけこっそり来るみたいだ。それなので今のところお母ちゃんはボクのものです。

 お母ちゃんのトイレ番と、お父ちゃんのおでむかえはボクがよくします。お母ちゃんはトイレから出るとだいてくれます。お父ちゃんはカイシャのかえりがけに、おそとの葉っぱをつんできてくれます。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

「詩人ナナオ・サカキ朗読会」でオープニングアクト
as4 夕べの興奮も冷めやらぬまま、今日15日は高麗川巾着田のほとりの「アリサンカフェ」で台風の中のライブ。詩人「ナナオサカキ」の朗読会で、オープニングアクトに参加させてもらった。詩人にゆかりのある3曲を歌う。
ナナオの旧友、ひのこバンドの「マスター」とその奥さん「みっちゃん」とのセッションです。雨風のなか、たくさんの「ナナオ」ファンが集まった。


as2 彼は放浪詩人。日本のヒッピー・ムーブメントの生き証人みたいな人だ。
 こんなジャンル分けっぽい紹介は、彼にとってはバカバカしいだろうけど「ビートニック」と呼ばれたアレン・ギンズバーグやゲーリー・スナイダーと並ぶ世界詩人。カウンター・カルチャーの歴史に興味がある人は知っているはずだ。
 マスターが作曲した「かささぎの歌」はゲーリーの詩、そしてナナオ訳の名曲である。
 おん年84歳、地球を巡り、うたい続けたこのオーラを見ておくれ。本物の証しか、海外の評価のほうが高い。作品は17カ国で翻訳され世界中を朗読会で旅して歩く。
子供や孫のような聴衆をまえに、重く渋く、人間味溢れるビートで朗読する。そして質問会。

戦争のこと、旅のこと、環境のこと、全部一行で答え、解説が続く。これは一晩中聴いても飽きない話だ。
Q:「家を待たないって本当ですか?」
 A:「家は世界中にあるよ。女性は皆な僕の奥さんで、人に預けて養ってもらってるんだ。」
Q:「温暖化は地球の自然なサイクルなのかな?」
 A:「温かくなってるの?人間のせいなの?あまり考えたことが無いんだ。」
声:(学者はCO2増加が原因だと言ってます)
 A:「じゃあそれを止めようよ。」
Q:「世界を旅して印象に残ることは?」
 A:「全部だよ。…あなたも旅をしなさい。」
僕も、どんな音楽が好きか?と訊こうとしたけど、なんだか愚問に思えてやめてしまった。「君も80歳まで歌いなさい」・・・って、言われなくてもそうしますからね。
※詩集「犬も歩けば」野草社より復刻。会場で買ってサインを求め、握手して貰った。
as1as3 季節ごと、蓮華・桜・彼岸花、花色のじゅうたんみたいな巾着田の「アリサンカフェ」スピリチュアルな場所に建つ。
高麗川に突き出た、ここのテラスでのライブは最高なんだ。

「続き」へ…膨大な作品から・これはとても短い詩…
埼玉2ちゃんねる空ちゃん虐待殺害事件・判決
「さいたま動物救済ネットワーク」のメーリングリストでお知らせを頂きました。2ちゃんねるちゃん虐待殺害事件に判決です。懲役6月、執行猶予3年。被告人はアスペルガー症候群の既往症あり。今回以外にも、2月にネコを同じ方法で殺していた。裁判の傍聴記録がアップされました。
空へ―あなたがここにいてほしい 「2ちゃんねる、ネコ虐待、殺害まとめブログ」
すでに他のページでは実名が明かされたから、執行猶予中も社会的制裁は受けるだろうし、更生は茨の道だろう。でもどうか「」の命の重さだけ苦しんで貰いたい。
空へ・・
これでこの世の使命も終えたね。もうすっきりと「虹の橋」を渡っておくれ。世界中で人間の犠牲となった動物たちの魂で、橋はずいぶん混み合っているだろうか。
生前と同じくお行儀良く、ちゃんと並んで順番を待とう。
地上の僕らをふり返りふり返り、貴高く眩しい光に包まれて行く、立派な「」の姿を想像しています。
だから彼の遺体写真を、僕は載せません。
次の生は必ず、幸せな運命を持って生まれるはずだから。

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

過去ログの中のイラスト・工作部屋です(未整理ですが、ご覧ください)
kota 月下ねこWelCome.jpgtategotohyousatunatsuneko sukatako
maruneko-2
ueki tobinekomaruneko nendoneko koinu cero
rivercat okusan summer

sara mi-ya meri2

telecat song hirune

dokusyomerikalinmoonworkstabi-shojo
dandelions.jpg 20060527191802.jpgfishercat 20060519004301.jpg 20060523205402.jpg
猫のトリオ m-03 kaze
みゆき楽団プロフィール
          みゆき楽団      prof.2
        風の中の癒し眠らし系アコースティック楽団

みゆき ♂ 1954年6月24日生 埼玉県入間市在住
・・・・・ボーカル・マンドリン・Aギター・ハーモニカ・作詞・作曲・・・・・
「このブログの管理人」 「パステル猫絵師」 「雑魚川の毛鉤釣師」 「溺愛型野良猫支援者」 「建築CADオペレーター」

タルさん ♂ 1955年生 埼玉県越生市在住
・・・・・ボーカル・Aギター・Eギター・作詞・作曲・・・・・
「孤高の酒飲み」 「らんぷ(猫)のパパ」 「毛鉤釣り初心者」 「凄腕植木職人」

ヒトシちゃん ♂ 1956年生 埼玉県飯能市在住
・・・・・ボーカル・パーカッション・ジャンベ・・・・・
「日曜園芸家」 「ソシアルダンサー」 「凄腕板金職人」 「自営ショップ平野ボデー勤務」

たけちゃん ♂ 1956年生 埼玉県狭山市在住
・・・・・ボーカル・Aギター・作詞・作曲・・・・・
「狭山のチャックベリー」 「自家菜園管理者」 「よろずや鎌田商店社長」

タロウ君 ♂ 19○○年生 埼玉県入間市在住
・・・・・キーボード・・・・・
「音大卒業生」 「唯一の楽譜理解者」 「介護福祉士」

prof.1
             MIYUKI-BAND
                よろしくお願いします
cd1みゆき楽団CD“SONG-BOOK”販売

 1.春を待つ心     (詩・曲:タル)
 2.思い出の水の色  (詩:みゆき・曲:タル)
 3.夕焼け雲       (詩・曲:みゆき) 
 4.雨ニモマケズ     (詩:宮澤賢治・曲:ジュゴン)
 5.風の中の楽団    (詩・曲:みゆき) 

 全5曲 ¥1,000(送料込)です。

ご希望の方は
「郵便番号〒・ご住所・お名前・枚数」を明記の上メール下さい。こちら⇒[CDご注文メール]
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。