みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫溺愛宣言
blue   yellow
「ムーン」のアップ。左はうちへ来たばかりの頃。毛布の陰で怯えてる。6月12日の写真と同じ時のもの、目が青灰色

右は昨日の「ムーン」ちょっとお兄ちゃんになった。目がくすんだ黄色。7月7日の写真もそうだ。「猫の目のように気まぐれ」と言うけれど、まん丸や細目の変化でなく、色も変わっていくようで、毛色も黒茶の中に黒トラ模様が浮き出てきたよ。

と、僕は共に暮らす1匹の猫の成長を綴ってるけど。
猫を「生命論的・哲学的」に講じ、野良問題を「社会派的」に切り取る学者やエッセイスト達が、僕らを「ブログに溢れる猫溺愛派」「可愛がるだけの偽愛猫家」と切り捨てるのは鼻につく。通りすがりにこのブログを観るあなたも含まれるのだ。「彼等とは一線を画す」なんて偉そうに言っても、所詮は猫に魅力を感じての一考察に過ぎないね。では、大量に駆除されるネズミやゴキさんはどうなんだ。生命として猫以下なのか?

可愛らしさを武器に、人間のフィールドで種の維持を選択した猫達を、誇りを持って応援しよう。無用な殺処分の捨て猫が増えないように去勢と避妊のコントロールも必要だと思う。「ノラや、ノラや」と涙ながらに、消えた子猫の消息を求めた、文豪「内田百けん」の一冊を献じ、
僕はここに「猫溺愛宣言」を掲げます。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。