みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫は何を見てるのか
「お化けが見えてるんだ」と思い込み、必死でニャンをとられないように抱きしめた。猫子
そんな無垢な少女時代もあったねと。
お化けじゃなくて「妖精」とか「猫の神様」が見えてます。音もしないのにビクって起き上がり、何か言葉を聞いている顔。みゆき  と、昨日のコメントで書いた言い訳。

導きによって旅立つトラmc-5.jpg

自殺した「ねこぢる」さんの漫画「猫神様」苦しいほどクールに、生のはるかな向こうを見つめ、死をも笑い飛ばして、最後本当に実践しちまった。ファンだったのにな。
ホンワリしたのは「川上弘美」さんの「神様」と「草上の昼食」連作の熊の話しです。彼女の文章は淡ーい女性の体臭。良い匂いのする言葉づかいが好きです。この2作に出てくる人の良い熊こそ「熊の神様」かな?
人には人の形、動物にはそれぞれの動物の形の神様が見えるのかな。宇宙の根本にある、意思の力は目に見えないけど、共に生きていて、素振りでそれを表現する動物達。人は太古から、畏敬と愛着を持って彼等を「神として」祭ってきたのだなあ。人もまた愛すべき動物なのだなあ。
なんて、きょうは一人息子の旅立ち、会社寮への引越し手伝いで疲れたか?達観したよな偉そなことで御免なさい。
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。