みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ひとりと1匹たち」NHKドキュメンタリーの猫
tk 004 おととしの3月、NHKの特集で放送されたドキュメンタリー「ひとりと1匹たち」
 ラストシーンで登場したノラ猫が、うちの「カリン」にそっくりだったので、僕はその当日、ノラ猫とホームレスさんたちについての記事を書いた。 
 (2009年の記事←)
 「カリン」はテレビの上から、その悲しい画面を撫でている。

 この茶トラの猫は「ホワン」と名付けられ、ホームレスさんと暮らしていた。
 番組にも登場した、多摩川のノラ猫写真家「小西修・美智子さん夫妻」に見守られ、成長していた。
 この夫妻のブログで知った。
 「ホワン」は肋骨を骨折し、肺の機能不全で水が溜り、生死の境をさ迷っている、という。
 なぜこのようなことが起こるのか?
 誰かが蹴とばしたのか、投げつけて何かに衝突させたのか?交通事故なのか?
 普通の猫の生活で、胸を骨折するなんてことはあり得ない。  

 こんな小さな命を、人間が慈しむことが出来なくてどうするのだ!
 この小さなことが、世界の戦場の、母親と子供達の不幸につながっていることに、気付いたほうが良い。
 
 血統書付きのペットを捨てるお金持ちが居て、それを助けるホームレスの人が居て、やむをえず処分するお役人が居て、ノラ猫をいじめてスッキリする人も居る・・・皆んな悲しいだろう。

 しかしこの人たちの中で、誰が一番、裕福なのか。誰が一番、心が豊かなのか。
 普通の生活を犠牲にして、命への優しさという、勇気と正義を貫く人にだけ、宿るであろう見えない力があると思うのだ。
 それを神・仏とは言わないけれど。
 
スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/30(火) 22:54:30 | | #[ 編集]
かぎこめさん
メールで相談をします。
小さい命のために動けるあなたを尊敬します!
2011/08/31(水) 11:37:50 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
おかえりなさい みゆきさん。
↓カラ元気、結構ではないですか ♪
私もすでに還暦を過ぎ 毎日カラ元気でワンニャン達の世話に明け暮れています。そうして自然に過ぎゆくのに身を任せることでなんとか生きつないでいる気がしています。
昨日までテーブルの下から出てこなかった子がついうっかり足元に寄って来て、あわてて逃げていく姿に目を細めたりして・・・

のんびりやっていきましょう (^^
2011/08/31(水) 15:10:13 | URL | nonnon #XfZ0ydI.[ 編集]
nonnonさん
どうもありがとう。お元気そうですね。
色々な悩みを越えて、カラ元気で頑張れるのも心の強さです。辛いことがあるたびに強くなっていくnonnonさんに見習って、僕も少しは強くなりました。
子供達、そして猫達が喜びを与えてくれ、いつも癒してくれますからね。
不思議な心のシャッターで温かな写真を撮ってくれるnonnonさんにありがとう。
頑張らずにゆっくり生きましょう。お互いに猫達のしぐさに目を細めましょう。
2011/08/31(水) 18:24:34 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。