みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怯え猫「ソラ」ちゃん・ここまでリラックスするようになりました。
ne 017 これは「ソラ」ちゃん♀です。ノラで虐められて、狭いケージに閉じ込められて。うちへ来た当時は見えない隅っこに隠れて、ほとんど姿を見せなかったのだが。
・・・あれから1年。そばへ来て、リラックスするようになった。元の保護者も、憎くて閉じ込めていたんじゃない。母猫は追われて逃げてしまい、お兄ちゃんは車の中に隠れていて、エンジンをかけられ、ミンチ(恐)にされてしまったのだ。・・・それで仕方なく、餌やりをしていたお婆ちゃんがケージに入れていたのだが、フーシャー!怒るので手も出せないと、僕が相談を受けて連れて来た。
ne 013 まだ抱っこはおろか、触らせてもくれない。自分からは僕の足を突然噛んだり、引っ掻いたりと、多いにはしゃいで遊ぶくせに、ちょっとでも撫でようものなら、一目散に走って遠くへ避難してしまう。綺麗な「白タビ茶トラ」で、可愛くて仕方のない子なのだが、ノラ時代を約3ヶ月、一人で生き抜いた不幸な経験と、無理やり捕まえられて狭いケージに押し込められた恐怖は、忘れられないストレスになっているようだ。
 いつの日か、僕の膝に抱っこされて「撫でておくれー」と甘える時を夢見ている。どなたかこうした怯え猫を、柔らかな素直な子にする方法を知りませんか?
 いやいや、やっぱり猫は1匹づつ違う生き物。特効薬など無いね。
 根気強く、優しく、思い切り遊んであげるお父ちゃんなのでした。
スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
ソラちゃん!!
んま~、なんて可愛らしい・・・
チラリと覗くお腹の白さがたまりませんね♪

目を細めて眺めているおとうちゃんの姿も想像できてしまします。

いつか抱っこされて寛ぐソラちゃんの日記を読めますように・・・☆
きっと大丈夫ですよ!
いつか必ず・・・^^
2010/09/13(月) 23:56:02 | URL | Haruna #xm7FiIss[ 編集]
Harunaさん
うちの5匹では一番キレイ、それでいて一番懐かない、気位の高い美人さんですよ。
ねこの会をやっていると、途中までノラで、人嫌いな性格の出来上がった子が家族になります。

子猫を貰ってよしよしと、抱いて育てるのとは大違い。
いつも飼い主は辛抱強く、非常に優しく接しなくてはなりません。
でも必ず、いつか甘えてくれると、信じているお父ちゃんです。
2010/09/14(火) 00:08:36 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
もう1年になるんですね。
ホント、綺麗な美人さんですね。
ごろりん、とお腹を見せてる姿は安心しきって優しいお顔してますね。
たとえまだ撫でさせてはくれなくても、空ちゃんは甘えているんでしょうね~。
以前の過酷な環境を考えると、この無邪気な姿に感激もひとしおです。
2010/09/17(金) 05:34:32 | URL | 順梟 #-[ 編集]
順梟さん
こんな可愛い子がノラで虐められていたなんて、不思議で仕方ありません。
猫嫌いは一つの地域に集まるのか、近所で手を差し伸べたのは閉じ込めてしまったお婆ちゃんだけでした。
こうした場合は連れて帰って、その地域に猫の匂いがしない環境を作るしかないですね。
他の子が来ればまた追い回され、水をかけられるでしょうからね。
うちへ来て安心したことでしょう。でもトラウマが消えるまでには、もう少しの時間と愛情が必要なのでした。
2010/09/17(金) 22:01:18 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
辛い環境でしばらく過ごすと、どうしても怯えがあったり、
人間不信になったりしちゃうのは猫も人も同じですね。

友人がボランティアで児童施設の手伝いをしています。
親はいるけれど、虐待にあったり、ご飯をもらえなかったり…。
そんな環境にいた子供達が暮らす施設です。

そうした施設の子はすぐに心を開けなかったり、
なかなか本心が言えなかったりするようで…。
そしてとても寂しがり屋さんみたいです。
1年くらいは頑張ってつき合わないとなかなか難しいようです。

みゆきお父ちゃん!ファイト!!応援してます。
2010/09/21(火) 17:44:42 | URL | 黄色の小鳥 #-[ 編集]
もう一年ですか…
ソラちゃん、もう一年経つということは、みゆきさん宅に伺わなくなって一年以上経つということですね。

小さい頃に怖い思いをすると、ずっと引きずってしまうこと、みゆきさんのブログを拝見していると痛いほどに感じます(T_T)

お腹を見せてると言うことは敵ではないと分かってるんですよね?

近いうち、ソラちゃん抱っこの記事が読めるといいです(^_^)

追伸:ネコ連れ旅行記アップしました。良かったら見に来てください。
2010/09/23(木) 14:40:40 | URL | るんば #TWlE09to[ 編集]
黄色の小鳥さん
そうですね。
人間の子供達も、同じように苦しんでいる子が居るんだよなあ。
人間の場合は、親からの虐待はひた隠しに隠して我慢することで、愛情を受け入れる恐怖を持つようですね。
親への愛情と痛みが対になっているそうです。
猫は違います。親子や兄弟・飼い主は関係なく、ただ身を守る死活問題がストレスなんです。
どんなに虐められ、閉じ込められても「私を殺さないで!」と言えないから。
そこが余計に可哀想でなりません。
やはり1年以上かかりますね。
2010/09/24(金) 16:11:04 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
るんばさん
ソラちゃん抱っこの夢を見ますよ。
るんばさんちの2匹は、へその緒が取れる前から人工保育。
どこまでも人間を信頼していますから、大丈夫。
精一杯甘やかしてくださいね。
もうなわばりや環境よりも、飼い主の生活圏で生きることを知っています。
なにせ、旅行に連れて行ける猫なんて、じつは非常に珍しいんですよ。
2010/09/24(金) 16:17:48 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ご無沙汰しています
ソラちゃんを見て我が家にいるユリ母さんと同じだな~って思いました。
リビングの中を自由にしていますが未だにさわらせてはくれません。うっかり手を出すと流血騒ぎになってしまいます (笑)
子猫達はミルクで育ったので私を母親のように思っているらしく鳴きながら甘えてきます。獣医さんは「目が開く前から人間に育てられると猫になれなくて人間になってしまうんですよ」と言って笑ってました。
我が家にはそんな猫?がたくさんいるのでとっても手がかかります (笑)
ソラちゃんもユリもいずれこの人は大丈夫と思ってくれる日が来ると思いますが
それまで辛抱強く待っているしかないでしょう (^^
2010/09/29(水) 16:56:28 | URL | nonnon #XfZ0ydI.[ 編集]
nonnonさん
ユリちゃん。nonnonさんちにも触れない子が居るんですね。
「ねこの会」会員さんの先輩には、10年も抱っこできない子も居ると聞いています。

うちは「ちびこ」が最悪の怯え状態から快復して
いまは一番の甘えん坊なので、遊んであげていればいつかは慣れる、
という気持ちで可愛がっています。
人工哺乳して育てた良い子は皆んな譲渡しますから、
うちに飼い猫として残っているのはノラ生活で心の傷ついた子ばかりなんです。
共にがんばりましょう。
2010/09/29(水) 17:24:11 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。