みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「犬と猫と人間と」上映会&「小西修」トークライブ・終了しました。
トーク映画
わが「いるまねこの会」と「入間市」「市の衛生自治会」が共催した「小西修」君のスライドトークショーと、映画「犬と猫と人間と」の上映会。本日、大成功のもと終了しました。皆さんお疲れ様でした。
 小西君の写真展は、4日から今日まで丸1週間、同会場で行なわれていたから、たくさんの人に観てもらえたと思う。
 ここ藤沢公民館は、図書館、会議室、ホールなどを併設した立派な施設である。
 1時から、まず入間市長の挨拶があった。
 「これからも、ねこの会に全面的な支援を約束する」という、ありがたいお話。今回、無料公開に踏み切れたのも入間市と衛生自治会のおかげである。
 次に小西君のスライドを使ったトークショー。
 ノラ猫に対する人間の残虐さの是非を問わず、説教がましくも無く、ノラ猫の現状を切々と訴えるだけの、まっすぐ心に入ってくる良い話だった。その悲惨さと人間の罪は、同時開催されていた彼の写真展で、思い知らされたことだから。
 最後に、2時間に及ぶ「犬と猫と人間と」の上映。涙あり、笑いありで、しかしそのテーマは、人間としての良心と慈愛の資質を問う、重たくのしかかる内容だ。
 僕が印象に残ったのは、何度観てもやっぱり・・・6匹の子犬を両親に隠れて育て、譲渡会に連れてきて、里親が決まったと言っては号泣する、幼い少女達の映像だった。

 そして何よりもこの日、会場にはたくさんの子供達が参加してくれて、じっと息をこらして見つめていてくれたことである。この子達は絶対に動物を捨てたり、虐めたりはしないだろう・・・と。
スポンサーサイト

テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
まずはお疲れさまでした。盛況だったとのことで本当に良かったです。
小西さんのトークショーも参加したかったです!
外の子達と関わって、まだまだたいした年月じゃないですけれど
なんとなくわかってきたのは誰かを責めても解決しないってことでしょうか。
小西さんのお話はたくさんの人のココロの琴線に触れたことでしょう。
2010/09/12(日) 16:25:01 | URL | しろりん #HuTodn/6[ 編集]
しろりんさん
200名のキャパシティーでほぼ埋まりましたから、僕らとしてはほっとしました。
がらがらだったらどうしようと、夢にまで見ましたよ(笑)

小西君はやはり本物でしたね。
いままでは電話や写真展で、さらりとしたお話しかしていませんでしたが、
彼のノラ猫問題を語る、真摯でいやみの無い姿勢は、
傲慢になりがちな、有名な猫ボラさんとは一線を画していました。

映画は3度見ましたが、いつも、
子犬を抱いて泣いている少女達の場面では一緒に泣いてしまいます。
2010/09/12(日) 16:35:56 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
上映ありがとうございました
みゆき様

初めまして。11日の映画会に参加させていただきました。ずっと見たい映画だったので、こうして近くで上映して頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。

小西さんの写真展では、毒殺されてしまったボス猫くんのことが頭から離れなくなりました。また、笑いながら飼い犬に猫を追わせている写真にもショックを受けました。動物好きなのに、他の動物への思いやりはないのでしょうか・・・。

映画では、私も同じく号泣する子供たちにもらい泣きしてしまいました。このピュアな心のまま、大きくなって欲しいですね。
虐待する大人も、きっと子供の頃は優しい気持ちをもっていたはず。どこをどう間違えてしまうのでしょうか。
2010/09/13(月) 09:31:13 | URL | yuri #U7FGdIN6[ 編集]
お疲れ様です。
なかなか、最近、イーストコートで同じ日になりませんね。
次の土曜日、18日は、エルビスやります。
イーストコートでの次の出演はいつですか?
2010/09/13(月) 12:36:27 | URL | 幻のルパン #-[ 編集]
yuriさん
ご来演ありがとうございました。
やはりあの少女達は心に残りますね。
彼女達は、絶対に動物虐待はしません。

虐待する大人は、小さい頃から動物を愛する気持ちを持っていないのですよ。
親の教育の問題です。これは科学的に証明されています。

物の様に扱い、むしゃくしゃすれば蹴飛ばしても良いのだ!という幼少時代を引きづるのです。
そして自分の気に入ったオモチャとしての、純血種や可愛い流行の動物を、
ショップで買い与えられ、同じ命だ、ということを理解しません。

子供の頃の、命への慈愛がすべてです。途中で変わることは無いんですよ。
ペットという言葉は遊びの延長です。でも、僕らは生きている命に対して真剣ですよね。

会場にはたくさんの子供達が来てくれました。
それが僕らの、何よりの救いです。
2010/09/13(月) 17:42:16 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
幻のルパン さん
ルパンさんは18日ですか。
遊びに行こうかな。
僕らは9月は4日にやりましたので、次は10月2日ですよ。
自分は出なくても、なるべく見に行くようにしています。
ぜひまた一緒にやりましょう。
2010/09/13(月) 17:47:04 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。