みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブハウス・イーストコート・8月21日
 「みゆき楽団」ひさびさにライブハウスへ・・・。東飯能の「イーストコート」僕が体調不良で休憩していたので、先月の「大森の池祭り」以来の再開であった。そのときは二人、今回も3人しかそろわない。皆んな忙しく、体調も疲れ気味で、集まれるやつらだけの自由な楽団である。それでもちゃんと、会場を盛り上げてきましたよ。
mband.jpg
 今回はギターのたるさんが疲れて不在。替わりに、このハウスのマスターであるイクさん(カウンターのマドンナさっちゃんと結婚、おめでとう!)にエレキギターで入ってもらった。お祝いに僕の唯一のラブソング、OH!スザンナを歌ったよ。で、最後は「曲者」のギタリストも参加したが、だれと演ってもそのつど違う曲になって、インプロビゼーションを感じられるから良いのだ。
 カウンターからさっちゃんに撮ってもらった1枚。ちょっとピンボケでカッコイイだろ?
hiro.jpgodaka.jpgkusemon.jpg
 ←左:「ヒロウエキ」君。朴訥な歌いっぷりとは対照的な、伏し目で世間を射るような面構えをしていやがる。これは旅人の目だ。僕も永いこと、ヒッチハイクや徒歩でバックパックの旅をしてきたから、匂いでわかるのだ。
「インドにでも行っていたのか?」と思ったら、アメリカを横断したという。そのオリジナル曲も、旅人のスピリットに裏打ちされた、ストレートなメッセージだ。
 ↑中:僕にはおなじみ、米屋の「三代目バンド」キャロル、歌謡曲のロックアレンジ、ベンチャーズ。要するにおじさんバンドの「テケテケ系」だね。楽譜を配ってそれに目を凝らし、いろんな音を楽しんでいるおじさん達だ。
 譜面は見ない(見ていられない)記憶したメッセージ表現だけの僕らとは、対極的です。
 →右:「曲者」まさにクセモノだ。アメリカンブルースの匂いプンプン。渋い声のてだれ者。ギターはコードプレイがしゃれていて、ボトルネックも引き出しが多く、いろんな匂いを弾き分けやがる。「おたずねもの」のほうが良いかもしれないね。
 このあたりの時代の音が大好きな僕には、かなりヤバイ!
 今回は各バンドのスケジュールに余裕があって、9時過ぎには終了した。僕らも勝手にアンコール曲を一つ演って、その後は10時までイクさんを交えたセッションタイムだった。ギター大好きな男達の夜は、うるさく更けて行ったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
御世話様でした
最後まで 残れず申し訳ございません
どうも我々は朝が早いもので・・・ (^^;

2010/08/23(月) 17:47:07 | URL | 三代目 #-[ 編集]
三代目さん
いえいえ、最後は盛り上がって大セッションでしたよ。
日曜日休むために土曜日にやっているから、商売人には辛いよね。
ちなみにたけちゃんの店は日曜定休ですから、最後まで遊んで行ったよ。
2010/08/24(火) 00:02:54 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。