みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が水槽の「アカヒレ」たち
aka2.jpgaka1.jpg 写真には8?9匹くらい写っている。これらは僕の45cm水槽の「アカヒレ」(別名コッピー)たちです。
 泳ぎ回っていて上手く数えられないんだけど、おそらく全部で14匹・・・?
 僕はメダカより熱帯魚より、この魚が好きだ。
 大人しく争わず、他種類の魚も受け入れる。
 以前は淡水熱帯魚の「スマトラ」や、川で釣った「ヤマベ・ハヤ」などを飼っていたが、この小さな天使のような赤いヒレの子たちを飼って、もう5年ほどになる。2・3年で天寿をまっとうし、いま居るのは最初の10匹の2世たちである。夏の、ヒーターなしでも30度ほどにもなる水温の中で元気に生きている。
 ほかに底砂お掃除係りの「ヤマトヌマエビ」君が、いま3匹居る。前は5匹居たはずなのだが、脱皮した殻をあちこちに残して成長し、寿命で死んでしまったのかもしれない。
 もう7年くらい生きているからね。なぜか小さな子供のエビが居て、ひょっとしたら「アカヒレ」と同じく、全部「世代交代」しているのかもしれない。
 (汽水域でないとエビは増えない、と言われているが、僕は病気予防のために1%ほどの岩塩を入れているのだ)
 この水槽の照明を付けてボーっと見ていると、水底に沈んでいるような気がして心が安らぐ。
 猫ほどのコミュニケーションを感じさせないのが良い。なにか孤高なる命と向き合い、セラピーを受けているような気持ちになるのです。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。