みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生き物の息吹(2)小さな水槽の稚魚たち

「生き物の息吹」←
という日記をクリスマスの夜に書いた。最後の1匹の「スマトラのしま」が、平均寿命を超えて5年近く生きた・・・という内容。この「しま」が年末に死んでしまった。水草と石のあいだに、静かに横たわって動かなかった。いつものようにキッチンタオルに丁寧に包み、冥福を祈って葬ったが・・・ 
小さな水槽あかひれ沼エビ
 不思議なことに、この頃からオスメス2匹づつ、4匹居た「あかひれ」の赤ちゃんが孵化し始めたのだ。
 僕は、卵を見つけられる程の「水槽のベテラン」では無い。水面近くをチュンチュン泳いでいる、餌より小さい稚魚を見つけては、網ですくって、↑写真に写っている「稚魚隔離箱」に入れている。
 毎日見つけてはすくい、もう十数匹の稚魚が、箱の中を一生懸命泳いでいる。小さくて透き通っていて、僕のデジカメでは撮影不可能だ。やがて真ん中の写真のような、ヒレの赤い綺麗な「あかひれ」に育つだろう。

 すぐに(成魚用より高い)赤ちゃん用のエサを買いに行き、与えた。それをビニール袋のまま置いておいたら・・・猫の嗅覚を刺激、半分以上を食べられてしまった(涙)。。。

 ↑右の写真は「そこ砂の掃除」をしてくれる「ヤマト沼エビ君」。つがいを2匹買って来たのだが、知らないうちに今は5匹に増えて、ときどき脱皮しながら大きくなっている。どうやらこのエビたちが「あかひれの卵」を食べているみたいだ。
 水槽の生態系を無視して単体で孵化させれば、一度に何十匹もの稚魚が増えるという。(近藤マッチ君は、発泡スチロールの中で何百匹ものメダカを飼っているというからね)
 でも僕は、このような自然な水槽が好きだ。忌み嫌われる「スネールという貝」もゴキブリさんの様に湧いてきて、アオコや卵を食べて生きている。
 「生き物の息吹」は自然の営みの中にある。食べたり食べられたり、精一杯生きて天寿をまっとうしたり。・・・しかし、
 いずれにしても人間の利害が介入する。原初の自然など、もう無いのだろう。

 現状の日本の猫なら、ノラとして生き延びたり、のたれ死んだり。ペットショップで売られ、家族のように大切にされたり、殺処分センターに捨てられたり。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
「しま」ちゃん(いかにもスマトラらしいお名前!)長生きだったのですね。
ちびっこ達が、今繁殖を始めたという事は、しまちゃん、水槽のボスだったのかな?
とにかく水槽内の状態が良いので、生命の誕生もあり、安定水槽の状態にちかいのでしょう。
沼エビは子供のころ良く近所のため池で取りましたし、去年お終いにした水槽にもいました。脱皮したり、お腹の卵に酸素を循環させるため短い足で水を送っていたり、みていて可愛いですよね。
赤ひれはコッピーとか言う名前で、良くスーパーなどに稚魚が蓋をした壜でゴロンと売られており、あれをみるのが結構辛いです。
みゆきさんの水槽の子は幸せです。
2010/01/15(金) 19:53:09 | URL | みゃー大工 #-[ 編集]
みゃー大工さん
こういった日記はコメントが少ないんだけど、みゃー大工さんは水槽経験もあるし「命の息吹」には想いがあるんだね。。。
弱い猫を看病し、看取りながら、ご自身の病いとも闘っているからですね。

しまちゃんは、最後は目がよく見えてなかったようで、前に落ちてくる餌しか食べませんでした。前は水面へ一直線に泳いで食べに行ったんです。
新しい命、コッピー(あかひれ)の誕生を見届けて、天国へ行ったんだと思います。

僕も売られている動物を見るのは嫌い。犬猫の生体販売をしているところには近づかず、餌もな~んにも買ってやりません。
魚やエビたちも、アクアショップの安くていっぱいいる水槽から買ったり、増やしている友達から貰って来て世話をし、買い足しはしません。いつも適度に増えつつ、天寿をまっとうして死んでいきます。
スマトラも増えるらしいのですが、水温管理もいい加減な、エビや貝のいる水槽では技術的に難しかったです。
もう熱帯魚は飼わず、あかひれやメダカを愛でようと思ってます。
2010/01/15(金) 20:29:18 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。