みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なま猫展示譲渡会・後日談「父猫・母猫のTNR」
宮岡父母1 「前回の記事の後日談です。」
 クリーニング店の「屋根裏」で産まれた「3匹の子猫」
※店頭で展示譲渡会をした、結論は「即日完売」だった。

 ←これはそのパパとママである。奥でにらんでいる「白黒」の母猫は離乳後に捕獲し、うちで乳腺の腫れが引くまで、1週間預かっていた。手前の「茶トラ」が父親(彼だけではない?)であろう。すぐ近くの敷地内の茂みで捕獲した。

放っておけば、数ヵ月後にはまた子猫を産むのだから「TNR」は不可欠なのだ。
 手術が終わって、2匹を一緒にしたら、まさに「めおと」のご対面。ピッタリくっついて仲良くしている。ケージから出してあげ、部屋に放して、術後の投薬をしつつ3日間。今日の夕方、小雨の中をくだんのクリーニング店の裏庭へリリースした。
 猫族の未来のためだ。もう子猫を産まず、餌やりさんに可愛がってもらって、幸せなノラ猫生を全うしておくれ。
「さようなら・・・」。短い付き合いだったけど、僕は君達を忘れないだろう。
 子猫の話に戻ろう・・・。最初の「三毛トラ」が、すぐに店主の妹宅に貰われていった。それから店主の姪っ子の学校友達が、残った2匹の「きじトラ」を見て、1匹欲しい!と言った。
 「ご両親が了解しないとあげられないよ!」と言って帰したら、その夕方、本当にお母さんを連れて貰いにきたのだ。子猫育ての経験もあるという良い家族で、みんなで可愛がるからと、大事そうに抱えて動物病院へ診察に行き、そのまま連れて帰った。
 そして最後の「きじトラ」は・・・すでに2匹の猫を飼っているこの店の店主が引き取ると言う。1匹残った不憫さからか、もちろん「奥さんの猫好き」のせいにして、本当は自分が手放せなくなったのだ。こないだまで、もう猫を増やすな!と言って怒っていた親父である。猫の魔力?

  じつはこうした嬉しいことが、あちこちで同時進行している。一時期は18匹の離乳期の子猫を抱え、悩みの絶えない「ねこの会」であった。ところが・・・
 希望者を募り「猫見学ツアー」を決行したり、会員宅や預かりさん宅で一気に5匹が譲渡決定したり。
 「やっぱり手放せない(涙)うちで飼う!」と、募集をキャンセルする保護者さんが出たりして・・・

 ありえないことに、里親希望者さんが待機しているのに”子猫が足りなく”なってしまったのだ。

 ・・・おまけに”みゆきさんのところで子猫を貰える”という、全く間違った噂が流れ、今日は僕の家に「子猫を見せて?」という女の子が二人で尋ねて来た。もちろんご両親に電話をして、将来の里親候補でお願いします、ということになった・・・。

 今は、猫ブームなのだろうか?それとも離乳期の一番可愛い時期に「現物?」を見せてしまった、五感に訴える母性本能的なフェロモン効果なのだろうか。
 ベテラン会員一同が集結して、希望者の人柄を見極め、譲渡誓約をした。そしてこれからも、アドバイスを続け、幸せを祈っていくことは言うまでもない。
ちび帰還 「脱走したちびこの後日談」
 先日脱走した「ちびこ」←(顛末記)です。どうもお騒がせしました。
 もともとノラ生活が3ヶ月、その間の「被虐待トラウマ」で、すっかり人間恐怖でうちへ来て、里親募集も出来ずにわが家族「末娘」となった猫だ。僕のノラ猫保護のドサクサの不注意で脱走!見つけるまでに、2週間の「ノラ猫旅」を再び経験させてしまった。
 テレパシーで呼ばれたとしか思えない、不思議な偶然で連れ戻した、今はご覧のとおり。なぜか脱走前に増して、甘えん坊の可愛い猫になった。

 「やっぱりおうちが一番にゃ!」外で迷い、痩せて汚れて、そう思ったのに違いない。
スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
TNRがすすむと需要と供給のバランスがだんだんとれてくるみたいですね。
今年は出産のピークがだいぶ遅れている気がします。
こちらでは現在2~3か月の子猫が少なくて、1か月以下の乳飲み子を保護した情報ばかり入ってきます。
2009/05/29(金) 08:35:40 | URL | ちゃま坊 #vp8meGQs[ 編集]
ちゃま坊さま
ちゃま坊さんのサイトは、いつも心強い参考となり励まされています。僕が絵を描きTNRを進める原動力として影響を受けています。真面目に書きながらもほろりと来るところもたまらない。

どうも今年は変ですね。思い切って猫を連れ出すせいもあるけど、希望者も多いですし、子猫もすごく多いんです。やはり出産ピークが遅れているんですね。
もう産みそう!という子がトラップに入らず諦めかけているのも含めて、まだまだ続くみたいです。
頼もしき先達と仰いで、これからもよろしくお願いします。
2009/05/29(金) 09:41:45 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ママ猫パパ猫のTNRありがとうございました!
子猫たちもみなステキな家族ができて本当によかったですね。
猫の会の方もちょっとヒト息でしょうか。
こちらでは子猫の姿を見ることは殆どないのですが
少し視線の範囲を広げれば、ああそんなことはないんだな…と
ダメ出しをされるのでしょうね。
不幸な運命を背負う子を1匹でも少なく、あたたかい家族に迎えられる子が1匹でも多くあるよう
わたしも地道にこつこつ頑張ります。
先日はお話できて嬉しかったです。
歌っている声しか聞いたことなかったですけど、
なんだか初めて話すようじゃあなかったです(笑)
2009/05/29(金) 13:10:58 | URL | しろりん #HuTodn/6[ 編集]
しろりんさん
しろりんさんも鈴の音のような優しい声で、聞いていて癒されつつも嬉しかったけど、猫のことはあまり楽しい話題にはなりませんね。心配と悩みと反省と、幸せを祈る心はいつもぎりぎりですから。
僕は「ごはんだにゃん」にどれほど励まされたか解りません。

ノリだけ(完成度ゼロ)のライブの歌を理解してくださって光栄です。、さすがはライブハウスの通ですな。

もう一歩で今の子たちは全部譲渡出来そう、それで一息です。あとはアドバイスと、全ての子猫の幸せを祈る毎日です。
猫の会を立ち上げ、宣伝活動をすると「子猫産まれた情報」はたくさん入ります。僕は会長でもないのに、ブログも窓口電話も全部管理しているから、こんなんなっちゃうんですよ。
会員相互の連携がなければ出来ることではありませんね、感謝しています。
2009/05/29(金) 15:58:26 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ちびこへ
よかったね、おうちに帰れて。でも、お兄ちゃんの車がどうしてわかったの?奇跡だね。

うちの座敷童子猫たちは蚤のように跳ね、カーテンをよじ登り、ばばを喜ばして(?)くれてます。
目の中にいれたら、ちょっといたそうだけどかわいいです。

では、二度と脱走したらだめニャン。
2009/05/29(金) 23:39:55 | URL | 七福猫のばば #-[ 編集]
七福猫のばば様
七福猫もやがて大きくなり、猫の恩返しをしてくれる?なんてことは無くて、ますます元気にヤンチャをして、ばばを喜ばせ続けることでしょうねー。目の中に入れたら引っ掻かれますよー。
みんな元気なら何よりです。
今日で他の子たちも全部「完売?」しました。
ほんの数時間の預かりと車の移動でも情は移り、渡し終えて「さよなら」を言うときは寂しいものです。保護してくれた引き取り先の、飼ってあげられないお母さんも、お嬢ちゃんも泣きますからね。でも頑張りましたよ!
ちびことの出会いは最初から奇跡です。自分で言うと恥ずかしいのでテレパシーみたい、と書きましたが、来たときからもう僕の家族になると決めていて、人間に懐かない上に騒動を起こして、色んなことを教えてくれました。
どうも僕は、猫が望むとおりに動いています。いつも猫に呼ばれ、操られ、仕わされる身なのです。
だからばばさんのお気持ち、痛いほど解りますよ。
2009/05/30(土) 00:32:05 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。