みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノラ猫とは・・・「人間が捨てた家猫」「ホームレス猫」のこと
 この楽団ブログには、楽しいバンド・ライブのことと、我が家族の猫たちのことしか書かないつもりでいたのだったが・・・。このあいだ、映画「犬と猫と人間と」の試写会を観てから、切なさと共にいろいろな思い(主に怒り)がこみ上げ、心につのってしまったようだ。
白黒はちhatit長毛病院ノラ2
 またノラ猫出産ラッシュの季節がやってくる。冬から春へのこの時期に、メスのお腹に子猫が入る前に、捕獲し、手術し、健康状態をチェックしてもと居た場所に放す。・・・「TNR」というやつだ。・・・あるいは人馴れしていれば、里親募集が出来るかも知れない。
 いずれにしても「いるまねこの会」のみんなは、今が勝負だ!といって走り回る。
 先日のNHK「ETV特集」で放送された「ひとりと1匹たち(多摩川の猫たち)」の現状そのまま。大きな河川の橋脚下には人間の「ホームレス」が住み付き、そのそばには必ず「ホームレス猫」が居るという訳だ。

 可哀想だからと、缶詰やカリカリを隠し持って散歩に出かけ、ノラ猫たちをコロコロと太らせる人はいても、春には確実に子猫が増える!道端に食器を置き放したり、猫を捨てるな!という看板を立てれば、まさにそこが「猫の捨て場」になるだろう・・・このことに危機感を感じる人は少ないのだ。
 産まれた子猫はカラスに食べられたり、人間が触ったために母猫が子育てを放棄したり、ふいにやってくる寒波の夜に凍死したりするのだが・・・。その子猫たちの死体を目撃しないから、それは可哀想だとは思わないらしい。
 生き延びて餌をもらいながら育ったノラ猫も、半年も経てば、またその子たちが出産し、僕らが言う「猫算式」に増えて手が付けられなくなる。

 「それも自然の摂理じゃないか?」と言う人もいるが、ノラ猫の問題が「自然事」だなんて思うのは大変な勘違いなのだ。
 ここに写っている、僕が撮ったノラたちを見てください。
 みんな立派な良い猫である。家の無い「ホームレス猫」とは、人間の飼い主が捨てた家猫であって、決して「野生・自然のもの」では無いのです。
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
同感です!
“自然の摂理”
昨今の自然は もはや自然ではない部分が多く存在します
人間の都合で歪んだ世界を“自然”とは呼べません
まだ人間は気が付かないのでしょうか?
自然に対し出来ることをし また手を出さないことも重要だと思います
我々人間は「自然に生かされている」ことを忘れているのでしょうね
2009/03/21(土) 10:18:15 | URL | 三代目 #-[ 編集]
三代目さん
河川工事というのは良い仕事なんでしょう。土建屋さんも加治丘陵の北側全部コンクリートで固める勢いですな。
飯能は特に自然破壊(公園整備という名目)が進んでいるよ。
それでも猫はそこに捨てられ、そこで生きていくしかないんです。
何もしないということの自然保護と、里山整備などの人の手を必要とするものの区別がつかなってるね。お金が動くからでしょう。
2009/03/21(土) 11:30:13 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
桜は咲いたが・・・・
まったく。
必要もない公共工事で、どれほどの美しい河川が破壊されてきたか!
よほど実入りが良いのでしょう、三面張りによって日本中の川が水路に変貌してしまいました。
「公園整備」にも首をひねりますよねぇ。
豊かな自然相を剥ぎ取って芝生植えて、ツツジまで植えちゃったりして・・・・・(T_T)

オバマさんのグリーン・ニューディールを見習って、日本も自然を破壊しない公共事業、
雇用の創出に舵を切ってもらいたいものです。
まだ遅くはないことを祈ります。

政治の貧困は国民意識の貧困だ。
桜の花を見ても、貧困な私の心は晴れないぞー。
2009/03/21(土) 16:09:56 | URL | SUGA #9C6AS6kk[ 編集]
SUGAさん
三重でしたかね、そちらのほうもそうなんだね。市によって違うけど土建屋さんというのは政治に深く結びついていて、不要な護岸や砂防ダム工事で儲けているんじゃないか?
決め付けは出来ないけど、入間市なんかは意外と自然のままのところが多く、となりの市との境で急に変わるんだから疑いたくもなるでしょう。
欧米では治水や護岸にも、自然石や生き物が住めるナチュラルな施工法が完成しているのに、日本政府と人民は三面護岸のコンクリートが好きな貧困発想だね。やっぱりナチュラルは儲からないんだろうか。
2009/03/21(土) 22:25:34 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
同感! 同感
朦朧ながらも多摩川猫見る事ができました。自然の摂理 私にとっては難しい問題ですが、みゆきさんのお考えが良く分かりました。同感!  入間川は、今迄、手付かずで素晴らし自然が残っています。しかしどうしていじりたくなるのだろう。何処まで人間が一番なのかな~?  何年も前、宮川歯科の待合室で、奥野富弘著書 「鈴の鳴る道」と出会いました。 車椅子の彼には、ガタガタ道が大変! ある日小さな鈴を貰い車椅子に付けてガタガタ道を通ると チリ~ン チリ~ン その時から、ガタガタ道が大好きになつたそうです。 もちろん私は、何冊も 買い込みまた。彼の体が不自由だから?絵が素だから?ベストセラーになったのは? 私達の心がそこに有るからですよね。 自然としっかり向き合いたいです。そこに住む声無き物のためにも。
2009/04/02(木) 00:23:40 | URL | cafemana #ulujXjxo[ 編集]
cafemanaさん
名前がそのままで「みゆき」のコメントになっていたけど、カフェマナさんですね。
一度消して直しましたから大丈夫ですよ。ありがとう。

あと、「奥野さん」じゃなくて「星野さん」じゃないですか?JAFの雑誌の扉に、口にくわえた筆で素晴らしい絵と文章を描く人?でしょう。僕も尊敬している方です。
障害を持っても強く生きる人、健康でも自殺したり、引篭もる人。環境や体ではなく、自分の心が全てを変えるってコトですよね。僕にも良く解ります。
町はバリアフリーに、山や川は自然のままに。健常者も障害者もありません。人工物は平らかに優しくあるべきですが、自然は厳しいものです。
その厳しい中に、本来は町にあるべき「人間が捨てたペット動物」が居るのです。これを天然・自然なものと勘違いしている人が多いことに怒りを覚えます。
僕らはそれらの罪を認めて、儲け主義を捨てて自制心を持たなければいけない。
そうでないと、もはや文明人とも、先進国ともいえませんね。
2009/04/02(木) 00:52:13 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。