みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
捨て猫とペットの殺処分は減らないのか・映画「犬と猫と人間と」
 ↓以下は「いるまねこの会」の会報、”にゃんこAid通信”に寄せた僕のコラムです。
 >※「平成18年度・全国の最新データ」=行政による”殺処分数”は、猫が23万5千129匹。犬が11万7千969頭です。合計=35万3千98匹
(追記:せめて、上のネット署名に協力を・・・)
 ※「平成19年度・埼玉県の最新データ」=センターに持ち込まれ、殺処分された猫は4千320匹。犬は3千119頭。合計=7千439匹。(犬は若干減り、猫は増えています。)
 ・センターの「殺処分引取り料金」は、千葉の400円?最高で東京都の3,000円。埼玉は2,000円、これがペットの「命の値段」です。
 ・譲渡され、生き残った猫はわずか4%。96%は二酸化炭素の処分室で、決して”安楽死”とは言えない”窒息死”の苦しみの中で死んでいきます。
 ・しかし埼玉県では麻酔薬併用となり、断末魔の苦しみからは解放されたようです。また、実験動物用の払い下げも廃止されました。より良い動物行政へ、皆さんの声が必要です!
 ・「埼玉県動物愛護施行令」では、10年で「殺処分半減」を約束していますが、これは「ボランティア団体」が処分予定の猫の救出、譲渡を進めるという前提であって、捨て猫自体が減るわけではありません。 
 ・手術をして増やさない・捨てないことが何よりも大切です。< (文責:みゆき)
辛いだろうけど、僕はこの映画を見に行こうと思っている。



※終了しました。●完成記念上映会  2009年2月22日(日
 午前の部:開場:10:00 上映:10:30?
 午後の部:開場:13:30 上映:14:00?
 場所: 女性と仕事の未来館
JR田町駅より徒歩3分・地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
TEL:03-5444-4151
 入場料:1300円(高校生以下:1000円)予約不要 当日受付のみ
<問い合せ>映像グループ ローポジション
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
この映画の存在はちょっと前から知ってました。
ですが、見れないです。。。
辛すぎるのです。
どうか少しでも捨て猫/犬が減る事を願ってます。
現実問題、簡単にペットを飼える環境がまずいけないと思ってます。
犬に関しては躾けすらできない人が飼ってるケース多いですし。
2009/02/21(土) 22:30:16 | URL | ちあき #sCtPCMnU[ 編集]
ちあきさん
辛いことを伝えたくて作った映画のようですからね。
動物映像は可愛いけど、人間のやってることが辛いんだよね。
僕はそのことを良く解っているけども、解らない人に伝えたくてリンクしたのです。
誠実なブリーダーさんは飼い主を選び、しっかり教育して下さいね。

ただ宣伝だけして自分は目をそむけるのはズルイと思ったので、会の皆さんも誘って見に行きます。DVDなど売っていたら良いんだけど、ショップでアクセサリーみたいに犬猫を買う人に見せたいです。
2009/02/21(土) 23:10:01 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/26(木) 16:28:13 | | #[ 編集]
鍵コメさん
猫ボラ活動は社会のため、人間の尊厳のために、動物嫌いな人たちにとっての環境問題としてやるんですよ。
だから動物の命に対しては、いつも人間の都合による「偽善」なんです。
悲しんでも、泣いても、命は同じように消えていきます。この映画のように淡々ととらえましょう。

猫の避妊去勢だって、一つの動物種を減らし、産まれ来るべき命を妨害しているわけで、町に住む僕らの方向としては、何が正しいのか解りません。
本当は全ての命に生まれてもらって、可愛がってくれる人間を増やすべきなのでしょうね。
それが出来ない今の日本の、罪滅ぼしです。
2009/02/26(木) 21:10:29 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。