みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕のマンドリン(1)フラット・マンドリン「Aria AM-200E 」改造記
ジャンク・ギター再生と改造記録の、自慢にならないギター自慢カテゴリー
mand1.jpg 「みゆき楽団」の写真で、いつもど真ん中で僕が弾いている「エレクトリック・マンドリン」がこれだ !!!・・・と言ってもGibsonの名器なんかじゃなくて、安価な入門用「ARIA-PRO2」(アリア・プロ・ツー)メイドイン中国の”さんきゅっぱ”くらいです。14?5年前?に楽器店で触ってしまい、練習してみたくて買って来たのだ。
 それまでは「フェンダー・テレキャスター」を掻きむしっていたので、最初は本気じゃなかった。ところが・・・コードを探り、トレモロに気合が入ってきて、勢いでチョーキングまでする頃には、僕は完全に「ロック・マンドリニスト」?となってしまったのだった。
 当時のバンドには、気合十分のエレキ・ギターが3人も!居たしな。
 元はエレキ用のシングルコイル・ピックアップが外付けされていて、1ボリューム・1トーンの””キャンキャン””としたエレキ・ギターの高音的な、ハーモニクスの無いチープな音だった。
みゆきひのこmand3.jpg交換テール

 まずはピックアップを「FISHMAN(フィッシュマン)」のブリッジ感知式にブリッジごと取替えた。
 (ピエゾ+コンデンサマイク・ブレンド式の高いのを買っておきながら、ライブ中のブレンドが面倒臭くてコンデンサマイクをはずして捨てた・・・バカです。)

 そのPUに付いていた{FISH MAN}のステッカーを加工し、ヘッド・ロゴの上に貼って「FISH」と言う架空のメーカーに偽造する。僕の「素人工房」の名前が「RIVER-FISH」というんだよ。

 シングル・コイルPUを外した穴を塞ぐために、鼈甲(べっこう)柄のピック・ガードを自作した。

 オモチャみたいだった「糸巻きペグ」を信頼の置ける「GOTHO」の製品に交換した。

 安物のトーン・ポットとノブをはずして捨てて、「オールパーツ」の250KΩポットの1ボリュームに改造した。残ったトーンの穴には、大好きな「グレートフル・デッド」のスカル・ステッカーを貼る。

 磨り減ったへロへロのフレット・ワイヤーを”慎重に”外し、全部「ギター用の厚手ワイヤー」に打換えた。

 テール・エンドのメタルも、ヘビーなものに変えた。これは「SUZUKI」のホール・マンドリン用タイプだ。90度でサイドに付けるから、ブリッジの前に1回、弦のテンションが掛かり、チューニングが安定するはずだ。鳴りにも良い影響が出たような気がする。
mand2.jpg ・・・と言うわけで、ほとんど木部を残して別の楽器になってしまった。
 ボディーも合板だし、ネックは一応「ローズ指盤」だが、毎回弦のテンションを下げないと反りが出そうな危うい感じである。
 ここまでやると「もっと良いマンドリン」が買えるじゃないか?何故こんなことにお金を掛けるのか?とも思う。・・・それは、毎日弾き続けた13年間の「エイジング」というものが(安物ではあっても)楽器の箱の鳴りを、明るく強くするからだ。
 ※ [楽器のエイジング(age-ing)]:経年変化と弦の振動による木材や塗装の乾燥・熟成です。
 だから捨てられない、木の命を感じて、楽器に情が移るのだ。

 このことは、この記事を面白く思い読んでくれる「楽器溺愛症候群」の人なら必ず解ってくれる。
 ↑その上に、ちゃんとぴったりサイズで手作り、本皮に刻印ロゴ入りのストラップが運命的?に現れたりする。ギター・コレクターで楽器溺愛症候群のソロ・シンガー「うえたけ君」が、マンドリン用に良いだろうと持ってきてくれたのだ。
 使われることも無く家にあった、と言うのだが・・・僕には「このマンドリンに出会うために、ずーっと待っていたんだねー!」・・・としか思えません。全ての楽器には、それぞれの物語がある。
※[夜の追記]:
サンフリー2.8 改造終了のマンドリンを抱えて、今日は16時からの「テヒリームの歌声ティー・パーティー」。YAMAHAの「ステージ・パス500W」を持ち込んで大合唱!
 19時からの「サンフリー・ライブ」(←写真。ベースのJiro君も乱入!)で弾きまくった。
 「さるお」と「ゆういち・ソロ」にもマンドリンで乱入!・・・20曲を超えたんじゃないか?
 指先が・・・痛いです(喜)。

 「テヒリーム」には「川筋ネット」のWadaさんYamaさんをはじめ会員さんたち。 
 お店のファンや、僕のファン(違うか?)。「みゆき楽団」が4人。
 お店の愛犬「チャッピー」に会いに来て僕に捕まった「猫の会」のMotoyamaさん。
 指笛奏者のHosodaさん(猫たちに猫草、僕に自家製の燻製を頂いた)。
 主催のギタリストHiranoさん。ケーキやコーヒーを用意してくれたスタッフの皆さん。
 後ろのほうで、ゆったりとノリつつ良い声で歌ってくれた皆さん。
 素晴らしい声でリードしてくれたおばさま達と、武蔵野音大の女子大生(麗)。
 みんなどうもありがとう。是非、またやりましょうね。
 客席と一緒に合唱し、自分達のオリジナル曲を聞いて貰うこと。
 ・・・あんまり楽しくて写真をお願いするのを忘れました。
スポンサーサイト

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
僕にとってのマンドリンの音は既にこのariaが刷り込まれております。最近までFISHというメーカーがあるものだと最近まで思っておりました。まさかオリジナルロゴだったとは思ってもみませんでした。
生音でもカラッと明るい音で、まさかオール合板だとは・・・以外です。やはり酷使している楽器は成長するんですね~。きっと同じく生まれた兄弟達とは似ても似つかない(音も見た目も)物になってしまっていることでしょうね。
それにしてもエレキ用のPUが付いていたとは・・J-160Eみたいですね。それじゃあ今のナチュラルなピエゾサウンドは全く望むべくもないというやつですね~。
僕もすごく刺激になりますよ!自分色に染めた楽器は可愛さひとしおですよね~!!
2009/02/08(日) 16:36:35 | URL | ありんこゆういち #-[ 編集]
ありんこゆういち君
わはは、参ったか、FISHなんてメーカーはないぞ。僕の偽装に引っ掛かるとは・・・素直な青年であるねえ。
今夜のサンフリー・ライブでの「ゆういち・ソロ」はすごい音圧の鬼気迫る叫びだった。あれを「まゆ」に聴かせてやりなさい。

そう、楽器は酷使が大切!バイオリンなんかは弓使いの下手なヤツが酷使すると、楽器もそれに合わせて鳴らなくなる、って説があるが。僕は下手だけどな?ピッキングする弦楽器はそうじゃないみたいだ。このFISH?のマンドリンは鳴るよねー。
今日聞いてもらったとおり、アンプにプラグ・インでちゃんとマンドリンの音がする。最初はエレキギターの12フレットにカポを付けたみたいな音だったのだ。

ゆういちもギター・パーツが机に散らかって、箱いっぱいに道具や配線機器が溢れて、家族に呆れられる日が近いねー(楽)。
2009/02/08(日) 23:51:05 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆきさんのマンドリンにも愛の手が入っていたのですね~。
マンドリンの弦が8本もあるとは今日の今日まで知りませんでした。
FISHのロゴにグレートフルデッド。
ここまでみゆき色に染められた楽器。お値段なんてまったく関係ないデスネ。
2009/02/09(月) 16:18:01 | URL | 順梟 #-[ 編集]
あのストラップはギター用だと思い込んで買ったものです。付けてみて短いのは私が太ってるせいだと長いこと思ってました。
うちにあったときは寂しげだった狼がみゆきさんの背中で息を吹き返したように見えます。使っていただいてありがとうございます。
2009/02/09(月) 16:29:29 | URL | うえたけ #-[ 編集]
昨日はおつかれ様でした。
「おおスザンヌ」のみゆきさんの詞がとても素晴らしいだけに、ボロボロな演奏をしてしまい悔しいし申し訳ないです。ヒトシさんのすぐ横で弾いてたので2曲目以降はいいノリ出せたと思いますよ。
みゆき楽団にはリッケンバッカーよりもヘフナーの方があってましたね。
それから、今回もありんこ聴けませんでしたが、逆にゆういち君のソロを目の当たりに出来た事も収穫でした。
2009/02/09(月) 18:02:19 | URL | Jiro #-[ 編集]
順梟さん
お恥ずかしい。「素人偽装リペアマン」ならではのプライスレスな楽器でしょう?
デッドあたりを書き込んでくれるとは、さすが順梟さん。マニアックですねー。日本じゃマイノリティー(僕にとってはジャム・バンドの師匠)です。

マンドリンはバイオリンと同じ調律×2本ずつ8本ですよ。こないだ名器「GIBSON」を持ってる友達のを弾かせてもらったけど、僕の「偽FISH」のほうが明るい音質なのでした。値段は1桁高いはずなのにね。
1億円のストラディバリと1千万のバイオリンの違いは、ホールで最後列の人にも感動を与えることだ、と言いますから、そのあたりの違いかもしれない。僕らはアンプ増幅派だから安くても良いのですー。
2009/02/09(月) 22:29:46 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
うえたけ君
ハイ本当にありがとう。「ロック・マンドリンwithウルブス」と呼んでください(笑々)。最近はストラップのせいで、トレモロやチョーキングで弦を切るというハードプレイに走ってますよ。

あれはまさしく僕のマンドリンのために作られ、うえたけ君にギター用?と勘違いさせたのは「狼」の仕業ですな。刻印も良い仕事してます。きっと使われずに寂しかったんでしょう・・・。木製の楽器と本皮のアートと、元は生きていた命だもんね。良い出会いを経験させて貰いました。
2009/02/09(月) 22:42:34 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
Jiro君
どうもありがとう。ベースが入るとギタリストの気合が違いますぜ。
「おおスザンナ」の始めのAメロはブルースにノってないかな?と思ったけど、そのあとはメロウな良い音で聴こえていたよ。ヒトシ君がジャンベでバス音を叩いているから、ベースはメロディー楽器になって歌っていて良いんです。
詩を褒めてもらってどうも・・・あれは僕ら夫婦のドキュメントだから、貧乏臭いけどね。

リッケンバッカーで良いですよ。へフナーって輪郭が太くてメロディーよりルート音がしっかりしてくるんじゃないのかな??リッケンのセミアコらしいサックリ・ふくよかな音が僕は好きですよ。
ジャムでは全員が前に出るのが基本だから、次はパーカッションの後ろでなく、もっと真ん中の前で弾いてください。

「ありんこ」は11日(祭日)にイースト・コートに出ますよ。でも「ゆういち」のソロも良いでしょ?最近は「男前」な叫びと説得力に腹が据わってきて、聞き応えがあるんです。
2009/02/09(月) 23:21:14 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
リッケンバッカー
リッケンバッカー、いいと思います。クリヤーで芯のある太い音、いいなあ。ヘフナーも面白いけどね。またやりましょう。
2009/02/11(水) 13:37:10 | URL | たる #-[ 編集]
たる
こないだの録音はベースの音良かったよ。逆に、ジャンベが乾いている上に締めちゃったそうでボンゴが鳴ってるみたいだったな。
今日はヒトシ君とありんこ・うえたけ君ライブを聞きに行った。すごく良かった。

14日はたるさん居ないね。3人で頑張るよ。21日はよろしくな。たまには早く集まってリハを経験したいね。
2009/02/12(木) 00:16:53 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
相性
“マンドリン”
ピッタリ来たのでしょうね~
高価だろうが安価だろうが関係ないですね
“相性”の良いものが残りますね
しかも 楽器自体が自分とともに成長してくれます
我々はコレクターじゃないのですから ガンガン使って 自分なりの“良い楽器”に育てましょ!
2009/02/12(木) 17:20:38 | URL | 三代目 #-[ 編集]
三代目さん
そうです。コレクションじゃないよね。弾くために出会い、相性が良くて手元に置く。
一本で良いじゃないの、と人は言いますが、僕らは色んな音楽の側面を持ってるから相性も多いのだ。新しい曲を書くたびにそれに合う音のギターが欲しいくらいです。そして自分も楽器も曲も成長するしね。しまいに破産しますが・・・。
2009/02/13(金) 00:18:43 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆき様、初めまして
みゆき様、初めまして。

実はフラットマンドリンの「糸巻き」についてWEB上で探していてここにたどり着きました。

今から35年前に、欲しくて欲しくてやっと入手した「サム」というブランドのフラットマンドリンが手もとにあり、ほぼ20年ほど寝かせて(?)あったんですが、再び縁があり昨年から使用しています。購入当時は中学生だったので、高価なものではなく当時で15,000円程度のものだったんですが、最近糸巻きがバカになってしまい、チューニングができなくなってしまいました。ボディは経年によりとても良い音で鳴ってくれるし、思い出がたくさん詰まった楽器なので、買い換えるのも不憫で、糸巻きだけ交換できるものかどうか、ということなんですね。「GOTHO」製に交換なさった、と書かれてありましたが、どうやって入手なさったのでしょうか? また、いくらぐらいするものなのでしょうか?(全く無知で申し訳ございません…)
もし差し支えなければ、教えていただけないかな、と思いまして書き込みをさせていただきました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
2009/02/17(火) 13:03:47 | URL | suger.n #-[ 編集]
suger.n さん
コメントありがとう。「ブラントン」は古くから良いマンドリンを作っていますよ。良く中古店で出会います。そんなに安いのは見たこと無いけど、昔は作っていたんでしょうね。
木が鳴っているなら是非、全ての金属パーツを替えることをお勧めします。保存状態にもよりますが、ネックの反りもあるのでは?
「GOTOH」は安くて、海外有名ブランドに遜色がなく良いですよ。情報をメールしますね。
たまに楽器の記事を書きますから来てください。よろしくお願いします。
2009/02/17(火) 13:59:49 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。