みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンドル・リレー@「甥っ子の結婚式」です。
ケーキカット 日曜日には柏市まで行って、甥っ子の結婚式に出席した。ご覧のとおりの美人さんをめとったのだから幸せである。おめでとう。
 ポートレートをアップで載せたいところだけど、小さなスナップで美男美女の雰囲気だけにしておこう。ほぼ1年前に「結婚した姪っ子」のお兄ちゃんである。この妹が、花嫁の「母への手紙」なんかを聞いて、我がことのように号泣していたっけな。本当に仲の良い兄妹だ。うちの一人息子にも、妹を作ってあげたかった。
 二人は介護施設のリハビリセンターに勤めるチームメイトで、まさに性格と行動が顕われる日々を見て惚れちゃったんだから大丈夫。虚飾をつくろって良く見せるなんていう嘘の無い、本物の職場恋愛である。うらやましいね。どうか僕ら夫婦(知り合って35年だ!)のように、いつまでも仲良く喧嘩しながら、助け合っていくことですよ。才色兼備、優秀な二人の未来の笑顔と健康を、どんなに願うかわかって下さい。

キャンドル 姪っ子のときも、他の友達の結婚式でも「キャンドル・サービス」が主流だった。テーブルごとに花火点火みたいな、ちょっと気恥ずかしいセレモニーをやっていたわけだが、今は「キャンドル・リレー」というものが流行であるらしい。
 各テーブルを回って祝福を受けるのは同じだけど、これは一人に一つずつキャンドルが用意されていて、新郎新婦の「愛の炎」を一人が受け取って、テーブル全員でキャンドルの点火リレーをするのだ。そのあいだは会場が暗くなっていてとても美しい。
 最後は照明を点けて、みんなでこの火を吹き消すのだ。新たな人生の出発、一回目の誕生日ということかな。
 結婚式は、幸せな性生活と子孫繁栄を祈ること、何十年も続くべき結婚記念日を祝うことが目的の「心のセレモニー」だ。式がシンプルであることはさわやかで美しい。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます。
甥御様、ここから先はいろいろありますよ。
みゆきさんご夫婦のように、山あり谷ありの人生を
どのように笑って乗り越えていくかですぞ。
どうか、神様からの祝福をいっぱいいただいて、
ご一緒に奥様とお仕事していってください。
社会のためになる、人のためになるお仕事ですから、誇りを持って働いておられることでしょう。
やがて生まれてくるお子様も、ご両親のその様を見て、
ご両親を誇りの思われるでしょう。
どうぞ、お二人の生活が一年一年、倍々に祝福が増していきますように。
回りの方々がお二人を見て、自然と笑顔になるお二人でありますように。
2008/11/05(水) 01:29:44 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
祝福をどうもありがとう。
教会での素敵な式の後のパーティーでした。サンタさんみたいな牧師の笑顔でいやされ、賛美歌隊のソプラノとスモールパイプオルガンがぞくっとするくらい良かったね。
甥っ子は思いやりがあって性格が良いから、彼女も幸せになるよ。実は出来ちゃった婚なんですよ(秘)。
、医療・介護を勉強して人のために働く人を僕は無条件で信頼します。経営者には欲深い変な人も多いけどねー。
2008/11/05(水) 11:47:02 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆきさん、おめでとうございます~。
若いお二人、輝くような笑顔ですね!
みゆきさんのような仲良し御夫婦をお手本に、その輝く笑顔で辛い時、悲しい時も手を取り合って進んでいくんでしょうなぁ。
あー、初心にカエラネバ。
あー、自分、入籍家族に報告、葉書一枚のみ、貧乏すぎて結婚式はしていません。写真すら無いです(猫屋敷の頭金を溜めることに専念。)初心を思い出すものがないのは良い事なのか!?
2008/11/06(木) 09:33:46 | URL | M #-[ 編集]
Mさん
僕らも式は挙げず写真もなし。
式よりもそのあとの何十年という仲良しな生活が大事です。初心とは日々の幸せに感謝することですよ。
式はアニバーサリーとしてのカスガイにはなるでしょうが、夫婦仲には関係ないよ。
結婚当初から僕らも、動物病院代と猫エサ維持費にほとんどの収入を使っていましたねー。
2008/11/06(木) 12:47:00 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。