みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
埼玉県の殺処分センターの「ボランティア団体への譲渡委託」
ねこの会の帰り
 25・26日の入間市万燈(まんとう)祭りが近いので、今月は毎週、「ねこの会」の定例会議がある。
 今夜も集まって、ねこの会のコーヒー・ショップ+里親募集ブース出店の準備をする。パネルやポスターや販売グッズ、当日の店番や運搬係りなど。

 今夜は新しい会員さんの紹介で「埼玉県動物愛護推進員」の女性が尋ねてきた。彼女は保健所の人ではなく、僕らと同じ動物愛護のボランティアである。
 一つは会員である県会議員「新井いたる」君に会うためだ。大いに意見交換して、動物のための陳情と法整備の訴えをしていただこう。
 会に対しては「保健所センターの指定譲渡団体」に登録をして欲しいと言うことだった。
 年間5,500匹を数える埼玉県の猫の殺処分。10年で殺処分半減という目標は一向に進まず、横ばい状態の猫事情。・・・これは処分を予定されている猫たちを助けるため、処分センターから引き出して、会として里親探しと譲渡を代行して欲しいと言うことだ。
 それだけでは無い、餌代や病院の診察治療費、預かりと飼育環境の確保、日々の世話。飼い猫を新たに増やすことと同じ意味である。
 都内では、ノラの避妊去勢手術費用を全額負担して、都民のボラ意識を高め、「ノラの増加を防止する」と言う根っこの部分から始めているのだが・・・。
※埼玉県ではこの不妊処置には一切の予算を組まず、譲渡委託した猫の保護の実費も出さず、全くのボラ団体任せで、目標である殺処分数の減少を目指しているということだ。
 (有料となった犬猫処分の引き取り費用も、犬の登録・鑑札料金も、県市の一般財源となって動物の命のために使われることはないという。) 

 言うまでも無いが、全く現場を知らない役人と、行政窓口の思い付きであろう。
 指定の会として登録するのは良いとして・・・

 「猫を引き出さなければ処分するよ!」
・・・という脅しのような行政のやりかたに関わっていくのは、なんとも心が苦しいことだろうな。 

 また、この制度を利用し、猫を引き出したとして・・・

 もしも会が裕福であれば、個人のボラさんに対して保護や診療費の実費を支払う条件で分担するという手もあるだろう。
 実際にそうして、何匹もの猫を助け出したという他県のボランティア会の例も知っている。

 しかしうちの会は貧乏だ。善意の募金と会費と、グッズ販売でまかなっているわが会の現状では、その方法はきびしいだろうなあ。・・・かといって、入間市内で増え続けるノラを抱える会員が、自宅でこれ以上の猫を保護する余裕も無い。

 しかし僕らはこれにも、良い取っ掛かりだと思って協力し、アドバイスし、猫のためにと叫び続けていかなくてはならない。会を尋ねてくれ、呼びかけてくれた推進員さんもまた、叫ぶ僕らの仲間であるからだ。

 いずれしても僕らが声を上げつつ協力しなければ、行政は何もしないだろう。この「指定譲渡団体」に登録するかどうか、次の大きな議題と、新たな苦しいワン・ステップを与えられてしまった。
スポンサーサイト

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
これは無理だろう。
と勝手に部外者は思ってしまいましたが。
だって、皆キャパいっぱいだもん。
いるま猫の会の猫さんだけで、手一杯じゃないですか。
シェルターがあるわけでもなし。
引き受ければ、会そのものが破綻してしまうと思いますけどねえ。
行政から補助金が出るとかいうのなら、また別だし、
保健所の獣医さんが、健診、避妊去勢手術をやってくれる、とかいうのなら、
またかわってくるけれども、
予算ついてないんだもんなあ。
押し付けて、殺処分の数は減りました、っていうのはいただけないですよねえ。
もっとやり方を行政は考えてくれないとなあ。
推進員の方はおそらくボラさんだから、一生懸命だと思うけれども、
何か行政主体でないとできないこと、というのがあると思うんですけどねえ。
2008/10/17(金) 01:45:35 | URL | お狂 #-[ 編集]
方法として
「指定譲渡団体」のこと、たとえば里親希望の人の中に、充分理解してくれて待機してくれる人を作る・・・そして、年に何匹か必死に里親捜しをする。どうしてもダメな場合、待機の里親さんを頼る。だけど、もちろん、最初からそのつもりではなくちゃんと里親捜しをする。そうやって、年1~2匹でも引き受ける。それで「指定譲渡団体」として行政に少しは発言権をもつ(限度はありますが・・・)なんて、せこすぎるかな。でも、なにかアプローチしたい!
2008/10/17(金) 13:43:25 | URL | 松村 ねこの会 #-[ 編集]
お狂さん
この制度に反対ではなく、こういった要請をする前に保健所行政が準備すべきことがいっぱいあるだろうと思うわけです。埼玉には獣医療の設備もあり資格者が居るのに、いまは稼動せず予算も無いと。補助金の要望はパブリックコメントにも溢れていたのに、策定案では完全無視でした。
僕らは猫の命を盾に、愛護精神を試されるような今の提案には明確な答えを持てませんね。
愛護推進員にこの辺の嫌な役目を押し付け、莫大な施設運営の予算を使いながら補償もせずに押し付ける感じです。
でもこの制度を良しとして猫を引き出し、保護しているボラはいっぱい居るんですよね。
・・・彼らは大丈夫なのか?
2008/10/17(金) 15:11:27 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
松村さん
要は会の底辺が広ければ、って言うことだね。
他のボラ会でも個人保護者を募集し、ネットで寄付と支援物資を募り猫を分担していますよ。相応の実費や礼金を出すところもある。・・・で、ここに前に話したような人間のトラブルが発生するんです。金銭問題と猫の病気や性格、ストレスの問題ですね。僕らはお金は出せませんが・・・。
出来る限り(1匹か2匹)お手伝いをしながら行政に力を持って発言し、改善整備していきたい気持ちもあります。しかし猫質を取られている感覚への怒りと、悲惨な現場を見ても冷静にキャパを推し量れる裁量を持たないとね。
お狂さんの言うとおり、会が破綻します。
2008/10/17(金) 15:22:10 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
こんばんは。
シマシマくんの件では温かいお気遣いをいただき、本当にありがとうございました。

これは…善意の一時預かりさんの存在無しでは正直難しいのではないですか。
しかし行政側は本当に丸投げなのですね。がっかりです。
6日に動物議連が知事に要望書を提出したとのことですが、こうした面もお話になられたのでしょうか?
2008/10/18(土) 00:51:19 | URL | myamo #TRL3c4kQ[ 編集]
myamoさん
動物議員連盟は一通りのセンター視察をし、改善要望を出しています。新井君が何度か質問しているけど、懸案として議会に挙がるかどうかは未定です。期待してるのですが・・・。
他の県の力のあるボラ団体が引き取って譲渡しているので、それを前例としているのでしょう。善意を頼りにしていると、その通りですね。人脈と経済力の無い団体では破綻を免れない方法ですね。
2008/10/18(土) 14:18:39 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/24(土) 22:32:02 | | #[ 編集]
鍵コメさん
行政窓口は前例のないお金は出さないし、動かない。愛護施行例の一方的な処分数削減の苦肉の策であっても、これが第一歩ですね。今は僕らは「会」としての登録は見合わせ、個人レベルでやっています。何の補償も予算も、動物の健康ケアもないまま「会」が動物センターの「配下」のようになることを懸念しています。
2009/01/25(日) 12:25:26 | URL | みゆき #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。