みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫たちごめんね。お父ちゃんは歯が痛いんだ・・・
カリンびーむ   moon押入
 カリンの「ごろん半ひねり・猫ビーム!」   ムーン君の「押入れ引篭もり・起こすにゃよ!」
 いやはや歯が痛くて・・・仕事も貧乏暇なし。猫たちと遊ぶエネルギーも枯渇してしまった。
 わが「いるまねこの会」には捨て猫情報ばかりが殺到して、里親候補は現れず。

 ・・・昨日、食事会を兼ねた緊急猫会議。隣の「仏子駅」の猫レストラン「テヒリーム」で会のみんなに会った。ここに行けば、ママさんが飼っている美しい猫たちに会えるのだ。 
 少数精鋭?弱小ボラ会の悩みは大きい。行政と市民への「捨て猫防止キャンペーン」や、議員と自治会を巻き込んだ「避妊去勢手術啓蒙の講演会」などについて語る。

 それより会の猫たちの行く末だ。前途は多難である。一番可愛いひとときを共に過ごし、いつか優しい里親さんの便りを待つ。寂しい別れも、猫の幸せのためなら我慢できるのだが。
 このまま「捨て猫ラッシュ」が続けば、猫好きはみんな「多頭飼い」さんになってしまうよね。
 ・・・僕(たび猫)宛てのメールは、捨て猫を助けて!の問い合わせばかりなのだ。
 「一緒に猫のために、保護の行動をするならばお手伝いします!」と、メールの返事を送る。本物の動物好きで、命への慈愛を持つ人は、本名を名乗り連絡が取れ、犠牲を払って共に行動してくれる。
 そうでなくて、捨て猫を見つけただけの「自分の優しさがいとおしいだけ」の人はメールで名乗らない。
 連絡が取れず音信不通となる。ぜんぶ人任せで責任を持たず、自分は動かない。
 その影で、いくつもの命が消えていくのだろう。ブログで里親募集されている幸運な猫は、そこらに溢れる捨て猫の、ほんの一部に過ぎないのだ。
 
 どうか可愛い「飼い主のいない子猫たち」に会いに行ってください。「いるまねこの会」です。
 今日はどうにも愚痴ばかり。猫たちよ、ごめんね。
スポンサーサイト

テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
動物愛護を考えるときに、
やってもやってもきりがない。
何からやったら成果があがるのかわからない。
助けたそばから、助けられない多くのいのちが出てくる。
まさしく不毛のように見える活動ですが。
しかし、目の前の一匹からでいいじゃないですか。
それでも救えたいのちなら、それでいいじゃないですか。
そう思いつつ、暗澹とした気持ちに折り合いをつけますけどね。
でも、何でもそうです。
大河は一滴からできているのなら、
皆が一滴づつ持ってきて、大きな流れを作ればいいわけで。
一人のできることは限られている。
それをあきらめることなく、黙々とやっていく。
続けていっていたなら、いつか必ず大きな成果がでるでしょう。
今、行政が少しつづ動いているのも、
多くの先輩がたの長い間の涙からの訴えの賜物だと思います。
消してはならない、引き継がねばならない。
たとえ、できることは少なくても。

あ、みゆきさん、歯はお大事に。
たかが歯だと思っていると、大変なことになりますぞ。
歯の痛みは人のいのちを奪うことができる。
2008/10/04(土) 15:42:07 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
こういった「いやーな記事」に感想を書いてくれるのはまずお狂さん、動物愛護ブログの精鋭として感謝します。
まさにいたちごっこの猫保護と捨て猫。助ける人と見捨てる人の戦いだー。
悩みは尽きないけど、仰るとおり、運動を続けて次へ引き継いでいかないといけません。
先輩たちの戦いの長い歴史は、ようやく僕にも実感されてきましたよ。

じつは前よりも無責任な「猫助けて!」のメールは減っていて、
行動的な「助けたい!」人のメールが増えているんです。だからこそ書きました。
会に入らず、個人で動物愛護を実践する人、見捨てられない気持ちを行動と愛情で表現する人を尊敬します。
ノラは手術して、一代限りでなければならない。
産ませて保健所や動物センターに持ち込まれる子猫は絶滅させなくてはいけません。
僕の夢は「飼い主のいない”家猫”」が絶滅危惧種として登録されることだよ。
僕のブログ友達は皆さん、それを解っていて、僕に教えてくれました。
猫の会のみんなも、ネットの友達も、ありがとう。
今日動物病院の玄関に捨てられた3姉妹が、無事貰われていきました。
ほんの一部の幸運な命です。これこそが希望です。
2008/10/05(日) 00:04:15 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
里親さん探しが順調な「ねこつかい」ですが。。。。
どんな子の里親さんでも探しちゃいます!!
ってなことはできないんです。。。。
「子猫が捨てられていたの!どうすればいいの!!」と、言われても「はいはい!任せてください!」なあんて言えないんです。。。
今の、仔猫を預かっての里親さん探しも、愛護団体が、医療費・食費を負担してくれるから。。。
自費での仔猫の保護は、すでに多頭飼いの我が家では経済的に無理。。。。
仔猫は体調を崩しやすく医療費もかかります。
ねこつかい、きれいごとだけではやっていけません。
「子猫が捨てられていました。かわいそう!誰かなんとかして!」と、他人に丸投げでは都合よすぎじゃあないですか?!。。。と最近感じることがありました。
もちろん、すべての子を幸せにしてあげたい気持ちはいっぱいなのですが。。。

いるまねこの会の猫ちゃんたち、可愛い子いっぱいですね♪
2008/10/05(日) 00:42:06 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
みゆきさん、おはようございます。
昨日、自分が書いたコメントが、冗談ではなく自慢のように感じられるかも。。。と考えて再び書き込みにきました。
順調は順調ですが、やっぱり私だけの結果ではないんです。
変な書き方してすみませんでした!!

「捨て猫を何とかして。。。!」と、人に携帯で撮った画像を見せて、自分は何もしない人が身近にいたんです。
ただ、かわいそうと言うだけで、何も手は出さない。。。。そんな感じです。
子猫の季節。。。。捨て猫が多いようですね。。。
里親さん探し。。。自分に出来ることやっていこうと思っています。
2008/10/05(日) 09:02:32 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
ねこつかいさん、自慢みたいには感じられませんよ。
ねこつかいさん、それなりのことをやっていらっしゃいますから。
「保護するだけ保護しておまかせ」という方に
腹たてたたんですよね。
そりゃ、これだけ、ねこつかいさん、頑張ってるから、
おまかせの人に腹もたちますよ。
自慢なんかには読めませんて。
これからも頑張ってくださいよ。
(って、私が「おまかせ」なのか)
2008/10/05(日) 10:03:49 | URL | お狂 #-[ 編集]
みゆきさん、とりあえず歯医者行きましょう。
歯の痛みは全ての意欲を損ないます~。
治療…昔ほど痛くないですよ、ホントです(笑)
里親募集、気持ちが行き詰ることってありますねー。
全ての子を救える訳ではない、でもこうやって保護されるという
運を持った子達です。
きっとその先、新しい家族も見つけますよ。
信じて、後押ししてあげましょう。
事後報告で申し訳ありませんが、サイドバーのにゃんこエイドのバナーお借りしました。
2008/10/05(日) 12:18:48 | URL | しろりん #HuTodn/6[ 編集]
ねこつかいさん
自慢だなんて思うもんですか。順調に見えても楽しそうでも、僕らは命を繋ぐ戦いの苦労を良く知っていますよ。涙と怒りと絶望感を猫たちの可愛らしさに助けられて、また同志先輩に教えられて進んできたのですからね。
「可哀想だ」は誰でもいえる。それも言わないで猫を虐める人は論外ですが、1つの命と魂に、苦しみや痛みを共感できない人は、大人や子供に関わらず人間レベルが低いのです。
そこにを誇りを持って行動することが、動物愛護の勲章ですよ。胸を張っていきましょう!
たかが猫に、ここまでの犠牲をなぜ払うのか。理解できたら大したもんだ!とね。。。
この少数派の運動家は、高尚ゆえに、おまけに近所から白い目で見られます。
2008/10/05(日) 17:22:23 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
お狂さん
たびたびのフォローをありがとう。こうした否定的、攻撃の記事を書いては後悔すのだ。自分を棚に上げてなにを言っとるか!って書かれることだよね。そっぽを向く人もいるでしょう。二度とブログに来てくれない人もいるでしょうが、僕らはこうして叫ばずにはいられないよね。
お狂さんも「おまかせ」の人ではありません。それぞれのきびしい環境に応じて、できる限りの行動をするという潔さで、動物愛護(になってないかも)と謙遜しています。
2008/10/05(日) 17:28:37 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
しろりんさん
ご心配かたじけない。痛み止めでだましだまし、今日も入間市の地区運動会参加してきました。おじじには疲れますねー。

ねこの会の宣伝記事を書いて下さって、拙いバナーをも貼ってくれてありがとう。
今年は特に捨て猫と里親希望者のバランスが悪く、保護しても譲渡しても追いつきません。嬉しい報告もいっぱい来るのですがね。結局は会員がどんどん多頭飼いさんへと成長?してしまう、これも優しさゆえの「リリースよりは我が家の子に・・・」という会の雰囲気によるものです。
うちの奥さんの体調を知り、うちにはなるべく負担をかけぬよう心遣いしてくれるのも辛いのです。
子猫も、1ヶ月里親レスポンスがなければ青年になってしまう、どうしても小さい子から貰われていき、みんな大人猫になる。これが目下の悩みですね。
2008/10/05(日) 17:40:10 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
本当に多くの人は、自宅で産ませたわけでもなく(むしろ雌などは、2度オペしてしまったり、涙)望んで多頭飼育になったわけではないと思っています。
みゆきさん達のご苦労が良く解かります。
私も、猫が、イリオモテヤマネコ並みに希少がられて欲しいです。

「歯は治しましょう、イケ面なのに勿体ないです~。憂い顔も素敵かもしれませんが。」とせめて、出来る事から明るく言ってみます♪
2008/10/06(月) 11:57:57 | URL | M #-[ 編集]
Mさん
何を仰るかいな。頭も薄く歯抜けじじいではどーしようもないですわ。

猫を本気で愛すると「健康で可愛い茶トラ」とか言ってられませんからね。むしろ良い子は里子に出して、障害や心に傷のある子を残し多頭となっていくのですからね。
Mさんも猫の怪我や病気を助けては、ミャーキングプア~~となっていきますねえ。
ノラ猫=絶滅危惧種を目指し、誇りを持っていきましょー!
2008/10/06(月) 17:19:45 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。