みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平和とは・・・オリンピックの善き日のニュースに
 皆さんどうもありがとう!FC2のカウンターを見たら、今日でご訪問者さま10万を超えていた。だらだらブツクサと書き続けて2年2ヵ月。じつにありがたいことです、感謝します。きっとタレントさんブログなら、一日のヒット数にも満たないのだろう。でもここには、まじめで誠実な人ばかりが訪れてくれている。わが拙ブログの誇りです。
 そんなふうに喜んでいたら、今日は嫌なニュースを見た。
 オリンピックという平和のための祭典が開幕してまもなくだというのに、この国の指導者達は何を考えているんだろう。グルジアからの分離独立を求める南オセチア自治州での、ロシアとグルジアの軍事衝突。
 速報が出ていた。→http://www.asahi.com/international/update/0810/TKY200808100270.html
 ロシア軍は軍艦を連ねて黒海を封鎖し、州都の軍空港が爆撃されたという。
 オリンピック表彰式の合間に、テレビで流される傷ついた子供たち、たくさんの死傷者の映像を見た。
 こんなのはやりきれないな。もういいかげんにして欲しいのだけどな。

 戦争はいつも権力者の欲望と、おろかさとが引き起こすものだと思う。そして被害者は銃を持つ兵士。母と子供と年寄り、弱きものだ。
 前回の記事の結論のようにして、僕は
「平和とは、単に戦争がないということではない」と書いた。
 戦争が終わったからといっても、戦後の混乱期は平和のうちには入らないだろう。まして、飢えと貧困と疫病がつづき、子供たちが死んでしまう国ではなく。手足のない子供たちが放置され、路上に暮らすような国ではなく。
 平和とは、政治的な憎しみや疑いといった、戦争の原因がないことだと思う。武器を作る大企業も、死の商人もいないこと。軍隊も、国境もないこと。人種と民族と宗教の違いが誇りとなって、たがいの文化が尊重され響きあうこと。貧富の差や、健常者と障害者の差別がないことだ。

 さらに僕が希望して良いのなら
 地震や津波、台風といった自然災害も、どうか地上の局所に激しく現れず、分散した緩やかな変化として、また畏敬を伴う雄大な力として、現れて欲しいと祈ります。
 地球規模の環境変化に適応するような、最新の技術も完成して欲しい。
 人為的な環境汚染を防止し、人類の発展が生態系を壊さぬように研究開発していただきたい。
 そしてさらに、これら世界の悲しみに付けこんで私腹を肥やすような人たちが、どうかこの世からいなくなるように。全ての現象が平安で、命あるものが苦しまないように。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
禍福というのは、なんかわからないようにおりまぜてやってきますけれども、
いわゆる「ばちがあたった」といわれるような現象ですね、
つまり悪いことをしたら、報いがくる、というようなことですが、
これはかなり納得もできます。
そうでないのに、なんかどう考えても理不尽だろう、という感じでくるのが天災ですよね。
この頃の災害は温暖化現象の結果とか言われておりますけれども、
それは人間が元凶なわけですので、因果応報といえないでもない。
しかし、金儲けに走った人ではなく、地道に働いている人に災いがくるのは理不尽ですよね。
そして、戦争というのはそれなりに因果関係みたいなものがありますけれども、
それでも巻き添えみたいにして戦いの犠牲になってしまう。
それもまた理不尽だなと感じます。
どちらの場合も人間が原因の場合は、欲望を追求した結果かなと思ったりしますが、
どうして当事者じゃないものまで不幸にならねばならないのかと感じます。
人の心に平和があれば、社会も平和なんでしょうが、
欲望がある限り平和が訪れないとしたら、
社会には平和がないのでしょう。
人ごとではないなと思います。
自分も戦争をしかける側に簡単になれるのではと感じます。
ブログ、訪問者数10万突破おめでとうございます。
これからもよい記事を書き続けて、
ご贔屓様を増やしていってください。
2008/08/11(月) 03:21:55 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
戦争をはじめとする不幸の種が世界中に植わっているみたいですね。劣化ウラン弾や対人地雷が作られ、売られているんだから仕方ないのですか。
罰の論理で言えば短期で明確に出るものも、太古からの輪廻転生として出るものもあるのでしょう。因果は社会にも個人にも在ります。自然災害もその渦中にあることも偶然ではないと思うけど。
覚えていない過去世の因縁とも言うから、自分にとっては理不尽なものですよね。しかし、いまは見えない悪の因果は将来に必ずその人を苦しめるから、長い目で見れば公平であるともいえますね。
僕も平安を望むけれど、災禍を重ねて滅ぶ人類なら、それも地球の進化の選択だろうと思います。しかし、人間にはこれらの危機と罪を乗り越えていく使命があるとも思います。戦争が悪人達の黒い団結と敵対で起こるように、善行は善人の団結と融和のなかに実現すると信じています。
ただ正義は純粋ゆえに孤高であり、悪は欲に駆られて群れる、というのが現在の方程式のようですねえ。
そう、ここの訪問者さんは大切です。こんな重苦しい記事を書いていても、一気に減るということがありません。猫自慢にも怒りモードにも付き合っていただいてありがたいです。
2008/08/11(月) 12:02:41 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
この前TVで見たんですが、私と同い年の女の子が毎日毎日ゴミの山にゴミを拾いに行き、1日中働いてもたった何十円にしかならない、字も描けない読めない、生まれてゴミの山しか見たことがない、という生活をしていました。世界には同じ子供なのに生活にこんなに差があるのかと本当にびっくりさせられました。
日本は世界中で2番目にお金をバンバン使ってると聞きました。こんなに小さな国なのに。と思いました。
戦争にお金を使うなら、そういう子供達のために勉強する施設を作り、戦争をするなら、国と国が仲良くニコニコ笑えるように考えられないのでしょうか?
私は罪もない人が戦争なんかのためにつぎつぎ死んでいくのが悲しいです。
2008/08/13(水) 10:50:33 | URL | ありんこりさ #-[ 編集]
ありんこりさちゃん
良い番組を見たんだね。世界中の7割の人が文字が読めず、子供の半分は栄養失調ですよ。ほんの一握りの人が、世界中の富を独占しているからね。
国とか政府とか企業とか軍隊は、基本的に戦争をするねえ。これはなかなか辞めないでしょう。ですから僕ら普通の庶民や、りさたち学生が賢くなって、他の国の人と仲良くするしかありません。友達が世界中にいれば、だれも戦争したがらないでしょう。
教育を受けられる人がたくさん勉強して、学校や先生が増えれば、識字率もあがって弱い人が騙されなくなります。正しい思考があれば、テロや民族衝突もなくなるでしょう。
僕らはカウンター・カルチャーを掲げて既成の文化や権力にあらがって生きてきましたが、もうそういう時代ではありません。りさのような若い人たちが、いまのバカな指導者より立場も理想も偉くなって、世界に出て行くのです。いまの悲惨や命の軽視に悲しみ、怒るのはとても大切なことだよ。
2008/08/13(水) 19:03:29 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。