みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月の野良猫子猫@いるま・捨て猫ラッシュは続きます。
6月ポスター 子猫育て日記も前回で無事に終了した。も?君=ライト君、まなちゃん=瞳ちゃん。と、可愛い新しい名前をもらって、里親さん夫婦と子供たちと共に、思い出の宝物を綴っております(嬉涙ざぶ?)。
 というわけで、里親さん家族が目にした6月の募集子猫のポスターがこれです。会員さんたちの即行動で町中に貼られていたもの。すでに茶トラ君4匹と、はちトラちゃんその他に新しい家族が決まっている。今回もらわれたうちの子達は、僕が出し惜しみして、ここには載っていないのだ。
 このあとすでに5・6匹の子猫が保護されていて、7月も子猫の賑わいは続く。
 認識のために通し番号を付けてあってブログの募集猫と並んでいるのだが、市内限定のポスターで決まった場合には、ブログ猫の番号が抜けてしまうのだ。
 いま#07?#14までがポスターになっているので次のブログの募集猫は#15からになるというわけ。これを会で統一して"にゃんこAid”ブログにも明記しないければいけない。
 ゆうべはさっそく、新しく来たロシアンブルー色のミックス2ヶ月と、まだミルク飲みの幼猫が近所の小学校で拾われ、会長Tomaさんが写真を撮ってきた。近所のお婆ちゃんが育ててくれていると言う。
 子供たちから先生へ、校長さんからご近所の猫好きお婆ちゃんへ、お婆ちゃんから我が「ねこの会」へと、ここに子猫の魔法の人の輪が完成し、みずからの幸せ物語を紡ぎだしていくのだね。
 そしてまさにこの時期は、あちこちのブログで子猫の訃報記事が掲載される。猫の運命というものだ。続いて預かりさんと里親さん、愛護団体のトラブルも発生する。
 悲しむべきは・・・猫に関わった人間たちの軋轢と、確執の様相を呈して、憎しみで暴走するブログ記事やコメントがあふれることだ。
 猫ブログというネット広場は、猫の命への畏敬と、亡き魂の鎮魂を語るべき場所である。また幸運にも稀有なる幸せを掴んだ猫達の未来を喜び、祈るべき、善良なネットワークであるはずだ。
 そこで保護や管理の方法をあげつらい、考え方の違いを批判して、正義の仮面で攻撃をしかける人とはいったいなんなのだろう?!
 人気のあるブログで、手広く全国に募集をかけている個人の猫ボランティアさんもいる。その人達にも手に余る猫を抱えての必死な戦いがあり、保育上の無理や観察不足の健康管理ミスは確かにあるだろう。
 それも含めての、猫のための団結と友情ではなかったのか。
 たがいに補い合い、非を認め正していくためのネットワークではないのか。責任を擦り付け、攻撃する前に、涙を拭いて新しい命のことを考えてほしいのだ。
 死なせてしまった命への耐え難い後悔と、苦しみへの免罪符なのか。平気な顔をしているかに見える、押し付けた側への嫉妬なのか。
 猫の訃報には、関わった全ての人が苦しみ、泣くのだ。それでも猫を見捨てないのは、看取った魂の冥福と猫族の未来を祈り、担う覚悟があるからだろう。
 施設処分の改善と法整備と世の中への啓蒙と実際の猫保護と、やるべきことは果てしない。亡くした命を盾に、喧嘩をしている暇はないのだ。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/25(水) 13:12:24 | | #[ 編集]
ワクチン1本で防げるはずの感染症が、大きな悲しみと溝を生み出してしまいましたね。
双方に言い分もおありでしょう。けれど共通する想いを忘れて欲しくはありません。
救えるはずの命を救えなかった悔しさと悲しみは同じです。
悲しく残念な結果になってしまった出来事ですが、これはほんの氷山の一角ですよね。
終世飼養とワクチン接種を含む健康管理が飼い主の責任であるのは当然です。
でも世の中には飼養者のいない、健康管理をなされることない猫たちが多いのです。
病名がつけられることも、治療を受けることも無く、誰に看取られることもなく、ひっそりと命を閉じていく子達が多いのです。
共通のつらい想いを抱く方々だからこそ、軋轢を乗り越え、手を携えて1匹の命を救うことから、また歩き出してはいただけないでしょうか。
今はそんな風に思っています。
2008/06/25(水) 19:21:22 | URL | 名無しさん@猫がいっぱい #HuTodn/6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/25(水) 21:48:49 | | #[ 編集]
名無しさん@猫がいっぱい さん
可愛そうな猫は天文学の数字です。何十万匹の遺体を妄想します。その上に呆然と立っている猫の好きな人たち。鼻をつまんでいる嫌いな人たち。
>健康管理をなされることない猫たち
>病名がつけられることも、治療を受けることも無く、誰に看取られることもなく、ひっそりと命を閉じていく子達。
・・・をいっぱい見てこられたんですねえ。この子達の魂が、かつて自分を愛した人間同士の争いを望むとは思えない。僕の考えですが、1匹を助ければそれに繋がる何十万匹の猫の命は喜び、褒めてくれるよ。数ではありませんよね。そして縁のある子は必ずこの世で再び出会えると信じています。これが僕の、書く(描く)理由です。名無しさん・どうもありがとう。
2008/06/26(木) 12:29:26 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
鍵コメさん
子供達が動物好きで、両親が一緒に見にきて同じ笑顔をする。お婆ちゃんも猫が好きだった。みんなそうです。嬉しいです。子猫の新しい名前!人口授乳の寝不足も吹き飛び元気が出ますね。
2008/06/26(木) 12:53:40 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
鍵コメ(2)さん
ご指摘の件ありがとうございました。
>一方的に猫殺し呼ばわりしている<と言う部分を訂正削除しました。しかし、僕が目にしたこういった名指しの攻撃記事は、文章は公平でも裏に悪意を隠蔽している場合が多いように思いましたので。
拙ブログを思いやっての助言に感謝します。
2008/06/26(木) 12:58:47 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
先日、私も、コメ欄が炎上していく様を、はっきりと見ました。そこでは、子ねこを保護した行為への、少し変わった褒め方が発端でした。最終的には、人格の否定、「ここへは来るな」と言う言葉etc.です。管理人が、煽っている訳でもないのに、勝手に燃え上がっていくのですねー。コメ欄は、自由に使って下さい、おかしければどんどん突っ込んで下さいと、管理人が言っているのに、何故、「来るな」なのか?訳が解りません。恐ろしいほどの、否定・拒否の言葉の羅列でした。
何れにせよ、ネチケットどころか、常識で物を考えられない人が多いのだなぁと感じました。
ねこが好きで、ねこのブログを見ているのであれば、腹を立てるなら、まず、ねこを捨てた人へ、が常識では? 些細な事に拘っても、ねこの為に良い事は、一つもありません。
ねこ好きの皆様、どうぞ、その一点だけは、忘れないで下さいね。




2008/06/26(木) 18:09:20 | URL | chako #JalddpaA[ 編集]
chakoさん
そうですか。ネットの攻撃ほど、顔が見えないぶん悪意がきわだつ、気持ちの悪いものですね。自分は匿名で相手を名指し攻撃するのは人間性を疑います。過去には僕もネット攻撃の応戦記事を書きましたが、決して名指しはしませんでした。お互いと関係者だけが解れば済む事ですから、キーワードだけで充分なのです。猫の命を扱う僕らの言葉は特に慎重でなければね。そして仰るとおり、こうしたトラブルの原因は遺棄した人、保健所へ持ち込んだ人の身勝手さです。
2008/06/27(金) 00:04:29 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。