みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぴんボケ写真日記(3)・続々:どこへも行かない連休のつれづれ。
夕日の土手
 休みの国のドアが閉まり、また新しいそれぞれの生活が始まるね。僕は毎日散歩をして、どこへも行かない連休のつれづれを楽しんだ。この写真日記も3回目だ。
 河原に降りて雑草を摘みながら、土手に沈む夕陽を撮った。僕は明日も散歩をするだろう。でも国中がゆっくりと、または人ごみのカーニバルでも、平等に休む権利のある日々は良い。皆んな疲れを癒しただろうか。思い切り遊び、そして疲れて眠るのだろうか。そんな日の散歩は少し、僕も気分が違うのだ。
河原の道 とぼとぼたどる河原の道。夕方の残照の中には誰もいない。
 「私の娘は心の病気です」と、辛い知らせを貰いながら、病気の娘さんが見るといけないから、そのお母さんのブログには返事を送れない。それで僕は河原を歩きながら、心の中で返事を書いた。今夜の日記に思いを書こう。これが目に触れて時間の止まった彼女に届き、励ましになるかもしれないからね。
 母が慈愛のレンズで我が子を写したような、暖かい動物写真。そして優しい文章で、彼女のブログは飾られています。
・・・・・・・・・・○○様
 わが子の病は自分が背負う苦しみより辛いね。宿命とはいえ、その悲しみを理解するのは難しい。「お察しします」といっても空言なので、僕はあなたのために祈ります。
 以前、僕の記事へのコメントに、亡き息子さんのことを書いてくれた。命は旅立ったまま戻らないけど、希望のある場所にはどうか光がさすように、痛みが軽減し安らぎが手に入るように。辛酸も悩みもあなたの学びとなり、成長の力となって、優しさと強さになるように。祈るよりほか、なんにもしてあげられません。
 僕もそう望み、生きてきました。僕のは、自分の弱さゆえ、恥じ入る悩みや病気ばかりだ。心が鬱屈してはお酒に逃げ、アルコールと抗精神薬に依存した。仕事が破綻し、楽団が休止し、どうにもならない暗闇から、精神科に入院を3ヶ月。それでも家族の理解があったから、僕は救われ快方へ向かったのです。
 10年前の妻のガンで、病苦と経済苦を一度に経験した。それが僕の病気の引き金でもあり、立ち直るための下積み修行でもあった。そのこと以外、家族のなかに悩みを持ったことはない。一人息子も成人して、いまは夫婦で穏やかに暮らしています。
野の花束 河原の片隅に雑草の花束。誰もこの花を見つめたりしない。暗くなり始めた藪に浮かんで、最後まで柔らかく光っていました。
 お嬢さんのことです。
 傷つけられた心は必ず、より強く優しく成長しますよ。あなたは誰も、自分をも責めてはいけないよ。心の病は本人と、それに関わる人への「試し」だと思う。治療法は人それぞれに違うから、医師に任せるところは任せ、互いを理解してともにそのままで生活していくことでしょう。一緒になって恐怖を感じてはいけません。症状は薬で改善するものだから。ゆるやかな精神障害は、自分が耐えていれば、人は気付かないことが多いものです。僕は、もうだめだ、と言えたから、みずから望んで入院した。しかし、早く明るく治ろう、と思う気持ちが持てないのが辛いんです。お嬢さんの場合は発作の恐怖を想像して、また不安が押し寄せてくる。互いに対処法を学び、安心させて、冷静な感覚を養ってあげて。
 これは自分はダメだ、と思う責任感や、人に気を使う優しさを持つ人がなる理不尽な病気です。
 生きてるだけで大切な娘だと、お嬢さんに伝えてあげて、解ってもらって、原因はあなたではないと、ほかの誰とも比べてはいないと、言葉でも言って、抱きしめてあげてください。すぐに良い結果は出ないかもしれないけど、どうか明るく、ゆったりと生活してください。・・・5月晴れの日・○○様拝・みゆき
雑草の紫 赤紫はカラスノエンドウ。僕はこの花芽を摘んで美味しく食べます。下の茎には小さい豆が育っていた。これが熟して枯れ落ちて、来年の種子となるんだね。 
 僕がお酒も抗精神薬もやめて、仕事が出来るようになったのは、退院してブログを始めてからだ。まだたったの2年前である。それ以前はずっと、一人で隠して苦しんでいた。でも家族が参加し、味方だと信じられたときから僕は変わったのだ。
 僕にコメントをくれるある女性は、躁鬱病で解離性同一性障害。さらに心的トラウマを持つ統合失調(診断された病名ではなく、処方のための参考的な記述)です。幼児期の肉親からの虐待が彼女を追い込み、違う人格の自分へと逃避したのだと。自殺衝動を抑えるため、道場でくたくたになるまで合気道をやって、子供と犬猫を育てています。
 発作と発熱・嘔吐の合間を縫って、自分と同じ被虐待児童のためのブログを書こうとしています。過去の記憶を封印することなく、予防と啓発のために自分をさらしている。心に傷を負った大人をも、救えるかもしれないと奮闘している。勇気を出してやり遂げてね。

[7日の追記]:今も同じ症状で悩む方と、今は克服したという方と、いくつかの返事をメールでいただきました。記事で紹介した精神障害と虐待問題のブログ「ROSE GARDEN」には、この件のアンサー記事がアップされました。(トップ・メニューからブログに入れます)
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
負えない重荷は負わされない
聖書の中の言葉ですけど、なんかつらいことがおこって絶望的になると、
「まだ、大丈夫、まだ大丈夫」と言うことにしています。
「この程度は負える重さなのだから」と。
背中が軽けりゃ、地に足をつけた生き方はできません。
だから、重たい重荷を負って、軽々ではなく、一歩一歩の歩みを踏みしめながら、歩くんですね。
私も息子の病気を思うと、それでも「荷物を背負うのはいやだ。しんどい思いはしたくない」と思いますよ、わかっていても。
弱さを撒き散らしながら、歩いていくのは不恰好だけど、
もうそれでいいかなと。
わかってくれる仲間がいますから。
そういうためのブログですよね?
2008/05/07(水) 09:22:39 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
どうもありがとう。重荷を背負ってゆっくりと、一歩一歩と歩いていくのが正しい人生でよすね。軽々と愉快に見える人でも、また違った悩みや苦しみを隠している場合が多いものです。お狂さんもまさに、子供の難病と向き合い闘う母だから、この記事が伝わるだろうと思っていました。
このお母さんの鍵コメントへの返事には「ブログとは外の世界ではなく、まだ見ぬ友人たちですよ」と返事を書きました。
2008/05/07(水) 13:57:11 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
Rose Gardenの、PDの記事をを読ませて頂いて、この歳になって、初めて、自分がPDだったのかもしれないと思いました。
例えば、一つの事を思い詰めて、それに対して行動を起こし、その中の何かが間違っていた事に気付くと、まず頭の中が真っ白になります。その間、動悸が激しく、その音が、耳の中一杯に鳴っています。そして、「無かった事にするにはどうすれば良いか」しか考えられなくなってしまうんですね。これは、みゆき様も良くご存知で、その節は、何度もご迷惑をお掛け致しました。ごめんなさい。
そして、過敏性大腸炎。大腸癌を疑えと、言われ続けてきました。もしそうなら、とっくに体中、癌しか無い位になっているはずの、昔からです。鬱病もそうです。経験していないのは、「過呼吸」ですか。もし、PDでないにせよ、そのケがあるのは確かな様です。
自分の事を、随分知った様に思っていましたが、まだまだ、解らないものなんですね。
自分の事ばかり書いてしまい、何のコメだか、解らなくなってしまいました。でも、みゆき様のブログで、色々な事を考え、そして、教えて頂いております。沢山の、素晴らしいブログ管理人様にも、出会いました。本当に、ありがとうございます。感謝で、一杯です。これからも、どうぞ、よろしくお願い致します。
2008/05/07(水) 20:16:16 | URL | chako #JalddpaA[ 編集]
短い休暇。忙しい日々をやりくりして帰省してくれた妹と母と楽しいドライブ。母は流れ行く風景を眺めているのが好きなんだそうだ。福島の緑は、まだ淡く、それぞれの色が美しかった。ほどよく気温差のある1日。心地良かった。越生に戻ると、runが怒って笑って待っていた。風邪を引いてきた俺は、足をつらせながらの剪定仕事。ああ早く直さなきゃ。おやすみ。
2008/05/07(水) 22:55:07 | URL | たる #-[ 編集]
chakoさん
気にしないで。ネットでのちょっとした失敗はみんな良くやるんですってば。そういうときにPD的なパニック状態になるということですね。大丈夫、chakoさんはPDではないと思いますよ。PD発作は失敗したとか行動の経過ではなくて、突然に起こるものだそうです。それが予期不安に発展して重なることで症状がひどくなっていく。それと過呼吸や麻痺・震戦がなければ大丈夫。気を楽にして緩やかに行動すれば良いと思います。優しいところが裏目に出て、気にしすぎなのではないかな。過敏性大腸炎も心因性ですから、あまり気に病まず、常に胃腸薬を携帯するなどで軽減するかもしれません。僕の知識も夜ちゃんの受け売りなので、あまり専門的なことは解りませんが。
ブログを書くことで日々のワークが増えたから、より楽しく忙しく、そしてゆったりと生活しましょうね。猫への愛情と観察の集中力があれば、鬱的な気持ちも乗り越えることが出来ますよ。僕もブログを始めて快方に向かう気力を養ったと思う。僕も臆病な人間です。なにか書くことはいつも怖いし、くよくよ考えることばかりです。でもこうしてネットのなかでいろんな友人を作り話し合える。それが力になっていますよ。
2008/05/07(水) 22:56:57 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
たる
そうか、親孝行できたね。しかしrunは寂しかったことだろう。風邪かい?それでも仕事はしてるんだね。10日のライブは大丈夫?
2008/05/07(水) 22:59:54 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
私も
いまは ちょっと 喘息がひどいので
土曜日は みゆき様がたのライブと
いうものを拝見したいなとおもって
おりますが いきなり いっても
いいものなのかなどわかならくて。。。
いつか いってみたいです。^^

ちなみにPDでなくても 過敏性大腸炎
には 人はなりやすいそうです。
下痢とぺんぴと 日に何度も
繰り返したり 下痢ばかりが つづく
ようでありましたら その可能性が
あるようです。
私の担当医は 先週も
大腸も胃のように
人の精神の様子を反映しやすいと
言っていました。

そのほかに 心身症というものがあります。
子供の心身症と 大人の心身症と
いうものは 多少ちがいはありますが
きょう のちのち ブログのほうにかく
つもりです。
参考になりましたら幸いです。
どうか みなさま ご自愛を。 
2008/05/08(木) 07:26:01 | URL | 夜 #ySrfoSBQ[ 編集]
私は生まれつきの心臓病でしたから、子供を産むことができないかも。。と、言われていましたが幸運なことに無事産むことができました。そして自分の子供が自分のようではなく、健康で生まれてくれたことが1番幸せでした。
生きていると色んなことがあるのですね。。
息子が大学生のとき、過敏性大腸炎になり、いつも通学のときにはトイレの心配ばかりして苦しんでいましたが、今では治っています。
通っていた病院の先生が「自分もそうだったよ。いつか治るから。。」と言ってくださったことで気持ちが楽になったと言っていました。

精神的な悩みや苦しみは、人にはなかなか話すことができなくて孤独を感じてしまうのでしょうね。。。
ブログを通じて勇気付けてくれる友人ができたり、悩みを打ち明けることができるのですね。

私は、こたろうを亡くしたとき、このままでは頭が変になるのでは。。。と思ったことがありました。
最後に聞いたこたろうの悲鳴や私を見つめた目が蘇ってきて息が苦しく、頭の中がぐるぐるして大声で泣き続ける日が続きました。
今でも時々どうしようもなくなります。。
お酒をいっぱい飲み続けたこともありました。
自分のせいで、こたろうを苦しめ孤独に死なせてしまったことは、一生忘れることがないです。
今でも蘇ってくるのが恐くて恐くてたまりません。思い出さないように努力しています。
もし、他の子がいなかったら普通に生活していくことはできなかったかもしれません。

私の悩みなんてたいしたことではないのかもしれないけど。。。
何だか、ここでは色んな胸のうちが話せます。
みゆきさんの人柄のせいかしら。。。



2008/05/08(木) 09:16:54 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
夜ちゃん
ライブは場所が解れば突然行くものですよ。僕なんかは友達のライブにはマンドリンを持っていって頼まれないのに演奏してきますぜ。無理しないように、いつでもお待ちしています。
chakoさんのことを知ったかぶりして書いてしまいました。PDじゃないです、ということで良いよね。消化器の症状はうちの奥さんがコデイン系の薬で改善しているので解るんだけど。奥さんもそうだったけど、心身症といっても複雑で、医師によっては自律神経失調でかたずけるからね。けっこう重篤な精神障害が隠れていることもある。
じゃあ喘息の治療に専念して、くれぐれも無理をしないように。「自愛」という言葉をご自身に向けなさい。
2008/05/08(木) 11:04:19 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ねこつかいさん
僕の人柄がそんなに良いとは思えないけど(汗)、文章の視線が人の奥深く入ってしまうのかな。書いているうちに思いが募って、猫でも植物でもピントが接写的に書いてしまいます。みんな心身になにか故障を持っているんだね。健康な人もまた家族や大切なものの喪失感に悩むものだよ。そんな中でも子供に恵まれて幸せでした。より多く愛するための緊張感となるでしょうね。うちの一人息子も奥さんには出産は無理と思っていたから、愛情は深いです。息子は健康ですよ。
大学生の子は優しくて繊細だと言ってましたね、消化器疾患はたぶんに関係があるみたいだ。治ってよかったね。こた君のことはざんきの思いを書いてもらって、僕は聞いてあげるしかないです。そうして忘れないで偲ぶ事が供養となるからね。でも涙ばかりでは小さい魂も後ろ髪引かれて、虹の橋にいずらくなるかも知れないよ。あるいはもう生まれ変わって、ねこつかいさんを探していると思うけどね。
2008/05/08(木) 11:23:48 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
こんにちは みゆき様
私が書いた内容の多くは
自分で経験したものでありますが
そうした経験をして 精神科だけには
行きたくないという強い思いで
医学書を買いあさり 調べ周り
わかったことだけなので やはり
個人個人のおかたにとっては
ああ こういう場合もあるんですね
程度の参考にしかならないかとおもいます。
今の自分がわかったのは もっと
早くに受診していれば こじれなかった
かな~という後悔です。
いまだかわらないのが 精神病院などに
対しての 周りの方の 偏見と 患者さん
達自身も 感じている 精神科という
敷居の高さです。精神科=きちがい
などという 考え というのは いまだに
のこっています。心療内科という
言い方をしたところのほうが行きやすいかも
しれません。私は感情をあらわにすると
叱られていましたので たえられなくて
泣き出したときなどには母に「わしんざか
病院」に電話してむかえにきてもらうから
といって 脅かされました。
その病院は精神病院でした。横浜に
あるその病院の建物は古く汚く フェンスで
囲まれているのを みたことがあり
母に 悪い子はここにはいって二度と
でられないんだよと 言われたので
恐怖心しかもっていませんでした。
まだその病院があるのかは解りませんが。

横浜から 今のところへ引っ越したときに
見ていただける病院をさがしてあるいた
時も まずいった先の医者に話しをした
時点で「きちがいだ きちがいだ あんたのような きちがいは うちでは
みれないからくるな!」といわれ かなりの
ショックを受け つぎの病院を
探すのが 怖くなりました。そして
そのあとに 片道40分かかる 病院では
丁寧にみてもらうことになったのですが
今はもっと簡単にいける近所の病院へ
いっています。ただ そこへいくときは
私なりの注意を払っています。 近所の
ひとはいないか? 病院にはいっていく
姿を近所のひとにみられてないか?などです。 私が病院にいっていることがばれて
子供達が いじめられないか といった
心配があるからです。
私が知ってる人のなかには 「耳鳴りが
ひどくて 困っている」と 医者に言うと
「100円ショップで耳栓うってるよ」と
医者に言われたといっていた人が
います。
ドクターショッピングをする人を非難する
医者もいますが 「なぜ  患者が
そうするのか」かんがえたことがあるの
でしょうか?って 思います。

私の書いたことは単なる一般例にすぎないので できれば あれ?とおもわれる
事がありましたら ぜひ 早めの
受診をすすめます。

ライブいきたいです>みゆき様
友人の知り合いのライブには一回
いきました。ボックスだったのですが
とても 楽しいかったです。
私は まだ 人の多いところに
いける衝動的に動く日と(こういう日って言うの途中記憶が抜け落ちてることが多いです。)普通のスーパーの買い物にいくだけで
途中 貧血& 下痢嘔吐がとつぜんやってくることがあり(一人で行けないことが多い)
ます。そのうち ありんこ様がたと
みゆき楽団様の 演奏をききにいけるだけ
元気になります!^^
2008/05/08(木) 12:15:17 | URL | 夜 #ySrfoSBQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/08(木) 17:30:59 | | #[ 編集]
夜ちゃん
ひどい医者がいるんだね。苦労しましたね。子供たちのためにも早く良くなって欲しいけど、焦ったり無理をしたりする必要はないよ。世間がどう思おうと、僕らはあなたの味方である。精神科へ通うことが後ろ指差されたり、きちがいだなんていうことの偏見は思いやりと人付き合いの完成度が低いのです。日本はまだまだだよ。でもそうでない人もいっぱいいるからね。どうか負けないで。
上の鍵コメントは、送れなかった僕の心の中の返事を読んでくれた○○さんからのお礼状ですよ。目に留めてくれて嬉しいですね。
2008/05/08(木) 19:48:17 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
鍵コメさん
息子さんを病気で亡くし、いままたお嬢さんを失う恐怖と闘っているんですね。自殺願望があり自傷行為をしてしまう状態。目を離せない、危険ですね。
治療のお手伝いも辛さの肩代わりも出来ませんが、ここに応援し続け、アドバイスをくれるネットの親友たちがいることを忘れないで。
2008/05/08(木) 19:56:02 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。