みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ド素人ギター・リペアマンの恐怖・ゴミだったギターを弾いてやるぜ!
 ギター自慢だよ。ライブの後日はバンド友達が見に来るのでこれをやる。自慢したいからである。テレキャスとストラト
 ずいぶん前にギター自慢カテゴリー(お好きな方はクリック!)を作って、ジャンクだった「Grecoのストラト・キャスター」の改造記事をやった。糸巻きペグやブリッジ、ボリューム・トーンのポッドとノブなど、金属部品全部と、ピック・ガードを交換。僕はカッティングでリズムを弾くときに、ボリュームに手が当たるので、2トーンをまとめて1トーンにして、ブリッジ側のピック・アップはディマジオのハムバッキングに交換した。・・・永いあいだ埃をかぶしたままでごめんよ、僕が悪かった。いまは僕のメインギターとなって活躍中であります。
 左は「Fenderアメリカのテレキャスター」70年前後のギターで、もっとも永く僕と付き合っている。塗装もいい感じで焼け、擦れて剥がれている。こいつもピックアップ以外はほとんどの金属部品を交換し、ブリッジも純正3点アジャストから6点に交換。ハムバッキング・スイッチ付きのターボ・サーキットに配線し直した。大体このときに、弦高の微調整なんかも必死でやるから、ギターはほとんど自分の理想の弾き易さとなるのだ。
ヤマキのヘッドサウンド・ホール 今日は狭山市の福祉作業所「ぶどうの会」で貰ったギターの修繕です。お正月にライブをやったときに、倉庫でゴミとして忘れられていたこいつに出会ったのだ。
 今はなき「YAMAKI」という伝説のメーカーだ。ヤマキ・デラックスというシリーズで、ブリッジに金属製のサドルとアジャストねじが付いていたが、これは使い物にならない。デラックス、とわざわざ書いてあるものってそんなにデラックスではないことが多いね。しかし音を聞いてびっくり、からからに乾いて単板も薄くて、ものすごく良く鳴るのだ。これは何とか再生して弾いてやらなくてはいけないと思った。
 きっと何年も張りっぱなしだった弦のテンションで、トップの板のブリッジ部分が膨らんでしまって、チューニングも出来ない状態だ。アコースティック・ギターには致命的なもの。これをゆっくりと3回に分けて1ヶ月をかけ、タオルの上からアイロンで熱を加えながら、出来る限りの平面に戻した。塗装が熱で変色しても気にしていられない。ピック・ガードが溶けてしわしわになってしまったので、鼈甲柄の塩ビ板を購入してカットし、貼りなおした。ブリッジはがしクランピング 内部の骨組みであるブレーシング材も膨らみが原因で接着がゆるんでいる。これは隙間に接着剤を足し、突っ張り棒のような専用のねじ付き器具で、内外から押さえて貼っていく。サウンドホールの穴から手を入れて、見えないし手がつりそうだし、大変な作業だった。
 で、いよいよ使い物にならんデラックスなブリッジをはがし、マーチンのオーソドックスなローズ・ウッドのものに交換しようとしている。接着をはがすには、アイロンを当てて熱しながら、恐る恐る時間をかけて、カッターを横にして切っていくのだ。力任せにやってトップ板を割ってしまったら、それで全てが終わりだからね。
 サウンドホールからブリッジまで届くこのC型クランプ、どこの工具屋を探してもなくて、結局、京都のギター専門工具メーカーでネット買いしたもの。専用のタイト・ボンドで貼り、強くクランピングして一昼夜圧着。
 今回はここまでだ。あとはネックの反りを直し、サドルをじっくりと削りながら、何度も弦を張っては緩めながら、ぎりぎりの弦高を微調整するのだ。写真でお分かりのように、すでにボディー内蔵のピックアップを仕込んでいて、ボリューム・ノブを付けちゃっている。木工の大仕事を後回しにして、こういう電気的な楽しいことを先にやるのが僕らしいだろ?
 弾ける状態じゃないというのに、ラスタカラーのストラップを楽器屋で選び、すでに抱えたときの見た目を気にしてる。なんともお調子者だね。でも、こうしてテンションを上げていかないと、アコギの修繕というのは苦労が多くてやっていられない。
 しかしまあ、プロのギター・リペアマンが見たら、お?い!と叫んでひっくり返るようなヘタクソなことを、日々ニタニタしながらやっているわけです。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ここまでやりますか!!(笑)僕もギター再生中で今弦高調整に入っていますが、ナットが無かっただけでボディーには特に問題ありませんでした。まさかブリッジの交換までやってまうとは。。。。
お互いにジャンクギターでLIVEをしますか!!ぼくも弦高調整済んだらPU搭載予定ですので・・・
2008/04/29(火) 15:37:05 | URL | ゆういち #-[ 編集]
ゆういち君
ほーら、やっぱりゆういちが食いついたぞ。このくらい古くて乾いてるギターは再生する価値がありますよ。ボリューム付けても気が楽だし(マーチンでも付けるけどね)良く鳴ると愛着も湧くね。ぼくのマーチンはあと5.6年弾かないと鳴ってこないな。だんだん道具も揃ってきたから、一度はゼロから作りたいものです。マンドリンを作りたいね。
じゃあジャンクギターセッションやりましょう。でも参加するのは二人だけじゃない?
2008/04/29(火) 16:12:16 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
わいわいわい
実に楽しい 内容でした。
今つかっているのは GRASSROOTSですが
なかなか 今は弾く時間がありません。
でも きょうは 下の子と一緒にカラオケに
いきました。
2008/04/29(火) 16:54:32 | URL | 夜 #ySrfoSBQ[ 編集]
でね~
いままでは STRATだったのですが
そのあとが テレ なのですが
テレが あまり好きなものがてにはいらなくて 引越しのときに コンビニのにーちゃんに アンプから一式 くれてやりました。
もうギターはやめようかなと。。。。
でも 引っ越してから 我慢ができなくて
また 買ったんですね。。。GRASSROOTSを。
アンプもまた買ったんです。 馬鹿とよんでください。w
2008/04/29(火) 17:01:19 | URL | 夜 #ySrfoSBQ[ 編集]
夜ちゃん
女性ギタリストの夜ちゃんも食いついたかー。エレキギターとアコギはまた違うから、過去のストラトの記事が面白かったでしょう。テレキャスは、rk145というリッチーコッツェンのカスタム・モデルをイーストコートのさっちゃんて子が持っています。これは純正でディマジオのハムバッキングPUが付いてるモンスターなヤツだよ。ギターやめてはいけませんてば。どーせ我慢できないからね。grassrootsのフォレストシェイプのやつは写真を送ってくれたよねー。2ハムバックで弾きやすそうだったけど、おじさんには無理ですな。僕らはだいたいフェンダーのオーソドックスなものかレスポールまで。セミアコも持ってるけど、それ以外は姿的に似合いません。このgrassrootsの流線型なシェイプ、夜ちゃんには似合いますぜ。
2008/04/29(火) 17:38:13 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆきさんと出会えて幸せなギターですね。一生懸命治してもらったら、きっと嬉しさいっぱいに素敵な音を奏でてくれますよ!完治するのが楽しみですね。
2008/04/30(水) 00:11:15 | URL | 黄色の小鳥 #-[ 編集]
黄色の小鳥さん
なんだか怪我した猫に出会ったみたいだね。気持ちはその通り。ギターを女性にたとえて、このマニアは助平だと言う人がいるけど否定はしません(笑)。でもこれはアート作品ですからね。ジャンクギターていうジャンルのオブジェであり、骨董であり、歌わなくなったカナリアさんですね。金属加工・木工・電気・塗装、これを駆使して再生・演奏する技術を持つことは、とっても癒されることなんですよ。
2008/04/30(水) 11:08:31 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
さすがはギター小僧(^▽^)
ちんぷんかんぷんな私にでもこの工程の大変さというのは何となく分かります。
読んでいて、息を止めちゃいました。
甦りつつあるギター。新たな息吹を吹き込まれて、完成が楽しみデスネ~。
2008/04/30(水) 12:23:55 | URL | 順梟 #-[ 編集]
鳴らないまま放置されているギターを見かけると調整したくなってたまらないですね。飲み屋さんにその手のギターが多いですけど、古くって弾かれ続けているものなのでもしかしたら・・・とういう期待をしてしまいます。
所でこのボリュームはどんな配線になっているのですか?普通のアッテネーターを経由しているだけですか?僕も手元で調整したいのですが、TOPに穴あける度胸が出なかったりします・・・。
PUはピエゾでしょうか?
2008/04/30(水) 12:36:04 | URL | ゆういち #-[ 編集]
順梟さん
(ギター)小僧というには老けてますが、心は相変わらず少年ですよー。こういう話はちんぷんかんぷんですよね。でも、いかにも面白そうだってことが解っていただければ嬉しいのです。どうもありがとう。大変なほうが面白くてね、ここまで放置されひどい状態なのは久しぶりに会いましたから。弦を張りっぱなしで置いてある古いギターを見たら、どうか糸巻きを逆に回して緩めてあげてくださーい。
2008/04/30(水) 13:11:22 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ゆういち君
骨董品集める人の心根とは違って、ギターリペアは再生・演奏の楽しみ以外は苦労だけ。お金になりませんからね。
PUはバーカスベリー(馬鹿滑り・汗笑)のピエゾを裏側ブリッジ直下にボンドで固めた。僕はハイを消したいので緩衝材(両面テープ厚手)をかませます。ポッドはAカーブ・250KΩのアッテネーターだよ。問題はハウリングです。エフェクター(りミーッターくらい?)かませば軽減しますね。僕はフィッシュマンのプリアンプを持ってるので、これをフラットにして通すつもりです。ボリューム・ノブは即戦力になるから、男度胸で穴開けちゃいなさい。僕のマンドリンも穴だらけー!
2008/04/30(水) 13:31:34 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ウァーオ! ごめんなさい。日本語ですよね?って、訊きたくなってしまうほど、自分の知らない世界は、こんなにも、チンプンカンプンなものなのかー。改めて、ビックリ!です。。。
だって、物なのか、動作なのかも???です。
でも、お好きな方同士なら、楽しくて仕方がないお話なのでしょうねー。
読んでみても、私には、余りにも解らない言葉が一杯だったので、思わずコメしてしまいました。笑ってお許しを。
2008/04/30(水) 21:42:35 | URL | chako #JalddpaA[ 編集]
chakoさん
ごめんね。これ全部説明すると、コメント欄が、下へあと1メートルくらい続く。になるんだよ。ギター友達にはもちろん全部解っていますよ。こういう専門用語って、興味のない人には伝えられないよね。コメントでは、さらに電気音響的な質問があったりして、宇宙語みたいでしょ?いやはや、ギター・フェチには困ったもんだ。あ・chakoさんは猫フェチじゃありませんか?猫ブログも、動物嫌いには宇宙語ですよー。
2008/05/01(木) 00:15:38 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
古い国産のギター
古い国産のギターは木が乾いているので、良く鳴るものがありますね。
私も一番手にする機会が多いのは70年代初頭のジャガードのオール合板のものです。
ペグをグローバー102に交換して、LRバッグスのM1-Active乗せて、サドルとナットは作り直しです。
ギター本体よりも交換したパーツの方がはるかに高価です。(笑)

ヤマキデラックスはマニアの人がいますね。
集めている人がいます。
個人的にはアジャスタブルブリッジが好きなので、ブリッジ交換はちょっと残念かな..

私も以前、キットのウクレレを3台ほど作りましたが、色々と手を加えました。
作っている時が面白いんですよね。
2008/05/01(木) 00:39:27 | URL | こやまひろし #Rr6v148Q[ 編集]
こやまひろしさん
リペアの部品のほうが高いって解る解る。そんなら新品買えるぞって思うよね。僕のリッケンバッカーもどきも、充分新品買える金額が掛かりましたよ。これ、古い=良く鳴る、ってことに価値を見出す病気ですね。エイジングと言うものに惚れてしまうんだ。ヤマキのブリッジは膨らみも原因ですが、基本位置が高すぎて調整しきれなかったです。コンパウンド弦で、フレットと弦がびびる寸前くらいが僕の弾きやすさなんだ。ちょいとシタール的なひずみ音が好きなんですよ。キットでウクレレ作りですか?そりゃあ楽しいや。てことは、マンドリンキットてのもあるのかなー。はまりそうでやばいっす。
2008/05/01(木) 02:01:44 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
楽器の自作は楽しい..
>てことは、マンドリンキットてのもあるのかなー。はまりそうでやばいっす。

ありますよ。
国内ではHOSCOから出てますね。
値段も結構お手頃ですね。
http://www.hosco.co.jp/japan/pages/hosco_kit.html

海外通販だったらもっと色々なものがあるみたいです。
StewartMacDonaldだとFタイプの本格的なヤツも売ってますね。
http://www.stewmac.com/shop/Kits.html

楽器の自作は木工ももそうですが、塗装が難しいですね。
目止めをした後にオイルステインで着色して、サンディングシーラー塗ってそのあとラッカーで仕上げましたが、缶スプレーでは限界があります。
一応、ラッカーとサンディングシーラーはニトロセルトースのものを使いました。
ちょっとしたこだわりですが、ニトロセルロースラッカーは塗装が難しいですね。
2008/05/01(木) 12:29:15 | URL | こやまひろし #Rr6v148Q[ 編集]
こやまひろしさん
情報ありがとう。見ていると出来そうな気がしますねー。やばいっすよー。こやまさんは塗装にも凝り性が出るわけだ。僕も塗装は好きだよ。シーラーを使うと厚みと艶が出て深みのある楽器になるけど、最近のマーチンとかTACOMAなんかはナチュラル塗装が多いね。音にも関係するはずなんだけど、さらっとした塗装になってます。でも厚みを出しても傷が付くのは同じだからね。コスト的には安くなるはずですよ。音も軽くなると思うけど、どうなんだろーか。
2008/05/01(木) 18:13:35 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
塗装について
マーチンなどの、ざらっとした塗装は低価格帯のものに見られます。
あれもラッカー塗装なのですが最終工程のバフがけを省略したもので、その分価格が抑えられています。
だから、使っているうちに肘のあたる部分なんかに艶がでてきちゃいますよね。

最近、マーチンもニトロセルロースラッカー塗装ではなくなったという情報があります。
真偽のほどは明らかではありませんが、アメリカでは環境関係の法律でラッカー塗装はだんだんできなくなってきているようです。
(カリフォルニアは既にダメらしいです)

でもやっぱり楽器の塗装はニトロセルロースラッカーがベストだと思っています。

ちなみに、ヘッドウェイなどはウレタン塗装ですが、薄く塗装すればウレタンでも大丈夫という思想らしいです。
2008/05/01(木) 18:30:23 | URL | こやま #Rr6v148Q[ 編集]
おやおや~、なんだか盛り上がっていますね。こやまさんとここで話する事になるとは思っても居ませんでした!!!今後とも宜しくお願いします。段段自作好きの溜まり場になったりして(笑)

塗装は厚いとどうしても鳴りが押さえられる気がしてしまいますね。最近高級メーカーの廉価版はサテンフィニッシュ多いですけど、鳴りを気にしているのかな?と思っています。
自作の楽器で使用に耐える物が作れたら、すごく可愛いでしょうね~。作って見たいですがやはり塗装が自信ないですね・・・。しかしマンドリンまであるなんてびっくりです。

ちなみに僕はエフェクター内部を50KΩのAカーブのアッテネーターで回路組んだのですが、メーカー品の内部を見て真似したので根拠が判らないんです。200KΩの差がどんな違いになるんだろうか・・・・研究してみます。
ヤマハはボリュームつける方向で頑張ってみます。
2008/05/01(木) 18:32:48 | URL | ゆういち #-[ 編集]
だんだん、話が別のほうに行っているような気がするが..
ゆういち君
>最近高級メーカーの廉価版はサテンフィニッシュ多いですけど、鳴りを気にしているのかな?

この種の話は結構好きなこやまです。

あれ(サテンフィニッシュ)は単なるコストダウンです。
鳴りを考えてのことであれば、上位機種で採用しない理由がわからないよね。

塗装は厚さにばかり気がまわりがちだけど、塗装の材質も重要です。
ウレタンみたいに硬くて丈夫な塗装をしてしまうとギターを硬い幕で覆ってしまうことになり鳴りを抑えてしまいます。
材料の保護という側面ではウレタン塗装は優れていますが、楽器の場合は”柔”で”もろい”ニトロセルロースなどが良いとされています。

アッテネーター回路の抵抗値の件は今度会った時に説明しますよ。
2008/05/01(木) 18:55:46 | URL | こやまひろし #Rr6v148Q[ 編集]
こやまさんもゆういち君もー・・・
おお、スキモノたちの溜まり場でけんけんがくがく、大いに楽しいね。
簡易的な塗装については、基本は鳴りよりも値段の関係だと思います。マーチンのジュニア的モデルはほとんどそうで(僕はこれ好きなんですが)エイジング不足なので解らないけども、音が細い・軽いのは硬くて薄い塗装が関係しているわけなんですねー。ギター自体もものすごく軽く出来ているし。ソロには味気ないけど、これはこれでバンドの中では良いですよ。うーんでもD45を聴いちゃうとなー。もしもってたらバンドの編成が変わるだろうって位のもんですね。
やっぱり、古いバイオリンの塗装技術なんかが理想なんでしょうね。そーいえば、むかしジャンクギターがはげはげになったのでペーパーを掛けて、シーラーをたっぷり塗ったことがあるけど、からからだった音がしっとりして、音量はさがったけどなかなか良かった、という経験がありますよ。
管理の問題もあると思うけど、たるさんのマーチンは本当にもろい塗装で磨耗やクラックが初まっているね。ニトロセルロースラッカーには環境問題がからむのかー。
2008/05/01(木) 23:17:31 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
アコギは 断念しました
がんばっていましたけど
あまりに指がいたくて
弾いていて あまり 楽しくなくて
哀しくなり やめて アコギは 2000円で 
売り払ってしまいました。
弦がかたくて 難しかったです。
2008/05/02(金) 08:22:36 | URL | 夜 #ySrfoSBQ[ 編集]
夜ちゃん
エレキの弦は009くらいを使ってるの?アコギは普通にライトゲージで012くらいだから確かに指にはきついかも。アコギ用で010もあるけれど、もう売ってしまったら遅かったか。サドルを削って微妙に下げるだけで良くなることも多いです。エレキと違って弦高の調整は木工的な根気の作業だからほとんどの人は触らないんだよなー。僕は良くなると思ったらためらわずにぶっ壊して取り替えて、穴も空けちまいますからね。よいギタリストは真似してはいけません。
2008/05/02(金) 19:03:59 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ギター
ギブソンは 値段をかんがえると
一生の憧れで終わりそうです。^^;
ジャクソンのギターは 御茶ノ水
までいって値段をちぇっくしましたけど
傷ありのジャクソンが10万。。。。
え。。。ってかんじで
とっとと帰りました。w
2008/05/05(月) 21:54:14 | URL | 夜 #ySrfoSBQ[ 編集]
夜ちゃん
やっぱりギブソンですか。フェンダーはいま日本や中国で作ってるから安くなってきたけどねー。傷の新品探すよりは僕みたいに中古を修繕したほうがお得だよ。それで僕に預けてくれれば材料費でカスタムギターにしてあげるよ。もしかしたら壊れる・・・かも。
2008/05/05(月) 22:24:15 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。