みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狭山丘陵の北斜面・コンクリートの里山風景です。
 今朝、僕の住むマンションの班長会があった。僕も班長として1年間、戸数10戸ほどの班の回覧板や、自治会費集金の役目を担うのだ。建物の1階に広いキッズ・ルームと小さな和室の会議室があって、今朝は和室のほうで座布団を並べて集まった。16班あるうち、今日集まったのは半分くらい。
工事中2工事中1 ←その和室の窓から見える風景です。まえは針葉樹中心の雑木が植えられ、静かな日陰を作っていた。狭山丘陵の北斜面。
 道の端っこに厚いコケが生え、小渓流の水が染み出して、いつもしっとりした空気を集めてくれていたが・・・いまはごらんの通り、コンクリート固めの工事が進行中である。
 またひとつ、無機質に覆われていく自然の匂い。
 大雨が降ると道路に水があふれ、少しは土砂も流れたけど、こんなに全面的に伐採して、稜線いっぱいまで固めてしまう必要はあるか。しかし、もう半分は完成してしまった。
 町の土建屋さんは良い仕事になったと喜ぶのだろう。そして僕ら住民の美意識とはほぼ正反対に、
「コンクリートを打って綺麗になったね」と言うのだ。
 里山の建材用植林の荒廃で山肌はゆるみ、倒壊や土砂の流出がおきる。そこをその場しのぎに防ぐ砂防ダムもそうだ。なんでもかんでもコンクリートで固めて押えておけば、バランスが取れると信じているのか。
 川もしかり。自然に優しい石や樹脂素材を組むことで、護岸は出来るはずだし、先進国ではその研究も進んでいる。生き物を拒まない、多自然型護岸工法というものも実用化されているのだが、しかし町の土建屋さんは、それじゃあんまり儲からないのでやらないのだ。ここらの渓流はコンクリート三面護岸によってただの水路と化し、棲家をなくして、ホタルもカエルも川エビも、メダカも小鳥も居なくなったよ。
見張りのカリン2見張りのカリン1 そんな景色を窓越しに、水槽の棚の隙間から監視している「カリン姉ちゃん」です。
 「お父ちゃん。いるまがわは大丈夫にゃのか?人間にまかせておくと、下のよい景色もみんな、コンクリートでかたまっちゃうですよ」
 心配だねー。おまえのお友達の鳥さんも虫も、毎年少なくなっているものね。
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
僕が通った25年前の飯能川原はまだきれいで、いつも飛び込みたくなるような風景でした。瀬に釣り糸を流すと(どこかでみたようなフレーズですね)きれいなハヤがよく釣れました。、わくわくして行く前の日は眠れなかったものです。
この前久しぶりにありんこで飯能川原に行きましたが面影を見つけるのが大変でした。昔の名栗川がどんなに綺麗だったかを娘達に説明しましたが、空しくなって止めてしまいました。
2008/04/20(日) 20:21:32 | URL | ゆういち #-[ 編集]
ゆういち君
飯能河原から狭山までと、高麗川が僕の釣り場です。魚は水質汚染とサギの捕食で減っている、と言われているね。寂しい川になったよね。だから僕のハローマイリバーは、もっと上流の渓流の歌です。娘達と河原遊び?良いなあ。昔のことばかりを話すと若い娘にはおじん呼ばわりされるしねー。でもこのへんの地元の人は皆、昔は綺麗で魚が群がっていたと、懐かしそうに話すんだよ。
2008/04/20(日) 20:52:53 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
この河川の問題というのは、本当にしっかり勉強する必要があるなあと思っています。
何がいいのか悪いのか。
とにかく自然を相手にしたときには、
「間違いました。すみません」ではすまない。
温暖化の問題もなにでもそうですけど、あまりにも人間の都合だけしか考えてなくて、
十年先、百年先を考えたとき、本当に大丈夫なのか。
これに対して誰が答えを出し、誰が責任を持つのか。
日本人は責任を持たない。
つい最近きいた言葉です。
2008/04/20(日) 21:41:32 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
行政と土建屋さんの独壇場で、日本のふるさとはどんどん消えて、必要なのかどうか解らない工事ががんがん進んでいるね。ブルドーザーに乗ったサル、という表現もあったでしょう。
まさに未来へ次世代への責任を考えれば、ですよ。自然の復活には破壊した時の何百倍ものエネルギーが費やされる。それで元に戻れば良いけど、やはり儲からないんでしょうねー。
2008/04/20(日) 22:36:12 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
一昨日、ゴア副大統領の「不都合な真実」という映画を見ました。
世界と言うより、地球について、考えさせられましたねー。
でも、ゴアさんのご自宅は広壮なお屋敷で、最先端の電化設備があり、パーティーなどで、上から下までライトが煌々と点いていると、聞いた事があります。
人間は、一般論としてこうすべきであるという時に、「自分も含めて」考える事が、出来難い頭脳構造なんでしょうか?
イイ事言ってんのになーと、心の中で舌打ちを致しました。
「自分さえ良ければ」 日本人は、特に酷いですね。
命であれ、物であれ、消えてしまったものは、二度と返らないのだということを、もっと確りと、胸に刻んで欲しいです。
人間の皆さん、カリンちゃんも、小さな胸を痛めていますよ。自省致しましょう。
2008/04/21(月) 04:09:50 | URL | chako #-[ 編集]
我が家の周辺と似たような光景が広がっていますね。
10年ほど前から始まった大規模な造成で
田んぼも沼もなくなり、絶滅危惧種の草花が
在った川もその姿を変えました。
企業と住民のギリギリの妥協から生まれた
ビオトープは、それなりに緑の多い癒しの空間となり、
移植した貴重な草花も僅かではありますが、
その姿を保っているそうです。
ただ、立ち並ぶ住宅の真ん中に流れる川は
やはりどこか所在無げで…。
どう体裁をつくろっても、一度人が手をつけてしまったものは
決して「自然」には戻らないんですよね。
10年経ってそんなことにようやく気付きました。

昨夜はご丁寧にメールをいただき、ありがとうございました。
2008/04/21(月) 10:54:53 | URL | しろりん #HuTodn/6[ 編集]
chakoさん
ちょっと前まで鶯の合唱の練習が聞けたのだが、テリトリーを保って遠くから歌に参加する子供のホケホケ・・・というへたくそな歌も楽しかった。いまソロで歌ってるみたいで、カリンも寂しいです。
ゴアさんはデータ数値の改ざんが多いらしくて、ちょっと叩かれていますね。日本のリサイクル行政もマスコミの扱いもあいかわらず駄目でしょう。一人一人が意識して、ときには文句を言っていくというのが唯一の方法だねー。とくに日本人はパブリックということに弱いからね。
2008/04/21(月) 12:30:29 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
しろりんさん
田舎ほど実感するでしょ。もう造成工事も護岸も里山を壊すしかないんだもんね。飯能では西武が撤退したあとの蛍の沢を守るためトラスト運動が始まりました。入間も市の借り上げで里山復活と開発の予防線が張られ始めました。ただ動植物は手遅れです。畑も農薬散布で虫達も激減します。ビオトープなんかはあらゆる場所に作って欲しいですね。せめて償いとして、壊した自然をミニチュアとして保存するくらいの優しさを持て、と。これはしろりんさんの裏山日記に刺激されてひとこと言っておこうと書いた記事でした。
2008/04/21(月) 12:39:10 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
最近、東山魁夷さんの絵を見て来て感じました
日本ってちょっと前までこんなに美しい景色が沢山あったんだって…。
今の日本人は身近な場所で季節の移ろいを感じ、自然や景色の美しさに感動したりできる人が減ってきてるんじゃないあな…
そんな風に感じました。
生まれた時から、温暖化、水質汚染、添加物だらけの食品、そして周りにはタワーマンションの山々と大型アウトレット店、パチンコやファーストフード店の並ぶ似たような町ばかり…
これから本当に必要なものは何か…、それをしっかりと見極めて、次の世代に美しい地球環境を残してあげたいですね
2008/04/21(月) 13:35:59 | URL | 黄色の小鳥 #-[ 編集]
黄色の小鳥さん
魁夷は僕も大好きだ。長野の美術館にも行きました。本物は大きくてすごいですね。墨絵も素晴らしかった。修行僧みたいに、落ち着いて緻密にぼかした岩絵の具がとても綺麗。長野に風景を求めて描いているから、日本有数の自然のモチーフを知っていたんだね。ほんの少し前ですよ、人間の暮らしも家や村も日本画の題材になったんだ。もうふるさとは消えてしまうね、本当に日本中が同じようなチェーン展開。人工のプリント柄の家並み。自然はひとつとして同じものを作らないから美しいのですね。
2008/04/21(月) 21:39:01 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。