みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「埼玉県動物愛護管理推進計画」発表・殺処分の半減を約束してくれた
「埼玉県動物愛護管理推進計画」が発表されましたね。4月からの実施だけど、PDFファイルで県のHPに公開されていた。以前の計画(案)と比較してみる。
karinnokansi 去年10月に募集していたパブリックコメントは、個人が260人・ボランティア団体が二つ、一つは僕が出した「いるまねこの会」のものだから、団体名義は少ないのだ。要望の総件数は1,454件だった。おお、これはすごいね。
 注目すべきなのは、
○当初「10年間で3割減を目標」となっていた、犬・ねこの殺処分数が「半減」となったこと。
 18年度の9,118匹を10年間で 4,500匹に減らそうということだ。同じく、センターでの引取り数も、2,702匹から 1,300匹に減らすとしている。
 引取りを減らすというのは、飼えなくなった動物を持ち込んだ飼い主を説得して、飼い続けるように指導することだと思うけど、実はこれ大変なことなのだ。「税金で殺すのは当たり前だ」という人と話しをしなくてはならないし、門前払いになった飼い主が、その子を帰り道に遺棄していかないという保証もないのだからね。
 処分数にはほかにも、負傷したり迷ったりした犬猫の保護件数も含まれているわけだが、これも減少させるというなら、収容期間の延長とシェルターの充実が不可欠だ。そしてその間に里親探し、譲渡会をより多く行うしかないのではないか。
 殺処分数を「減らす」とは、処分されるべき動物を「生かす」ということに他ならない。

 しかし、そのことへの具体的な方法論はあまり示されていないのだ。書き方としては・・・
○ボランティアの協力を得て啓発活動の推進に取り組む。
○動物愛護推進員を500名、アニマルセラピーを150名に増やす。
○マイクロチップの装着の普及推進。
 やはり不妊去勢のための助成金事業について、などにはまったく触れられてはいなかった。これは各市の環境課や自治会に働きかけるしかないのかな。これこそ予算をつけて、トップダウンでやって欲しいことなんだが。たくさんの要望があったはずなのに「計画へのご意見一覧」という項目からも削除されているようなのだ。
[28日の追記(1)]:(myamoさんのコメントを受けて)失礼・削除されてはいませんでした。意見:「地域猫活動の助成基金を設立・・」:1件。「犬猫の不妊去勢手術費用の助成を・・」:51件 。県の回答:「御意見の趣旨を拝聴いたしました。」ということです。5年後の見直しに期待しよう。(わが入間市では各自治会の判断で、衛生自治会費より「オス・メス1匹3,000円」の不妊手術助成金が出る場合があります。)
 ※[28日の追記(2)]:(お狂さんのコメントを受けて)意見の一覧に次のようにありました。
 「アニマルセラピーは、人の福祉に関することなので、それ以上に推進委員や指導センターでのボランティアを広く一般募集して欲しい・・」:1件。これについても参考にするという回答だった。セラピー(AAT)というよりもふれあい(AAA)においてのボランティア募集らしいんだけど、これに150人は良いとして、やっぱり仰るように、その前に「助けるほうのボランティア」を充実させないと話が逆である。
 県としてはこういう、福祉活動的なことのほうが好きみたいで、案策定のはじめから入っていたね。しかし、殺処分や遺棄増加の問題がなんとしても先決であること。福祉や社会教育の問題は、殺処分の減少に伴って自然に充実してくるはずのものだと思う。
 もうひとつ「センターからの譲渡の範囲を個人からボランティア団体に広げる」という項目が県議会の答弁であがったけど、これはいままでトラブルを怖れて実行されていなかった団体への譲渡を再開する、ということらしい。 目標の減少数値を達成したくて、団体への譲渡を押し付けるつもりでないことだけは解った。いずれにしても行政主導で、ボランティア団体の協力を仰ぐ形になって欲しいものだね。
 10年で半減は一歩前進だ。超党派の「埼玉県動物議員連盟」も発足したから期待しよう。議員が動物愛護を叫んでも、あまり選挙の票にはつながらないことも知っている。だからこそ、「愛玩動物の命の尊厳」という大儀の元に頑張って欲しいのだ。
 それでも単純計算でこれから10年間、一気に減って半分としても、最低45,000匹の犬猫が死んでいくんだな。すべてを助けるには、きっと莫大な予算が掛かるだろう。やっぱり、問題の解決には行政への協力と信頼、政治への参加と怠りなき監視が必要なのです。
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
ざっと見たところ、不妊手術助成金関連項目は概ね「御意見の主旨を拝聴致しました」止まりになっていますね。つまりDの「意見を反映出来なかった」ということです。せめて実施段階での参考にして貰いたかったです。殺処分の減少には譲渡活動と共に持ち込み数を減らす事も重要であり、その為にもこの項目には行政自ら力を入れて欲しかったなと感じました。しかしながら現実として一足飛びに状況が改善する訳が無い事も良くわかっており、心情的には「少しづつでもいい、進んでいってくれれば」という想いのみです。「昔はこんな残酷な事が平気で行われていたんだね」そう言える日が一日も早く来ますように。
2008/03/28(金) 00:41:23 | URL | myamo #TRL3c4kQ[ 編集]
myamoさん
まずは一歩からですよね。>昔はこんな残酷な事が平気で行われていたんだね・・・と仰る通り、今だって僕が子供の頃に比べれば意識は高まっているわけで、生まれる端から下水溝に放り込んで殺すような猫飼いは居なくなりました。これもネット・ブログの発達の功だと思っています。myamoさんの指摘を受けて、助成金の件の追記をしましたよ。どうもありがとう。
2008/03/28(金) 11:10:25 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
アニマルセラピーって、どうするのかなあ。
アニマルセラピーをやって動物は殺すものではなく、人間の生活に潤いを与えてくれますよとでも言うのかなあ。
動物愛護推進員の増加はよいのですが、アニマルセラピーをやってほしいという要望が出ていたのかしらん。
2008/03/28(金) 15:25:55 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
これ県の案策定の当初から力を入れていたので気なってました。
動物介在療法(AAT)はAnimal Assisted Therapy=医師などの専門家が治療を目的として行う医療行為。動物介在活動(AAA)はAnimal Assisted activity=ボランティア等が、病院、高齢者施設、児童養護施設などで行う癒し活動。
県は後者を優先した募集をしているね。お狂さんの指摘を受けて、この件も追記をしました。どうもありがとう。
2008/03/28(金) 21:31:00 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/29(土) 00:21:45 | | #[ 編集]
鍵コメさん
わざわざありがとねー。鍵はコメントのプラグインに出ないので、発見が遅れてドキッとします(笑)
2008/03/29(土) 09:38:26 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。