みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫の死を弄ぶ・捏造「ブログお化け」出没(その5・完結編)
 これはうちの「カリン」の・・・恥ずかしいウンチ写真・・・(※写真は今回も使い回しです)yukikarin
 ・・・恥ずかしいのはお前の方だろう、なんて言わないで・・・。これも「S子」さんブログのパロディーなんですから・・・。。。。
 なぜこれほどまでに人を傷つけ、陥れる嘘を重ねてきたのか。そして今も進化し続けるその嘘で、なぜ現実の出会いを期待させ、答えた人の誠実を踏みにじるのか。偽りの相談と要求に奔走してくれた、信じて動いた友人を、なぜ裏切るのか。
 本人でなければ解らない、深層のその訳を知りたかった。そしてここまで暴露されたからには、もうこれ以上の偽りを重ねることには、なんの意味もないということを解かって欲しかった。願わくは、どうかもうサイトを閉じ、今の自分を見つめて静かに暮らしていただきたい。・・・それと、いま表ブログをはなれmixiのコミュでやっていること、名指しでの個人攻撃・脅迫・ターゲット両者へ違う嘘をついて敵対させること。それに伴う金品にからんだ詐欺行為、これらはすでに犯罪ですよ。一歩間違えば傷害事件にまで発展する危険性を秘めています。それも今すぐに、どうか止めていただきたい。これは被害を受けた「ネット恋愛ブログ」のほうで検証され、やがて白日の下に晒されるだろう。
 しかし「S子」さん、あなたは厄介な人間をターゲットにしてしまったね。僕は自分にはだらしがないが、友人に対してはどこまでも誠実でありたいと願い、理不尽なことにはすぐ切れる男なのだ。僕個人を攻撃対象にしていれば良かったものを、まわりの弱い女性を槍玉に挙げて、たくさんの嘘を付き彼女たちを貶めたね。僕の所属するねこの会に対しても、でたらめな嘘を書き名誉を毀損した。何よりも、泣き寝入りした大切な友人たちへのひどい仕打ち。僕が黙って引き下がるわけがないのだ。

[17日の追記]:その人に、反省や沈思黙考の習慣がない場合には、神経を逆なでした上で無視しましょう。
逆切れ、逆恨みで動き出したようですが、人様に迷惑をかけるのはお止めなさい。
反論はここでしなさいと言ってるじゃありませんか。
※検索用 キーワードその1 浅葱 詐欺 キーワードその2 浅葱 虐待

[25日の追記]:嘘捏造被害検証ブログ「野良猫騒動の舞台裏」が公開されました。

 出会った当初の、猫の保護に関する相談や近況報告で、普通に通信していたあなたはどこへ逝ってしまったんだろう。・・・あの頃、この僕のブログには、あなたからの異常に連続されるコメントや、過激な人間批判が続いたね。「この人はどこかおかしい・・・」と感じた僕は、あなたを冷くあしらい、遠ざけた。コメントへのレスポンスも投げやりになった。これがあなたを傷付けたなら謝ろう。いろいろな場面で、同じような心痛を味わい、人を信じることを止めてしまったのかもしれないからね。不安定な状態を理解せず、孤立した心を逆撫でしたかもしれない。気配として感じた恐怖感に、僕はうまく対応することができなかったのです。ブログを始めたばかりだったしね。
 しかし今は、僕も少し成長した。あなたも今の自分が嫌で、もうすべて投げ出してしまいたいと思う時があるなら、ここへ来て僕らと一緒に泣きましょう。・・・あなたの悲しい人格を心理学的に考察し、擁護してくれる人も居るのです。あなたの苦しみを取り除き、あなたを守りたい人も居るのです。この人は、みずからも心の障害をかかえ、それでも誠実に生きることを諦めない、真剣勝負の人なのだ。こんなことを書くと、またあなたは以前のように「ふざけるな!」「許さない!」と言うのだろうか。
 結果としてかけがえのない友人を得、汚名を返上した上は、もう憎しみなどありません。謝罪なども必要ありません。あなたのさらなる反撃に合い、このブログを破壊・炎上され、ネットの世界から消える日が来ようともね・・・。
 しかしまあ、ずいぶん長い報告と糾弾の記事を書いてきました。友人たちに曳航され、かなりの沖合いまで来てしまった。小さな舟は転覆もせず、イージス艦にも衝突せず、どうにか無事に終われそうです。これでひとまず完結して、言いだしっぺの一定の責任を果たし「ブログお化け退治」は再び水面下に潜ませようと思う。舌鋒鋭くもなく、ときどき怒り狂いながら長々と書いたグダグダの文章は今日も続きます。お付き合い下さった皆様は、お疲れでしょうね。どうもありがとうございました。
 また、全面的な協力を得てともに闘い、友情を育んだ友人・同志の皆さんに、重ねて御礼を申し上げます。・・・ありがとう、感謝します。 
さあ、ここからは、再び僕の反撃です。僕はしつこいのだ!
 ○肖像権を無視して他人(美人)の写メをばら撒き、ひた隠しにしていた自分の素顔・・・。ある日、自分のブログにアップした猫写真の、バックのガラスに写っていたのを気付かずに、これを世界中に本人みずから発信してしまった。「相撲の力士」かと見まがう(女性の容姿を揶揄してはなりません!とおKさんからお叱りを受けている・・・)その写真は、今まで泣き寝入りしてきた被害者たちの共通の恥ずかしい秘法となったのだ。
 「S子」さんたらこれに気付いて、あわてて差し替えたのが今日のトップ画像、なんと自分の飼い猫の「ウンチ写真」だったというわけです。
 ○友人を代表して、僕と二人で共同戦線を組み、ネガティブ・キャンペーンを張っているlakiss君。彼のところに明け方入ったという「S子」の痴情コメント3連発。40代後半の大人の女性の書くこととは思えませんが?
>「今からお風呂です。想像しちゃだめですよ」
>「ら○さんちょっとだけヤキモチやいてくれると嬉しいな」
>「お願い、一言でいいの。そしたら諦めるから、お願い電話して (* ̄・ ̄)ちゅ♪」
 〇前回紹介した公園猫の「虐殺捏造記事」の後日には、ちょっと怒りの「ポエムもどき」を書いている。

【昨日 小さな命が 虹の橋へと旅立ちました
泣いて 泣いて けれど  涙は まだ かれません
理由のない 暴力で  奪われた 命
許さない  許さない   許さない…!

ある人が いったことば  動物愛護とは この世の中を 良くするための 
とっかかりだと  ふざけるな ふざけるな!
いったい どれくらいの命を亡くしたら  わかるのか
傲慢な 人間たち   醜悪な 人間たち】
(前略・中略・後略※悪意の切り貼りではありません。読むに耐えないので割愛しているのです。思わせぶりで臭い無意味な改行も縮めてあります)

 〇僕らは、アメリカの発達心理学者「アシオーン博士」の論をひいて、動物愛護と人間社会、なんてことについて話し合っていた。そのブログ間の通信に反応したものらしい。
 たしかに僕は「動物が可哀想だという視点よりも、このまま虐待を放置すれば人間社会がだめになる。だから糾弾する。動物愛護とはある側面、人間向上のための一段階なのだ。」というアシオーン博士の論旨の支持者である。・・・「S子」は人間にはすぐに、ふざけるな、許さない、(2ちゃんねるでは)殺してやる、などと言うが、その卑しい心根で動物だけを異常に偏愛するのは「動物愛誤」といって、時代錯誤の偽善的な論法だということを、そろそろ学習して欲しい。そうでないと、あの捏造「HARU事件」も結局は、自分の相容れない人間を罵倒し、優位に立つための姑息な手段でしかなかった、ということになってしまうよ。
  ○2ちゃんねるスレッドでどんなことが書き込まれているか。なかには「2ちゃんルール」にのっとった、ひどい言い方をわざわざ作って書いている人もいるが、決して本人もそうだというわけではない。次の文章は僕が書き込んだ普通の文体のレスポンスである。自分のものだからそのまま引用してしまおう。僕の友人「Ntさん」が、皆なで話し合いながら、野良の子猫を保護していたことに嫉妬した「S子」の「理不尽な正義」という嘘ばかりのブログ記事を糾弾したものです。

【『これは諸刃の剣となってご自分に突きつけられる言葉です』と
わたくしコメを入れました。なぜなら、
※埼玉の猫ブログが、避妊しない餌やりを皆で虐めている、と嘘を書いた。
(餌やりさんが手術しないなら、行政で補助金が出ないものかと相談してただけ)
※埼玉の男性ボラが、その餌やりの家に乗り込んで脅した、と嘘を書いた。
(ボラさんは女性で、餌やりには会ったことなど無い)
※自分(浅葱)が保護するからその場所を教えろと噛み付き、
あなたたちを絶対許さない、と恫喝した。
(野良の捕獲や保護などしたことも無いのによく言いますね)
※その記事の内容は、関わっていた猫ブログ管理人のメールを
一部分だけ引用し、無断で公開した。
(そのメールは差出人から転送して貰って保存してある。親切で丁寧なメールだ)
※なぜメールしたかというと、その関連ブログに浅葱からの口汚い
ののしりのコメが入り、数時間後に浅葱みずから削除したから。
状況を説明し誤解を解くためのメールでした。
それからすぐに皆なで2匹を捕獲、手術してボラさんが保護。
里親募集、とみごとに解決したのに・・・
(注:この解決を知っているにもかかわらず、それにはまったく触れずに)
>結果はみなさんご存じのとおりです。
わたくしのような愛護とは無関係の一般人からしてみても、
無責任としかいいようのない終わり方でした。
猫たちはどうなったのでしょうか。浅葱はまた自分を責めました。<
っていう嘘をまた書いている。
コレだけ読んだ人は、ひどいボラと戦う健気な浅葱、って思うんだろうか。
○○子や〇君みたいに、ころっと騙されるんだろうか。
いや、そうじゃない!ちゃんと見抜いている人が居て、いまここに集まっているわけだ。
「援軍千騎を得る」頼もしいです。】

 〇なにが>みなさんご存じのとおり・・・なのだろう。僕らは「Ntさん」が頑張っていたことこそをご存知なのだ。
なにが>無責任としかいいようのない終わり方でした・・・なのだろう。この猫たちは責任を持って立派に保護されたではないか。
 どうです?全く逆のことを、こうして巧みに、読者を誘導しながら欺くのです。

 〇「Ntさん」の旧ブログには、この事件の反論とてん末記が、堂々とした筆致で書かれている。そのせいか、たまに送信者不明の「罵りコメント」が入るらしいのだ。気味悪がって消してしまっているのでIP特定ができないが、そんなことをするのは本人以外にはいないと思うけど、どうだろう?
  〇前回の記事にも書いた、コメントやメールで悪口を書かれたと言って訪問者の同情を誘い、自分擁護の反論コメントを誘導して罵倒する手口。
 このコメントを寄せた人は、もう真実に気付いて「S子」と決別したから恨みはない。ただ、いち女性ブロッガーにこういうことを書かせる、嘘の手口というものが存在することを知って欲しいのだ。
 これは友人「おKさん」が猫エイズ・キャリアの考察記事をブログに書き、その後に「うちの猫はエイズだ」と言っていた「S子」を心配して、当時のブログに足跡を残した時のもの。足跡リンクをクリックして「おKさん」の記事を見た「S子」は、「普通の家庭でストレスなく飼ってあげれば・・・」という部分に食いついた。それを「普通の家庭でない自分への当て付けだ!」と思い込み、被害妄想に陥って噛み付いたのだ。・・・その記事への、訪問者の同情コメントがこれである。
 「おKさん」は足跡を残しただけで、コメントなど書いてはいないにもかかわらず・・・

【不愉快なコメントを残している鬼畜よ、ここにくるな!
愛を知らない 誰にも愛されない鬼畜は、ここにきて覗く権利はないんだから!
お前は 人を傷つけて 楽しんでいるつもりなのか? 可哀相に・・・哀れだ。。。
だれにも愛されないで、さ迷ってるだけの抜け殻人間なんだな!?
誰も相手にしないから、もう来るなよ・・・ あんたなんかに 怒りすら沸かないよ。
2007-05-17 Thu 19:09 | URL | 〇〇〇子 #fQE70zoc[ 編集] 】

 〇どうです?騙されているとは言えすさまじいでしょう。なにも確かめず、事実を知らず考えず、文章の読解能力もない。こんな人が当時のブログにはたくさんくっついて、自分達こそ正義だと信じ、吠えていたのだ。
 〇最後にオマケを一つ入れてこのシリーズを終わりにしよう。。。先ほど「おKさん」に噛み付いた、猫エイズ・キャリアの子についての記述である。

【07/05/14 13:59入院
浅葱のちゃあくんが、今朝、入院した。急性腎不全末期、肝不全、重度の脱水、黄疸そして伝染性腹膜炎エイズ発症…。ドクターは『このままなら、もって3日。でも、ここ2?3日・・・
野良みゃんの独り言】

 〇飼い猫がここまでの病気になっていて、死の直前まで気が付かないとは・・・。こうなるまでには、明らかなひどい症状がたくさん出ていたはずなのだ。これを無視していたのなら、血も涙もない飼い主だね。

【07/05/12 16:12薫る朝
5月の薫る 風懸命にただ 懸命に生きる 命きみの 明日を 。。。約束したい。。。 
★☆★☆★☆★↑貴方の1クリックを↑★☆★☆★☆★☆★☆★
野良みゃんの独り言】

 ○今は亡き(事実確認できず)この猫の瀕死のときも、この人にとってはやっぱり・・・アクセス・アップのネタに過ぎないのだった。

3月の僕の この「ブログお化け」の 糾弾シリーズの 明日を 。。。約束したい。。。
★☆★☆★☆★↑皆さんの1リンクを↑★☆★☆★☆★☆★☆★ 

 ○この可哀想な猫「ちゃあ君」の病気も、どうか嘘であって欲しいと
今も僕らは、どんなに願うかわかりません。
 ○追伸:この直後「浅葱=S子」は死にました。僕が最初の「ブログお化け」記事を書いたころから急に体調不良となり、倒れて無菌室に入院していた結果だと言う。難病を持ちながら頑張りすぎたので、最後は拒食となって急激に衰弱した。しかし、最近では「自殺した」と、なぜか死因が変わっているね??それにブログにも元気な写真が出たじゃないか。嘘のつじつまが合わず都合が悪くなって、自分で自分を殺してしまったのだろうか。
 こうして仮名「S子」=浅葱=いずみ=みゃん=あいこ=mixiではsakura=「?●●子?」は、今もどこかで人を騙し、騙された人を見下し、ほくそえんでいるのかもしれない。
 「S子」さん、ここまで読んでくれているのなら、もう良いでしょう。嘘を暴かれて悔しいのなら、僕のこの記事に直接反論をして下さい。そしてもう、嘘で善意の人たちを欺くことを辞め、mixiで騒ぐことを辞め、心穏やかに暮らしたらどうだろう。
2008年3月14日 みゆき
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
みゆきさん、こんにちは。
一度書いたコメントが消えてしまって悔しいです。
今回も素晴らしい記事ですが、冒頭のカリンちゃんの同じく素晴らしく器用な用足しにしばし唖然・・・。こちらに話題をさらわれませんように。笑。

一年前までは、注目捏造記事作り、他のブロガーにいちゃもんつけ、クレーマーなどネットの世界で遊んでいたSさん、一年後にはブログを消し証拠隠滅をはかりながら、水面下では犯罪ギリギリまでエスカレート、ストーカーもどきとなってしまっている。
では、人とは上手くつきあえないけど、動物への愛は本物かと言うと、愛猫がこんな状態になってまで気がつかないものなのか?それさえ、ブログのネタなのか?嘆かわしい。
自己管理はおろか、猫の管理さえ出来ないのに、よそ様の愛護に噛み付いていたのか。恥ずかしい。
現実には、この方は階段、ベランダに猫の置き餌をし、猫置き去りで引越しをされています。
しかも、現在某トラコミュの管理人さん。またその中でも、脅迫、扇動がはじまるのか。
と、本人が改心しない限り、同じ事の繰り返しできりが無いと予測されますが、皆さんは些細な証拠でも気味悪がらずに取っておく事をお奨めします。
みゆきさん、ご友人さん、本当にご苦労様でした。微力ですが、いつでもお力になりたいと思います。


2008/03/14(金) 16:18:16 | URL | 「猫大好き!」としときます。【笑】 #-[ 編集]
「猫大好き!」様、頼もしいお言葉ありがとうございます。
管理人に代わってお礼申し上げます。
って、代わらなくていいって!!
私が今でも思い出すのは、この事件が始まった直後というか、始まる直前でしょうか。
みゆきさんのブログで、この方が「私は人間より動物の方が大切だ」と言っていたと思うんです。
動物だったか、猫だったか。
そしたら、すぐどなたかが、「人間と動物のいのちと比べられないと思うのですが」みたいなコメントが書き込まれて、
私は「バランスとしてはそちらの感覚の方がいいよなあ」と思ったのです。
その後、私のブログで怒って書き込まれておりましたが、
この方がねこつかいさん関係のえさやりおばさんとの一件を怒っておられるのは、
猫のことが心配で、私たちのやり方が手ぬるいと思っていらっしゃるのだろうと思っていたのですね。活動そのものが極端に走る方なのだろうと思っていたのです。
その方は私のメールに対して、「では私が保護するから、あなたがたは手を引いてください」と言われましたが、
「ここまでいろいろとやっていらっしゃる方がいるのに、手を引いてくださいなんていえるわけないでしょうが」と思いましたけど、もう何も言いませんでした。
私が驚いたのは、その部分をご自分のブログにお書きになって、
「私が保護するといったけど、その人(私です)は何も言ってきません」と書いておられました。
その記事も半分、嘘がありましたけど、その記事にたいして、
「浅葱さん、よく言われました」とコメントを書き込まれていらっしゃる方がおられて、
なんか唖然としたんですね。
「どうして煽るかな」と思ったんです。
もっとも、中には私のブログに来られて記事を読んで、
「猫は大丈夫みたいだし、そんなにおこることでもないのでは?」と書き込まれた方がいらっしゃいました。
中にはそういう公平な目でご覧になられる方もいらっしゃいましたが、
次第に、浅葱信者みたいな方のコメントばかり見られるようになって、
正直、普通のブログじゃないぞ、ここはと思っておりました。
感情的なブログを読んでおもしろがっているというのでしょうか。
みゆきさんでも、意図はわかっていますが、「そういう書き方はブログではまずいぞ」と思うようなことを書かれることがありますが、
私が指摘すると「あ、まずかったよな」ということをおっしゃいます。
それが正常なブログだと思うんですね。
ブログは集っている人たちが感情の叩き付け合いをする場所じゃないですし、
バランス感覚のある人が集っていれば、そうやって自浄作用がおこるんですね。
みゆきさんも私のブログで、「言葉のことで、喧嘩しない」と書き込んで、険悪なムードになりそうなコメント欄を救ってくださったことがありましたしね。
そういうつもりで書いていないことはわかっているけど、ほおっておいたら荒れる可能性があるから、一言書き込んでおこうと思うのがご贔屓様の親心だと思うんです。
それがないブログというのは、なんともはや、読んでいて常識というより、良識を疑います。
話はもとにもどって、それでも猫のためを考えていらっしゃるのなら、「お狂のやり方では猫が救えない」とお怒りになるのはわかりますが、
検証によりますと、なんか猫さんのことは二の次らしい、みたいな。
本当に猫さんのことは、どうでもいい方なんでしょうか?
私のブログに怒りをぶちまけていたのは、猫さんのことを心配したからではなかったのですか?
お尋ねできるものなら、この方にお尋ねしたい。
2008/03/14(金) 17:45:43 | URL | お狂 #-[ 編集]
私は、4匹の子猫の保護についてお狂さんと話す、少し前に浅葱のことを知りました。
攻撃的な書き方をする人だなあ。。。と思ったことがありました。
そして4匹の子猫の保護などについてお狂さんと話していたら、いきなり、本当に!いきなり激怒しはじめたんです。。。
「私が代わりに保護する!」と息巻いたのに、その後、具体的に場所とかの問い合わせもなく、なんだったんだろうなあ。。。って感じでした。
でも、私の知らない所で悪事は始まっていたのでしたねえ。。。。。

私は、この人のおかげで、別の人から面と向かって叱責され、訴えてやるとまで言われたんです。
私は自分が何で叱責されているのか、何について訴えられるのかも解らなかったんです。
本当に酷い話しでしたよ。。。

今、あの人がみなさんから責められても、私はとても同情する気持ちにはなれないんです。

2008/03/14(金) 19:01:28 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
まずはみゆきさん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
みゆきさんの「お化けブログ」の記事に出会えなければ、あのまま「嫌な思いしちゃったな」
「みんなに迷惑かけちゃったな」と今でもクヨクヨしていたと思います。
お狂さんの仰る「自浄作用」が確かにあの数々のブログでは働いていませんでした。
変化に気づき問いかければ=「攻撃」リンク削除、下手すればHNや個人メール公開の晒し上げでは、みな口をつぐみ、去っていくしかなかったですから。
けれど、不本意ながらS子さんに関わるようになり一番驚いたのは、同調し、見えない相手に向かって牙をむいたゲストの方々の言葉でした。
もちろんそうしむけたのはS子さんの巧さでしょうが…。
けれど目に余る表現があふれていたことは事実です。中でも「コメントの内容なんて読むのは半分、嫌なものはさくっと削除」と、当時嫌がらせコメに悩んでいた(嘘ですが)S子さんを励ました?
コメには、弱小ブロガーの自分といえどもなんとも悲しくなったものです。
S子さんは、いくつもブログを開設しては閉鎖を繰り返していますが、開設の折には必ずメールなり
コメント欄なりでお知らせするようです。なにしろ昔から営業熱心。
ですから、当時さまざまなコメントを残して親しかった方々は今回のみゆきさん、lakissさんの記事の
ことも御存知で、お読みになっていると思います。
突然S子さんの擁護を止めて去ってしまった方や、おそらく異常性に気づいていたのに擁護し続けて
いた方…その時なにがあったのか・起きていたのかをお話いただけたら、またひとつ違った方向から
警鐘を鳴らすことができると思います。
2008/03/14(金) 19:06:25 | URL | 名無しさん@猫がいっぱい #YXRMHSGU[ 編集]
「猫大好き!」としときます。【笑】さん
>みゆきさん、ご友人さん、本当にご苦労様でした。って、なにをしらばっくれているの(笑)縦横無尽に嘘の検証フィールドを駆け抜けもっとも重要なキーマンであった、「猫大好き!」さんこそお疲れ様でした。といってもまだ終わったわけではないですね。1年経って、1年前の疑惑が証明されたということです。これからまだ被害者が出るはずです。そして今も騙しと詐欺の計画は着々と進んでいるようだ。僕ら検証チームもまだまだ気が抜けないと言うことだね。mixiの監視をお願いしますよ。僕は光栄なことに、嫌われてアク禁だからねー。
2008/03/14(金) 20:48:09 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
お狂さん
そうだ。お狂さんのメールを晒して攻撃したことがすべての反論と検証の始まりだったね。この事件で気配に過ぎなかったこの人の異常性が、はっきりと解ったんです。ブログお化けを書いたのはその直後だ。なにも責めたり攻撃したわけでもない、いきなりの逆切れ。僕は嫉妬だと思ってる。妄想性や境界性と言われる人格障害だと、夜ちゃんが教えてくれたけど、病気でどうのと言う理由で擁護するにはしつこすぎたね。のちにも綿密に計画されコメントする訪問者を操っている。自浄ができないなんて域は超えてました。暴徒となり見えない相手をバッシングすることに快感すら覚えていたはずだ。低劣なブロッガーの掃き溜めだったね。
2008/03/14(金) 20:55:42 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ねこつかいさん
この人に憤りを感じるのはねこつかいさんが一番じゃないかな?皆んな泣き寝入りして悔しかったけど、そのためにほかの人からも信頼を失い罵倒されたんだもの。こういう嘘は嘘つきの思う以上に効果的だということ。許せんな。このシリーズを書き始めてからメールや鍵※でS子擁護論が出てきてる。一理あるけども、僕ももう憎まないけども、絶対に許しちゃだめだね。再犯するに決まっているからです。泣き寝入りした僕らにしか解らないかもしれないな。ここで初めて読んだ人は、そこまで追い詰めなくても・・・と思うようだけど。
2008/03/14(金) 21:07:11 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
名無しさん@猫がいっぱい さん
この事件の、ただ一つ良かったことですね。新しい友人を得たこと。S子にはこれはありえないでしょう。当時は取り巻きでくっついてバッシングを楽しんでいた恥ブロッガーめ!いまじゃあ逃げ出して近寄りもしない。自分のしたことの醜さに思い出したくもないのかね。善良な猫ブログの管理人達は優しさと正義感から捏造記事をリンクし宣揚してしまった。でもこれは恥ではありません。緊急を要し検証の暇さえない危機的な内容をえらんで捏造するなんて、まさに確信犯であり極悪ですよ。だから1年も掛かってしまったわけだ。しかし嘘は絶対にばれますね。この記録がそのことの証明としてこれからブログを始める人たちに残せればそれで良いのです。
2008/03/14(金) 21:21:07 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
僕のブログと、こちら。それから、
とある板を読み比べた方がいます。
擁護する訳ではないけれど、と前置きした後、
それでもと思う方も未だいるんですよ。

詳細な事情を知らなかったり、
被害に遭ってない方は、
どこかで違うと思いたい心理が働くようで。

逆に言えば、いかにこの方が
世の中の常識から逸脱しているかという
答えにもなっていますけどね。
2008/03/15(土) 02:19:46 | URL | lakiss #-[ 編集]
lakiss君
OK!おそらくその同じ方、うちにも来てくださいました。こういう方があらたな被害者となる可能性があるんだよね。気を付けて下さい、とメールを送りました。でもこの方は全てを理解しているよ。ただS子さんの再犯や、教え諭しても聞く耳を持たないということを知らないだけなんです。うまく説明できれば良いんだけど、そうでなければ被害者か敵になるかもしれない。そう、あまりにも常識はずれなのでにわかには信じられない、てことですよ。ともに考えてくれる大切な人です。僕は誠意をつくして対応していきます。
2008/03/15(土) 08:54:19 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
うーむ。。。
お久しぶりです。
なにやら、仕事と私事が忙しくてなかなか現れられませんでした。。。

と、しばらく振りに来て見れば結構なことになっていたようで。
こういう輩は俺も好きではない質なので手助けしたかったのですが、既に沈静化のようなので遅かったですね(^^;

かつて、ブログがまだここまで一般化してない頃にチャットでこういう感じの人がいましたよ。
自作自演で何人も演じて注目を浴びたがる。
でも、なんだかんだでそういう人ってのはすぐボロを出すんですよね。
とある文字の使い方が同じとか句読点の癖が同じとか、いろいろ。
ふと、思い出しましたよ。
結局こういう人は完璧に出来ないんですね。

ともあれ、共通していることは人付き合いが下手だってことなんでしょう。
そしてコンプレックスしかないような人。
だけど自分は物語の主人公になりたいと願っている人。

仮に俺がそうだとしても自分に興味を引くためだけに、ここまでする気持ちはわかんないと思いますけどね。
2008/03/24(月) 15:24:28 | URL | 日影なす #94n6a33E[ 編集]
日影なすさん
なすさんのように永いことネットしている人は、皆さんS子的人物に遭遇しているみたいですね。こやつは今またHNを変えて猫専門のSNSで嘘ばかりついているみたいですよ。実際に恐喝や金品詐欺にまで発展しているために、こちらは一同で警戒態勢を解いていません。まだ沈静化にはいたらず、日々動いております。調査によって、ネット上のトラブルを超えた異常な人格が見えてきました。稀代の嘘つきで心のない悪党です。なすさん、お時間のあるときにはぜひ、この「お化け退治」に参加してください。
2008/03/24(月) 16:16:15 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。