みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物を助ける人(付録:正体を現した嘘つきの顛末・その1)
osiire3(眠れない飼い主の行動を監視する黒猫ムーン。押入れは彼の秘密基地であり、室内飼いの鬱屈を感じさせない立派なテリトリーである。「お父ちゃん、寝ないんなら遊んでくれよな。写真撮ってんじゃねーよ!」)・・・・・
・・・・・動物を愛しはぐくむ事は、今の時代ではその個体が子孫を増やさぬようにコントロールしてやることだよね。生き物の本能と使命である繁殖行為に首を突っ込む人間たちだ。ひとつにはこれをビジネスとして増やし、売りさばくことでなりわいを立てる人がいる。また一方では繁殖を制止し、これらの動物を保護することに、私財を投げ打つ人がいる。ここでは、どちらの善悪を問うものではないよ。
 ただ、「儲ける人」と「損をする人」の関係だけは明確にしておこう。
 簡潔に言おう。商売人とボランティアの差だ。すべての動物の命の数と、飼い主の割合が崩れ、破綻しているのが現代の愛玩動物事情だろう。需要のない命は都市や公園に打ち捨てられ、あるいは法律に守られた行政施設で殺される。このいずれかだね。
 捨てないように、殺さないように、手を伸ばし叫ぶ善意の人たちがいる一方で、動物問題を「経済の採算」に置き換え「在庫処分」するのがペットショップです。「苦情処理」に置き換え「環境衛生上必要な駆除」として実行するのが行政です。いまのシステムでは、助けると損をするからだよ。
asiire1(真夜中の廊下で2匹だけの会議を召集した茶トラのカリン。互いに捨て猫としてここで出会い、姉と弟のように育った仲である。「今夜の議題は、新しくなったシーバのミルク入りカリカリについてです!」)・・・・・
・・・・・テレビの動物バラエティーで、人気のスコティッシュやメインクーンに「可愛い!」と叫ぶ女性タレントも、同番組の特集で、日向ぼっこしながら餌を貰う離島の野良猫を「ほのぼのしているね。。。」と評価するナレーターも、「崖っぷち犬」に群がり、抽選会に踊った一過性の「にわか犬助け」たちも。愛玩、伴侶としての動物の生きる権利が、本質のところでなにも考えられてはいないことに、もういいかげん気付いて欲しいのだけどな。マスコミも視聴者も・・・動物は嫌いだと言う人たちにも・・・。 

 ネットの情報網の中で、動物保護を叫ぶ人がいる。その人は売名でも個の利益のためでもなく、ただ命のために叫ぶのだ。「ここに殺される命がある、誰か助けて!」と。
 時の人となり不似合いなお金を掴んでおかしくなる人のことは、ここでは放っておこう。
 優しさから、最初はおそるおそる事実を訴える人、やがて嘆願署名や物資の支援をお願いし、現場で保護に携わる友人の声を紹介していく人のことだ。ネット上では、賛同の波がおこり、サイトへのアクセスが桁違いに跳ね上がる。そして、本人の思いとはかけ離れたところにまで、影響力が増していく。ヒーローの座なんか望んではいない。関係各所との対決などもしたくはない。ただ一つの命が救えれば、それで良いのだ。その純粋な動機と情熱が貫かれている限り、ネットの仲間達は君を応援します。自分にもなにか出来ることはないかと、迷いなく、僕らは君を信じています。
 しかし、この善意を利用し、嘘をついてブログへのアクセスを集めようとした悪人がいるのだ。名前を「S子」という。ハンドルネームを何度も変えて人格を偽り、保護しようとした猫の虐待致死事件や、なんと自分本人の死亡記事まで捏造して同情を集め、哀悼の意を踏みにじり、すべてを確信犯的に宣伝し、人を惑わす虚偽のストーリーを仕組んだ。
 このことに異を唱えるため、去年の3月13日に、僕は「ブログお化け」出没 と題した記事を書いた。長くてぐだぐだな文章を読む趣味がある方は、どうぞクリックして記事の後半を読んで欲しい。

では、この記事も長くなりそうなので次回に続きます。S子さんが楽しみにしているはずだからね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
時の経つのは早いですねえ。。。。。
もう、1年。。。
大変でしたよねえ~~
見知らぬ人から攻撃されて、言い返したくても何もできず、何も言えず。
その上、これまた見知らぬ、真実を知らない人達から、極悪人のように叩かれましたもんね。。!

犬猫にやさしくて愛護活動もいいけれど、人間にも優しくしてくださいよ。。と思うことも多々ありました。。。。

カリンちゃんとムーンちゃん、深夜の猫会議ですか♪♪
猫嫌いの人が見れば、不気味に見えるのかもしれないこの姿、私たちは、ついついニコニコしながら、そっと盗み聞きしたい気分になっちゃいますね。。。♪
今日の議題は「シーバのミルク入りカリカリ」かぁ~~~
カリンちゃん、ムーンちゃん、カリカリ気に入ったの?
2008/03/08(土) 09:46:26 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
ねこつかいさん
小さい頃から2匹ともミルクカリカリ大好きだよ。まぐろだけのヤツね。人間の食事は一切あげなかったので、今も手作りの猫ご飯は食べてくれない。ねこつかいさんちの夜の会議は出席猫が多くて議長は大変だろうなー。
これから反転攻勢、一気に正義の反論を展開していきますよ。それに個の人は犬猫に優しくもなく、保護活動もしていない。嘘なんだよ。だからこそ、ねこつかいさんの行動に嫉妬して攻撃するんです。仲間もいっぱい増えましたからね。コメントで援護射撃してくださいね。
2008/03/08(土) 10:28:32 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。