みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレコ・ギターファンの方どうぞ・団塊世代、いやビートルズジェネレーションですね?
 何回か動物関係のことが続いた。命のことや虐待について・・・怒ってばかりで疲れるし、ブログを開くのが辛くなるからね。楽しみなことを書こうと思う。今日はプアマンズギター自慢の4回目です。
 「おお、懐かしい」なんて言わないでよ。グレコは今もジャパニーズ・ビンテージギターの雄であります。昨今は名工ZEMAITIS(ゼマティス)とのライセンス契約を取って、さらに素晴らしいギターを作っている。綺麗でカッコよくて、絶対欲しくなるギターです。田舎ではなかなか楽器屋になくて、本物にはまだ出会っていない。
grecorogogrecooldrogo このGrecoのロゴは、左が洗練された今のもの。右は1971年から74年限定のもの。新しく見積もっても34年前の製作というわけだ。手に入れた当時はこれを知らなくて「グネコか?」なんて言って、馬鹿にしていたのだった。・・・無知でごめんね。

grecost.head じつはこの時期の上級モデルはコピーでありながら、本家フェンダー・アメリカのギターに勝るとも劣らぬ評価を受け、高値で取引されている、らしい。というわけですから、今では自慢のギターであります。(現金なやつでしょ?)
 このグネコ・ギターを僕は3本、いつのまにか持っていた。そんなに高いものじゃないが、前に←「ギター自慢(2)」で紹介したストラト・キャスターモデルもそう。重たいボディーでサスティーンの効いた生音。5点セレクターとディマジオのハムバッキングPUに改造してある。

greco3greco4 ←こいつも「Gneco」いや「Greco」だよ。フェンダー・プレシジョンベースのコピーだ。でもちゃんと重いプレシジョンの音がして、アレンビックの良いやつを持っている友達がラウドなセッションをするときに借りに来るほどである。
 これもそろそろ、イクイップメントを交換してやらないとノイズが出始めている。ボリューム・ポットやジャック部分はそれほど高価じゃないから、ピックアップ以外の改造や部品交換は安くてとても楽しみな作業なのだ。磨いたり撫でたり、ストラップをいろいろ変えたりするのも楽しいね・・・
 そう、ここでは弾くほうの話はしないのだ。

greco1greco2 ←こいつがお気に入りのリッケンバッカー・モデル。コピーというよりも、もどきである。木部のみで金属部品のない状態で、捨てるというのを貰ってきて、純正部品をマウントした。本体が微妙にリッケンバッカー仕様じゃないところがあって、デザイン的には独自のものになってしまったのだが・・・でも音はカリッとサクっと、中身はふっくらな大好きな音だ。初期ビートルズの曲のリズム・ギター、だと思ってください。デモ・テープなんかをちょっと作るときはダイレクトでMTRのラインに突っ込んじゃうのだけど、ちゃんと暖かい音が録れるから嬉しいのである。

 ・・・これらのギターには1本1本手に入れたときの物語があるのだが、この話は長くなるよ。話の長いオヤジは嫌いですか?じゃあ、それはまた今度です。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
グレコ好きは多いですね
ギター自慢待ってました!
ゼマティスのライセンスで作り始めたときは驚きました。まさかまさかでしたからね。外国でも評価高くて(むしろ海外の方が)プロがたくさん使ってますよね。僕も弾いたことないんですが…。2年位前に神田のゼマティスミュージアムに行きましたがゼマティス沢山で(当たり前ですが)圧巻でした。
先輩も30年前に買ったグレコのストラト使っていましたが太い音で鳴っていましたね。新品で買ったアメスタと比べるとアメスタが音が軽く感じる貫禄の一本でした。
僕的にはリッケンバッカのもどきを弾いてみたいなと思いました。なんか70年代のスポーツカーみたいなカラーリングで目を惹きます!
2008/02/22(金) 23:35:06 | URL | ゆういち #-[ 編集]
「あ~あ、この人、おとうさんか」
とダイナ君が半分あきれておりましたね。
で、ブログテンプレTOPの写真を指指して、
「多分、この人だと思うよ」と教えてあげると、
「え? おっさん?」
「う~ん、おっさんというか、おとうさんよりまだ年上かなあ」
「ふうん」
今までどんな人だと思っていたんでしょうか?
まさか、妙齢のおじょうさんとは思っていなかったと思うんですけどねえ。
2008/02/22(金) 23:56:28 | URL | お狂 #-[ 編集]
ゆういち君
やっぱり「好き者」の人が食いついたね。グレコと聞いて黙ってられないのは重症ですな。まさしく、アメスタ(アメリカ製スタンダードモデルね。なんでも縮めます。)を持っているくせに、日本製コピーしか弾かない奴がいます。「ひのこバンド」のマスターもそうだ。ヤツのはフェルナンデスだ!やはり日本人にしっくり来ちゃうのかな。ゼマティスのミュージアム?それは知らなかった。うう、行きたい。「リッケンもどき」は・・・今度ライブに持って行くよ。ぜひ抱いてやってくれ!
2008/02/23(土) 01:08:04 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
お狂さん
ダイナ君。お父さんみたいな?それよりオジジの?妙齢のお嬢さんじゃない。その通り「みゆきオジさん」ですよー。君のお父さんと同じ「ギター恋愛症候群」です。トップ写真でハモニカをくわえているのがそうじゃよ。おまけにうちの奥さんと僕は、ダイナ君とぶんちゃんみたいな関係なんだよ!どうだ、まいったか。
2008/02/23(土) 01:27:23 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
それぞれに愛情と手間暇がかかっているのですね。
愛猫自慢とまったく一緒ですね(^▽^)
これを書いていたときのみゆきさんの瞳が爛々と輝いているのが、容易に想像できちゃいますよ~^^
2008/02/23(土) 15:33:51 | URL | 順梟 #-[ 編集]
順梟さん
瞳が爛々と輝いているのは、猫自慢以上じゃないかなー。今日も飯能でライブでした。ギタリストが何人も居るから僕はマンドリンだけですが、ベース・ドラム・エレキギターでもやりたいのだ。順梟さんはグラフィック系だから、具体的なギターのことなんかは食いつかないかなー。しかし僕の気持ちは透けて見える、鋭さですなー。
2008/02/23(土) 23:01:23 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。