みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季節のスタートラインです・旧暦元旦春の雪。
tida

 暦は春、こんな陽射しのかんかん照る朝は、この冬一番の寒さも忘れてしまう。春を感じるこの空気、この気の早さ、待ち遠しさはどうだろう。お天気は一日として定まらず、季節は春へ向かって駆けながら、陽射しの色を強く濃くして過ぎていく。雪が降って夜明け前に凍る。森が影を落とす狭山丘陵の、起伏の多い坂道にも暗い谷にも、溶け残った雪が宝石のようだ。水はきらきら音を立て、木々の葉から光り落ちて小川となり、坂道のすそを滑るよ。
 僕の相方、たるさんは歌う「春を待つ心」・・・変わりない川の光・僕らの中にも流れている・暗い夜を照らすように・僕らはみんなやがて来る・春を・春を待ってる。
 ジョージ・ハリソンは歌う「ヒア・カムズ・ザ・サン」・・・太陽がやってきた・僕は言うんだ 「もう大丈夫!」・長く寒い冬だったけど・みんなの顔に笑顔が戻ってきた。・・・小川はサラサラ往き、歩き始めたみいちゃんがオンモに出たがる春。舟人の、櫂のしずくは花と散リ、春は山にも里にも、野にも来るよ。
 昨日僕は、年賀状を贈ってくれた人たちに余寒お見舞いのはがきを出した。今年もよろしくお願いします、2月7日は旧暦元旦・春の雪。年内に出す新年の挨拶も、七草に書く祝辞の返事も怠って・・・こたつにもぐってブログを書いたり、ギターを撫でさすったり、猫とにゃーにゃー、鳴き交わしたりしておりました。
 朝の通勤の山越え道で、車はスリップして登れない。丘陵を越えるのに1時間、所沢へのバイパスに出て1時間。いつもは30分で着く事務所に大遅刻。行列して動かない車の窓から、白い山を映したら、ぎらっと眩しく太陽が割り込んで逆光になった。レンズのマジック、赤いお日様の手が長く伸びる。一斉に春をばら撒く季節のスタートラインだね。春の精霊を集めて並べ、太陽系地球軌道の一巡りを待って、ある日突然、お日様が言うんだ。
 「さあお行き」ヨーイ・ドン!
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
私は新年になるといつも、後二ヶ月だなと思います。
三月末には暖かくなりますからね。
「冬来たりなば、春遠からじ」と申しますし、
「明けない夜はない」とかも言われております。
「自分が泣いても、死にたいと思っても、それでも地球は回っているんだな」と思ったときに、
なんか自分の小ささに辟易するような気持ちになったこともありますが。
ただ待っている。寒さをやり過ごす。
そういうことを植物も野生動物もやっているわけでして、
人間のように、家の中で寒さを忘れる術もないと。
人間の生き方は本当にやわですわ。
2008/02/09(土) 01:23:33 | URL | お狂 #-[ 編集]
「早春賦(そうしゅんふ)」
みゆきさん、皆さん、春とは言え、まだまだ寒いですね。それでも我が家の元気な愚妻は犬の様に外を自転車に乗って走り回っていますよ。たまたま、タイヤを交換したばかりで滑らないと言って・・・(笑)。

今日も朝から寒いので、また雪かしらと言いながら雪の降るのを楽しみにしていますね。私より年上の彼女は樺太(サハリン)生まれ、往年の大スター、ユルブリンナーと同郷なんですね。しかも彼女は日本海を荒らしまわった海賊を先祖に持っているんです。


吉丸一昌作詞・中田章作曲

春は名のみの風の寒さや。
谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず。
時にあらずと 声も立てず。


氷解(と)け去り葦(あし)は角(つの)ぐむ。
さては時ぞと 思うあやにく
今日もきのうも 雪の空。
今日もきのうも 雪の空。


春と聞かねば知らでありしを。
聞けば急かるる 胸の思(おもい)を
いかにせよとの この頃か。
いかにせよとの この頃か。


先日、パワリハに通っている施設で皆と歌いました。ちょうど今の季節でしょうね。
2008/02/09(土) 09:03:24 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
お狂さん
鶯は歌いたいけど>時にあらずと声も立てず。とらちゃんのおとうさんが好きな歌だ。動物は皆、季節のリズムを体内に持っている。そして季節の中で生き抜くすべを神様に与えられているからね。野良猫はそうじゃないから、寒いだろう。人間は、気付かずとも季節と宇宙のバイブレーションを細胞にひそめ、いろんな気分で快適に生きていく。僕は天気や四季の空気に影響を受けるみたいです。川と谷と低山丘陵に住むことは僕の夢であり条件だ。現実は辛いものだけど「冬は必ず春となる」です。
2008/02/09(土) 13:07:27 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
>春と聞かねば知らでありしを・・・春の遊びの楽しさ語る。北国の人でなくても待ち遠しい、命が求める季節だからね。日本の四季は詩人の歌心を啓発して、唱歌や句の母となる。お日様・太陽ですね。宇宙の動きと地球の大気の絶妙なコラボだ。奥さんサハリンの海賊の末裔?春の感じ方もまた特別でしょうね。僕は九州だけども、この小さな国の南北でこんなに違う、気候という名のパワーはすごいものだ。これは体よりも心に影響して、そこに住む人の命に刻まれています。
2008/02/09(土) 13:22:59 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
春を待つ
樽さんの春を待つ心もいい歌だよね。今年の夏、山梨の星の里という施設の夏祭りでヒロさんによばれてベースもっていったんだけどみゆきさんも知り合いかもしれないけどゆめやえいこさんがそこで歌っていた光の花というのが春を待ちわびているという歌詞のあるとっても素敵なうたで検索してみたら電脳音蔵というところでライブ映像が公開されていました。もともとは打楽器奏者なんだけどここのところ生ギターで弾き語りをしているとのことです。そのときの祭りにはジャンベ叩き兼製作者時々ピアニカのみずほさんも大分から来て最後はギター持って歌ってた。光の花聴いてみてね。
2008/02/10(日) 00:35:43 | URL | ハーディ #-[ 編集]
訪問履歴より
初めまして。

先日は当Blogへお立ち寄り頂き
有り難う御座いました<(_ _)>
拙い画のBlogでは御座いますが
是非又、お立ち寄り下さい。
2008/02/10(日) 10:37:02 | URL | カゼノオ〜 #-[ 編集]
ハーディ
ハーディ埼玉県に引越ししないかなー。都内のライブならひのこバンドがらみで会えるけど、入間中心のみゆき楽団じゃなかなか呼べないもんね。僕らの曲はだいたいできるでしょうに、勿体無いことである。それに働き盛りだからな。ベースもあちこち掛け持ちして引っ張りだこだし。まあいいや、うちはとうぶんベースレスだよ。気が向いたらはるばると遊びに来ておくれな。光りの花は知らなかった。この女性の歌い手も知らないんだ。すごく良い曲なんだねー。さっそく聴いてみますよ。
2008/02/10(日) 11:12:52 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
カゼノオ〜 さん
おかしな捏造記事を書いて、被害妄想の果てに人を攻撃する、馬鹿な猫ブロッガーさんが出没していたので足跡を残さない設定にしていたんです。お心当たりないでしょうか?が、それもあほらしくなって止めたんですよ。じつは前から素敵な猫の写真とキャプションを楽しみに覗いて、読み逃げして居りました~。暖かいレンズの瞳、気が利いてて心のこもった文章も好きです。こちらこそわざわざコメントありがとう。カテゴリーの定まらない猫と音楽のブログですが、よろしくお願いします。
2008/02/10(日) 11:22:14 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆきさん、相変わらず読み逃げばっかりしていまして済みません。実は、エイズと白血病のキャリア、口内炎でも22歳以上まで頑張ってくれた茶トラで短尾の雄猫が、2月6日に卒業しまして、一気に気が抜けてー。
機械オンチなんで「ブログで猫を語る」は夢のまた夢ですが、お世話になった病院の先生が以前記事にして下さったんで、いい記念なのかな?
全国のキャリアの猫ちゃん、飼い主さん、諦めず・力まず、ガンバレです。
こちらでは、珍しく寒い日や雪の日がありましたが、野良ネコはもちろん、飼い主の都合などの遺棄猫のことを考えると、(看取られる猫は幸せであり)気が休まりません。
猫の事、音楽の事、いつも楽しみに拝見しています。
2008/02/11(月) 10:32:26 | URL | M #-[ 編集]
Mさん
長寿の猫は卒業って、亡くなったの?最後まで立派だったことでしょう。猫もそのくらいになると哲学を語って何かを残す。訃報が続いたねー。元気を出して、自身の体にも無理をかけず休んでくださいね。家にいて看取られる子は幸せだよ。誰にも知られず遺体も発見されずに死んでいく子がほとんどなんだからね。雪の日には僕も外の猫を思います。会の目的は増やさないこと。やがて保護することも行き詰まります。野良が絶滅危惧種で大切にされるようになるまで、頑張らばなくてはいけません。
2008/02/11(月) 18:00:43 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。