みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新カテゴリー「ギター自慢(1)」・古いギターとの新しい出会い。
 バンドブログの人たちが必ずやるのが「ギター自慢」である。僕は「猫自慢」ばかりしていて、大切なことを忘れていたのだ。演奏はしないけど、コレクターで楽器博士なんて人もいる。そんなサイトをあちこち見て歩いては、羨ましがったり勉強したり。ギターのウンチクはバンドの楽しみの半分を占めているくらい。そこで新しく「ギター自慢」のカテゴリーを作った。「家を売って買う一億円のバイオリン」・・・じゃなくても、僕らの楽器は生き方を表現する大切なステータスだ。野口五郎君や松崎しげるみたいにビンテージばかり100本持っています、なんて人はギター博物館でもやってもらうとして。ここでは僕らプア・ミュージシャンたちの、出会いのメルヘンを感じさせるギターの紹介をやって行きたい。
 僕は今、3本のアコースティックギターを持っていて、1本は息子に託してある。同じく3本のエレキギター。そして1本のベースギターと2本のマンドリン。がんばって買った「フェンダー」と「マーチン」もあるが、ほとんどが、友達に貰った。ゴミ置き場で拾った。倉庫の奥から発掘した。フリマで値切りたおした。なんていう、まさに「特別」なやつばかり。しかし、リサイクルだとか、ジャンク再生品だなんて言ってはいけない。ギターリペア術というのは、木工・電気・音響工学を含む高度な工芸のいちジャンルであって、そこには「技術」も「道具」も「歴史」も、「愛」さえもあるのだ。
 (少し前に、アーチドトップギターの名工「べネデット」の工房と作業風景がテレビに写った。山本耕史君の「ウルルン滞在記」だったが、僕は内容などそっちのけで、工房と美しいギター製作過程の映像に夢中になった。100万円を下るギターはない、こんな巨匠が手の内を見せるなんて!日本のテレビもやるもんだ。)
 僕の持つギターの本数が多いかどうか、価値観でずいぶん変わってくる。僕にはまだ欲しいギターが何本もあるが、かつて「お狂さん」のブログで、物質の価値と「足るを知る」生活について論じたおりだった。僕と同じくギター好きの、彼女のご主人のコレクションが槍玉に上がった。
 「シンプルライフを貫いてもギターは増える。どうせ弾くのは1本なのに・・・」というわけだ。
 いーえ、抱えて弾くのは1本でも、愛する気持ちは無限大でありますぞ。女性はお出掛けに一個しか持てないくせに、クローゼットの棚にはいくつものブランド・バッグを陳列したがる。
 物が溢れかえって、「もったいない」というスピリットをよその国から教わるような日本では、家電も車も洋服も、修理・補修などは絶対にせず、全てはガラクタと成り果てる。それを思えば、大切にされ修理を重ね、いつまでも良い音を奏でる楽器たちは、すでに単なる物ではない。アート作品であり、演奏者の相棒であり、彼の宝物なのだ。 

 バンドの歴史の中で、本当に縁のある巡り会わせで手に入れたギターたち。あるいはローンを組んで、やっと払い終えた憧れの名品。これら、はげしく自慢すべきもの。
 そろそろ長い能書きはやめて最初の一本を・・・ 
y.s2 このギター、うちのマンションのゴミ置き場で、真夜中に僕を呼んだ。「粗大ゴミは自分で処理しましょう」という管理人のメッセージをぺたりと貼られ、捨てられる日を待っていた。僕は持っていた燃えるゴミの袋を放り投げ、そいつを抱えて走って帰ったのだ。
 ←このS・Yのロゴは見慣れないが、サウンドホールからはS・ヤイリのサインが見える。ビギンの「一五一会」で有名なK・ヤイリ(一男さん)の叔父(貞夫さん)の工房だ。y.s 
 マーチンのD?タイプを意識したライン。音は乾いた鈴のようでとても良い。しかも相当弾き込まれている。フレットワイヤの減りを見て解るのだ。「良いギターだよ」と言ってあげたけれど、貰った人はその価値を知らなかったんだろう。錆びた弦が素人っぽく、ひどく下手糞に巻いてあった。ゴールドの糸巻ペグにはmade in westgermanyと書いてあるから、ドイツ統合の1989年以前の製作だろう。ピックガードが鼈甲柄で曲線美なのもなかなか良いね。大切に磨き込んで錆を落とし、一人暮らしの息子に預けた。写真は彼の部屋で撮って送ってもらったものだ。捨て猫みたいに僕を呼んだ可哀想なギターであった。息子よ・・・たまには弾いてくれているだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
「またギター増えてる。僕の部屋にきてる」
と息子のダイナ君にぼやかれるお狂です。
私など、バッグは一つしか使用しませんぜ。中の詰め替えが面倒だもん。
というのはいいとしてですわ。
休みの日に工具箱出してきて、ハンダ出してきて、ぎしぎしいわせておりますね。
表面の何ですか、パネル板ですかね、
そんなのをかえて、何か貼り付けたりしておりますね。
してみると、ギターがすきな人って、手先が器用なのかなあ。
器用でない人が、楽器店でまるまる購入するんでしょうか?
私の大学時代のセミプロギタリストの彼は、楽器店に図面を持っていって、特注しておりましたよ。
建築学科の人でしたね。
こり方が、こらない人間には理解できない、ということでいいでしょうか?
2008/01/31(木) 23:13:08 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
シンプルを旨とすればバッグはひとつ。でもそれしか持ってないことは無いでしょうけども。僕もデイパック一つですけどね。ご主人は本格リペア人・クラフトマンですな。工具箱にハンダならエレキの配線をいじくっている至福のひと時です。
>表面の何ですか、パネル板ですかね・・・ピックガードです。これを開けるのはもう聖域ですから知識がないとえらい事になってしまう。自分で穴など空け始めたら病気もかなり進んでおります。ドリルだけでもミリからインチから箱いっぱい揃えなくては気がすみません。ご主人によろしくお伝え願います。「家族の白い目に負けず精進してください」と・・・
2008/01/31(木) 23:33:55 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
身体が楽器なので
みゆきさんは、すごい拾い物でしたね。本当に!

でも、私は楽器には疎いんですね。いわゆる歌い手にとっては自分の身体が楽器なので、どうしても、そうなったしまうんでしょうね。

クラシックでは、同じ楽器でも初心者用の何万円・・・・何十万円・・・・何百万円・・・・何千万円・・・・更には世界の名器の何億円と楽器には色々なクラスがありますが、私には、ほどんど未知の世界ですね。

ただ、演奏会に行っても楽譜一つの手ブラは楽なようで、余り恰好が付かないですね。時々、大きな楽器を持った人を羨ましく感じたりしますね。

だから、私は最近は楽譜立てを持ち歩いています>笑<よ・・・・。
2008/02/01(金) 15:56:29 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
うちの近くの武蔵野音大の学生達、僕の通勤路で会う。親の汗で買ってもらった楽器を持っての通学。手ぶらの声楽、ピアノ科はお嬢さんぽいね。もちろん譜面台は教室に置いてあるのだ。バイオリン、フルート、オーボエも軽いもんだが、チェロやホルンを抱えているとなんだか嬉しくなる。がんばってね、と言いたくなる身びいきは、僕らバンドも荷物の重さと格闘しているからだなー。いわんやコントラバスを抱えていたら・・・持ってあげたくなります。
ストラディバリなんてのは何億だかで弾く権利を借りてるだけで、所有してるわけじゃない、らしいです。
2008/02/01(金) 21:30:03 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ギター偏愛は男のロマン
こんないいギター捨てる人いるんですね・・・
最近はギターをいじっている時がとっても楽しくて時間を忘れます。ほんとは練習でもしてないといけないんですけど。。。。
2008/02/03(日) 10:29:14 | URL | ゆういち #-[ 編集]
ゆういち君
粗大ゴミとして、また質流れ屋のジャンク品として、ものすごいギターが掘り当てられる話があるよ。都市伝説だねー。今のハードオフなんかはネットでクオリティーを調べて売り買いするから、もうそんな夢物語は減りました。ゆういち君のHPのギター自慢も楽しんだよ。練習は・・・しないでね。
2008/02/03(日) 13:30:10 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。