みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑想・雑記・夕空の写真からの回想
yuyake1 関東に雪の降った前日の夕空の写真です。寒い仕事場のベランダでゴミをかたづけ、帰り支度をするときに撮った。この灰っぽいオレンジ色には、空からなにかが落ちてくる予感がある。「荒ぶる気象のエネルギー」が重たく雲に溜まって夕陽を包み、天候が急変する前ぶれがびりびりしている。なんてこともないいつもの町も、時のはざ間に掴まって、動きを止めたみたいに見えるのだ。
 名付けようのないこの時刻、トワイライトという良い英語はあるけどね。この一瞬が永遠に空に染み付いてしまうような、または突然に時間が巻き戻されて、宇宙がタイムスリップしてしまうような、なんだか僕にはとても怖い時刻なのだった。すぐに感覚は戻り呪縛は解けて、ふたたび太陽が沈みはじめ、地球は回りだす。けれども、連続して見えるその一億分の一の刹那に、じつは宇宙が、ピタリと止まっていたのかもしれない、なんて思うのだ。天使が奇跡を起こすため・・・(または超能力を持った時間旅行者がひとり)マネキン人形みたいにストップモーションした僕らの上空を、行ったり来たりしてやしないか。そんな気がしてしかたないのだ。
 そんなとき、日々の憂いと生活の重さが心いっぱいにのしかかって僕を落としめ、またスッとさりげなく消えていく。手の届きそうな低い空の下で、魔の匂いのする光を浴びたせいだろうか。理由のない胸の痛みと、答えのない心の乾きを僕は繰り返す。これが続いて、僕は過去に、鬱々として酒に逃げ、病院での入院治療を経験した。4階の我が家のベランダから下の川の断崖を見おろして、ぼんやりと死について考えた。
 もう今は酒で憂さを晴らすことも、バカ騒ぎして、かえってストレスを蓄積することもない。しらふで平常で、命は軽いものになった。心身の嗜好品への依存や、まして物的豊かさ、酒とドラッグ。そんなうわべの日常習慣を奪われ、あるいは捨てても、心が失うものなんて何もないということだよ。それに費やす時間と力は、いくらでも他の価値へと昇華できる。酔っ払いのたわごとが下手な歌のメッセージに変わっただけだって?いーや、僕のなかでは大きく違うのだ。急激に自分を変え、渇望をあきらめ、余分なものを削っていくことは、それなりの覚悟がいるからね。
 ここに一つのワークがある。音楽創作、演奏歌唱、実質的な楽団の運営とイベントの段取り、アマチュア音楽はじつに楽しいものだよ。仕事や経済の悩みも、家族の日々の安らぎも、うんざりする忙しさも、通り過ぎるその行く先をしっかり目で追って見つめられる大人に、なったのかな。遅かったな、遠回りしたな。家族にも、音楽の友達にも迷惑をかけた。少しは人の楽しみと、住む町の役に立つ人間へ、気楽でジャンクな僕からの脱出だ。なによりもこのブログを始めたことが、僕の長かった病気の生活にピリオドを打った。何かを考えてタイトルをひねり出し、テキストと画像を準備して記事を更新する。これは脱皮であり、カタルシスであり、創造であり、リハビリテーションであり、学びであり、えーとそれから・・・ロックである。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
日本語だと「誰そ彼時」「逢魔が時」になるでしょうか。
両方とも字面的にあまり良い感じはしませんが(笑)
みゆきさんとは逆に自分はこの時間帯が結構好きで…
世界が一番美しく見えるひとときのような気がします。

みゆきさんはいろんなところを通ってこられたのですね。
それゆえ強く、また優しくていらっしゃるのでしょう。
2008/01/25(金) 22:01:16 | URL | myamo #TRL3c4kQ[ 編集]
myamoさん
最後に、ロックである。と書いてしまって底の浅いのがばれたでしょう。「逢魔が時」か・・・良いね。僕もこの時刻は嫌いではないけど、胸がざわついてちょっとおかしくなる傾向性なんです。いろんな悪いことを通って来ましたよー(笑)。。。でもすべて良い経験だったと言うしかありません。優しさも強さも無いけれどさ、もう生きてしまった過去だものね。自分の一部、もしくは今の全部な訳ですから。皆さん健全で清清しくあるから、このような内容はなんの参考にもならないねー。
2008/01/25(金) 23:17:27 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
心の光と闇
一見幸せそうな人、また、そうでない人の誰でもが実際は自分の心の中に光と闇をいつも抱えて生きているんです。

でも、その闇が深ければ深いほど、光は大きく強い輝きとなって感じられるのですね。たとえ、その光がとても小さいものであったとしても、

誰でも覚えがあるでしょう。お腹が空いた時ほど、小さな普通のお菓子を美味しく感じる子供のように、闇が深い程、光は強くなるのです。

みゆきさんは、自分にとっての光となるものを幾つもお持ちなのですね。ぜひ、その光を他の多くの人にも分けてあげて下さいね。
2008/01/26(土) 10:13:54 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
はい僕の闇はけっこう深いと思います。誇れることばかりをやってきてはいないからね。人様にはご迷惑ばかりかけて、自分の悩みは全部僕が悪いということ。退院してからの快復期は、たしかにすべてが輝き大切なものに見えた。光は強くなったのでしょうね。お菓子がおいしい子供、まさにそんな感じ。音楽もやる意味が変わってきた。人のために、とも行かないけど、伝える気持ちが大きくなり、そのための努力を惜しまなくなった、くらいのものですけどねー。、
2008/01/26(土) 23:08:46 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
とらちゃんのおとうさんの闇
これまで、三度死に掛けた事。子供の頃に両親が離婚した事。就職以来、三度、転職した事。身障で難病で要支援になった事。他にも親族とのトラブルや身に降りかかった不幸な出来事の数々など沢山の人生の闇を経験してきました。

それなりの大学を出て、幾つもの資格を取得し、他人から見れば恵まれたキャリアを積んだ筈の私ではありますが、そうしたマイナスの経験や境遇があったお陰で、社会の底辺に居る努力の甲斐さえない程に弱い立場の人の心を知る事が出来る様になりました。

みゆきさんも、幾つもの辛い経験をされた事が、今を生きる原動力になっているんだと思います。そう信じたいですね。
2008/01/27(日) 20:17:23 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
現実に生きているというのはそういうことかも知れないね。苦労して道に倒れて、自分で立ち上がらないことには、生きる意味は見えてこないのか。人間とは、優しさや思いやりは生まれながらに持っているものじゃないんでしょうかね。そのへんはまた良く考えてみないといけないな。まあ、病気をして年を取って謙虚になった気はします。その実感があってこそ、この年からまだ先へ、生きていくことに希望を持てるけどねー。
2008/01/29(火) 19:38:48 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆきさんって絵が上手くて、音楽が上手くて、文章も上手いんですね。上手いという言い方は違うなー。いつもなんだか涙が出ちゃうのね。笑っちゃう事もあるけど。深いのねー。ノー天気なおばさんはコメント投稿も気が引けるけど、いつも拝見させていただいてます。ありがとうございます。
2008/01/29(火) 19:43:37 | URL | 匿名おばさん #-[ 編集]
匿名おばさん
どうもありがとう。匿名のおばさん・・・ブログにありったけ詰め込んで表現しております。散らかって、てんこ盛りで困りますが、文章を書くこともとても楽しいし、なにより歌や絵と違うのは責任が発生するというスリルもあり。腹がたったり感動したりすることで、世の中をスパッと切れるようなものを書ければいいんだけど、なにやら我が内なるもやを切っているばかりです。これからもよろしくお願いしますね。遠慮なくご謙遜もなさらずコメント書いてください。僕が喜びます。
2008/01/29(火) 20:54:26 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。