みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな焚き火の美学・ついでに冬の川原でエコを考えた
焚き火 僕のもう一つの趣味、焚き火です。
 寒くなると川原に来て、僕はこのようにグリルの中で小さな火を起こす。薪はストーブ用のナラの木を買ってきて、鉈で小割し丁寧に炊きつけを組む。その上に太いままのものを大胆に突っ込んでから、いかにも少ない火種で一気に燃やすのだ。キャンプファイアーのように綺麗に井桁に組む方法も良いけれど、それでは火のご機嫌を見ながら、やけどをしながら、焚き火を「いじる」楽しみが無くなってしまう。
 あとはじっと手をかざして、火の神さまと話をする。まことに贅沢で、スピリチュアルな遊びであるね。風に流れる煙をみつめ、ギターの音をゆっくりと合わせて、楽団の友を待つ日曜日の午後。「川原焚き火ライブ」の始まりです。「みゆき楽団」は空の下、風の中の野外が好きだ。夕暮れまで歌えば、散歩の人々が足を止め、犬も首をかしげ耳を傾けるよ。
 自然を愛する川原びとの正しい焚き火は、小さくて効率が良く、燃えているときも終わったあともじつに美しいものなのだ。これはファッションやレクリエーションのアウトドア雑誌では無くて、野田知佑・植村直巳の冒険記やマタギの伝承本で学んだこと。この美学としてのアウトドア感は、なかなかにストイックな営みである。
 夏の川原でじかに石組みをして、大きな火を焚くのも楽しいものだ。しかし、そこでBBQをして食べ残しを置いていったり、ビールの空き缶を投げ込んで帰る夏場の川遊び客は、本当には自然を愛していない。泥酔して騒ぐのなんてもってのほか。ロケット花火をぽんぽん飛ばすのも、人間に危険。川に捨てれば、硫酸・硝酸などの化合物が魚を毒殺するよ。清流に畏敬を持たず、どこに座って何を食ったか解るほど、ゴミをそっくり残していく釣り人も然り。そんな人たちの居ない遅い秋から冬が良い。心をゆっくりと熟成しながら待つ浅い春も良い。夕方の陽射しのなかで、僕はしんとした気持ちで火を起こす。
 青く燃える樹液を見つめながら、流行の買い物用エコバッグや、マイお箸のことなど、エコについて考えた。
 石油資源を枯渇させるのはレジ袋より、高価なマイバッグや透明ゴミ袋で、なにより車の燃料だと言うし、マイ箸を持って割り箸を節約しても、それで森林が守られるわけじゃない。(割り箸は、優秀な焚き火の炊きつけになる)レジ袋はそのままゴミ入れに利用すれば、家庭の湿った生ごみを焼却する際のスターターとなる。これが減って誰も水切りをしなければ、生ゴミはガソリンを撒いて燃やされるんだそうな。
 この「本末転倒」のその一方で、CO2排出権ビジネスがまかり通る、先進国日本の不思議を笑おうよ。全ては善良なる?企業のスローガン。ファッショングッズ界の新商売?分別分別と騒いだ末の、リサイクル行政の帳尻あわせ?脅し文句はいっぱいある。
地球温暖化だ!日本沈没だ!ダイオキシンだ!
 
でもなんだか、怪しい匂いがして仕方ないのだ。これで儲けたい人の顔も、ちらりと見えてこないかい?マスコミ・行政・民間企業、リッチなあなた達が何リットルものガソリンをぶん撒いて走る高級車に乗って買い物に行き、20ミリリットルのナフサでできるレジ袋を節約して「ちきゅうにやさしい」と言ってるの。
 じゃあエコバッグは、まさにエコロジーの免罪符だね。
 たしかにレジ袋を止めると、年間60万キロリットルのガソリンが節約できます。でもこれは全体のわずか1%だって。しかも消費量は毎年増え続け、値上がりも止まりません。

 これは今の世の中に唾する意見でしょうか。反論をお待ちしています。
 焚き火の懐かしい匂いに深呼吸をし、火のダンスを陶然と見ていたら、たけちゃんがギターを抱えてやって来た。やーやー、川は良いね。そして焚き火を見て一言「さつまいも持ってくりゃ良かったなー!」おいおい・・・たしかに、君が無農薬で丹精したお芋は美味しいだろう。火の神さまのふところに放り込みたいものだね。 
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
人は火を燃やすのが好きなのでしょうね。
小さな頃は“五右衛門風呂”で、お風呂を沸かすのは子供の仕事でした。
焚口に不要になった木を入れて、炎の色を見つめながら結構楽しかったなあ。。。
新しい家になっても焚口に“オガライト”という奴を入れながら物思いにふけったり、たまにはお芋を焼いたりもしましたっけ。。。
今は、環境のことを考えなくてはならないと、ゴミ焼きはなくなりましたね。
2007/12/17(月) 20:30:20 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
ねこつかいさん
お若く見えるのに五右衛門風呂ご存知とはいかに。僕も九州に居たガキの頃はうちが石炭で桧湯船、本家が五右衛門で薪でしたよ。火を見ると、人は原始の感覚を思い出すんでしょうか。ゴミ焼きというのも環境ホルモンなんてものが騒がれなかった頃は風物詩であり、エコだったわけです。こういった良く解らないものが、猛毒だ環境破壊だと騒がれるのを僕はちょっと斜めに見つつ、エコのお題目に踊らされないよう立ち止まって調べ、考えているのです。本質はいつも、マスコミ報道とは違うところにあるからね。本当のことが解ると都合の悪いやつが必ず居るはずだ、と意地悪な思考をしてみるわけです。
2007/12/17(月) 21:51:54 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
うちもお風呂、そうだった。
あれって、お湯がなかなかさめないんだよね。
今は電気温水器なので、お湯のさめるのが早いこと。
エコの問題というのは、最初はやはり意識だと思うんですよ。
ですから、1%だとしても、まず気持ちがエコに向かないことにはねと。
本末転倒な部分もあるし、「そっちはよくて、こっちはだめなの?」みたいなところもありますよ。
ですけど、うちの場合、子供がいるからそう思うのだと思うんですけどね。
「おかあさんが電気を消せとうるさいから」
「おかあさんが、分別しろとうるさいから」
というところから無意識にしみついていくものかなと思うんですね。
もちろん、マスコミのいうことは鵜呑みにできませんよ。
ですから、自分でできること、自分がやりたいことから始めて、
そしてそれが生き方というのかなあ、そうなっていけば本物じゃないかなと。
そこまでいかないと、何でもそうだけど、自分の姿勢になっていかないというか。
それを人がみて、いいと思う人は真似していくというので。
まあ、いいことはなかなか広がらずに、悪いことばかりすぐ広がるけどねえ。
2007/12/18(火) 00:55:42 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
仰るとおり!意識の問題であって、それが何%であれ実行すべきことはある。でも日本のエコ意識が、マイバッグやマイ箸をファッションと捉えるブームに過ぎないのが危険だね。それを持っていれば地球に優しい人であるのか?と言いたかった。誰もが私はエコですよ、と言っている一方で、どんどん進む消費社会の害悪を覆い隠している、と。川原で見るゴミ捨て人が美意識を持ち、身近な自然を愛さなくてはいけません。税金を投入するだけの、行政のリサイクル体制に疑問を持ち、エコブームに群がる商売人を見破らなければいけません。日本の林業は割り箸の否定では再建できないから、中国のそして世界中の森林を野生動物ごと侵略しているという。(中国で日本の割り箸を作っていた人たちは失業するしね)ここでも欲望が美意識を蹂躙していますね。日本はどこへ行くのでしょうね。
2007/12/18(火) 08:28:06 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
火は勿論それだけで燃やすパワーを持っていますが、眺めていると心が落ち着いたり、暖かな気持ちになりますね。河原での焚き火のひと時だなんて、最高の時間ですね。
私もエコバックにちょっと疑問を抱いていました。自分も使っていますが最近矢鱈とエコバックが売り出されているのが目に付きますしね。私の母の時代なんかはお買い物袋は当たり前でしたが、今のそれはちょっと違ってきているように思います。それでも一人一人が意識をもって取り組まねば何も変わらないですものね。
2007/12/18(火) 16:44:29 | URL | 順梟 #-[ 編集]
順梟さん
コドモが小さかった頃は季節ごとにキャンプをしてました。いまは成人して仕事に忙しいし、奥さんの病気療養もあるしで下の川原でちょいと焚き火、のアウトドアライフだよ。火を囲み向き合って座ると、友達は本音で人生の話など始める。そこに歌があればなにも文句はないのだ。そう、エコバッグもマイお箸もアイドリングストップも、一人一人の意識変革の哲学となって欲しいよね。流行やファッションで終われば、未来にはその反動が来るでしょう。ゴアさんもショッキングな事例を集めて啓発している。怖い未来予想より、データと科学的な研究が論争の種となって、原因究明と対処法の進捗を即すことを願っています。
2007/12/18(火) 22:56:06 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
新曲ワクワク
寒風、山から川からヒューヒュー。鼻水たらして新曲3曲音だし。焚き火のゆれる炎。なんとも楽しみで笑える風景。早く聴いて歌いたい。
2007/12/20(木) 21:25:30 | URL | たる #-[ 編集]
たる
23日にひとつやろうかな。さるおが怖いという曲もあるけど、それじゃなくて宮沢賢治さんの詩を歌います。寒くても煙くても、川原で焚き火は最高だよ。
2007/12/20(木) 23:39:33 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。