みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「亡き猫の肖像」・虹の橋のたもとで
        kota
 これは猫ブログの友達の家に、かつて生きていた「こた(小太郎)」と、今も居る「りん(鈴)」です。こたは7月29日に病院で、10ヶ月程の命を終え、病気に苦しんだ弱い体にさよならして、虹の橋へと旅立った。
 老猫になってから往生すれば、飼い主には別れを告げて逝くものだけど、こたはまだ幼く、死の意味も解らなかっただろう。寂しい病院のケージで一人きり、医師にも気付かれないままだった。飼い主の悲嘆はいかばかり、思えば苦しくなるけれど、動物の命は穢れがない。憂いも怨みも悔いもなく、きっぱりとしてまっすぐに、天国へ行くものだよ。
 スコティッシュの「こた」と「りん」は、彼女曰く「悪徳ペットショップ」の、その劣悪な展示環境から救い出されたのだ。彼女は、健康な流行の猫を選んで買って行く、ただの「ペット好き」ではなく、忘れられ弱った小さい命を、見捨てて置けない人だったから。脳の障害で発作を起こす「ぺこ」を抱えながら、さらに病気の猫を家族にしてしまうこの飼い主さん・・・。他にも12匹の成猫と、1匹の犬の世話。野良猫を保護し、里親を探し、動物病院に通う日々は「かわいい子たちです」のブログに綴られています。
こた この絵は、死んだ「こた」の供養になればと、ひとりでは寂しいだろうから、苦楽をともにした「りん」と並べて描いたのだ。虹の橋のたもと、もう痛みも怯えもなく、上手にマンドリンを弾いている。その生い立ちと闘病記を読んで、ともに快復を祈った僕の思い。飼い主は思い出して、また悔やむかもしれないが、僕は魂の永遠と転生を信じる者です。だから2匹は今も一緒に居る。順番が来たら生まれ変わって、また同じ飼い主さんを探すんだよ。 
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
みゆきさん、ありがとうございます。
こたろうのことを思いだすと可愛い姿や仕草。。。そしていっしょに暮らした日々のことより、悲しげな目と辛そうな悲鳴のような泣き声ばかりが思い出されて、悔やまれて苦しくて、リセットしてやり直したいことばかりなのです。
こたろうを死なせてしまって、もうこたろうに償うことはできないけれど、他の不幸な猫うを幸せにしてあげなければいけない。。それがこたろうへの償いになるような気がします。

みゆきさん、大きなウルウルの目の可愛いこたろうにソックリです!
こたろうはマンドリンを弾いてるんですね♪
本当にありがとうございました。
2007/11/27(火) 17:35:50 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
こた、りんちゃんそっくりに描かれていますね。私も大好きな方のブログですよね。
目がなんとも言えないぐらい可愛い顔していましたよね。又生まれ変わってきてもこた、りんちゃんはあの大好きなお家に帰っていくでしょうね。
2007/11/27(火) 17:38:04 | URL | エマママ #bPnx6EUE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/27(火) 17:39:53 | | #[ 編集]
ねこつかいさん
つらい看取りを経験してこそ、猫への愛情はゆるぎないものになります。それはどんな命でも同じであるけど、物言わぬ小さな動物は余計に後悔が深いものです。決して飼い主のせいではない病死は、生きている子への、次の出会いへの慈しみとなって心に香るでしょう。これからも一つ一つの命と別れるでしょうが、また会える日を信じて明るく生活しなくてはいけませんよ。すべての猫たちが老猫となって、さよにゃらー・・って言って亡くなることを願わずにいられません。
2007/11/27(火) 19:21:32 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
エマママさん
生まれ変わって会いに来る、これは僕の実感で、たんなる慰めではないのです。過去に僕が放浪癖から飼育放棄して実家で看取られたヘイゼルは、いまカリンになってうちにいます。野良で出会ったときに、僕を懐かしいような声で呼んだから解ったのです。エマママさんもコメントを寄せて、ねこつかいさんを励ましてくれましたよね。このつらいペットロスからの快復は、命へのより強い愛情と永遠に気付く以外にないのでしょう。僕は絵を描きそれを手助けしたいのです。
2007/11/27(火) 19:30:26 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆきさん、お久しぶりです。

>僕は魂の永遠と転生を信じる者です。

これは私も信じています。
みゆきさんの絵を見ていると、そういうことがスッと自然に心に入ってきますね。
みゆきさんの想いが作品にこもっているからなんでしょう。
こたろうくん、きっとまたいつかねこつかいさんのところへやってきますよね!
2007/11/28(水) 03:47:14 | URL | Haruna #xm7FiIss[ 編集]
悪徳ペットショップと戦ってくれたねこつかいさん。
私も一緒に憤りましたよ(一人、遠い土地でですけど。
ねこつかいさんのご主人も、奥様のお気持ちをわかって、
援護射撃してくれました。
その後もいろいろあった。
そのたびにねこつかいさんは頑張ってくれた。
ねこつかいではなく、
「猫のおかあさん」ですよ。
こたくん、先天的に長くは生きられなかった。
でも、最期の日々は愛情をいっぱい受けて、
多くの人の声援を受けて、生きていました。
きっと、ねこつかいさんに聞こえるように、
空からマンドリンを演奏してくれるでしょう。
2007/11/28(水) 09:35:38 | URL | お狂 #-[ 編集]
鍵コメさん
どうもありがとう。了解です。
2007/11/28(水) 18:01:25 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
Harunaさん
生まれ変わって会いに来ると信じるのは、僕の免罪符なのかなー。過去の猫たちにはダメな飼い主としての罪滅ぼし。奥さんにはぐうたら亭主の言い訳などで、絵を描いているとまず自身が癒されていく、カタルシスというやつです。僕はCGというのがどうしても苦手で、実際にえがくから思いは深いけども。こたは特に生い立ちが残酷であったし、病気だらけの弱い子でした。だからこの子の絵を見てそう感じていただければ冥利ですよ。どうもありがとう。
2007/11/28(水) 18:09:26 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
お狂さん
ねこつかいさんに絵を贈ることでいろいろと心配してくれました。ブログ友達というのは時間と空間を超え、性別年齢を超えるからね。ちょっと気をつかうことも学びました。でも彼女はねこつかいと言いながら、猫に使われ母性を振りまき呼吸する、筋金入りの愛護ママなので、できることは何でもしますよ。お狂さんも、ともに喜び泣いて怒って応援していますね。僕らのねこの会にとっても大切な支援者。ともどもに守っていきますよ。
2007/11/28(水) 18:17:57 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ご存知かもしれませんが。
私の好きなお話です。
(無断リンクですけど^^;)

ねこが下界に降りるまで
http://nekogasuki.exblog.jp/i2/

いつかどこかで、きっと会えます。
こたくんもその時をきっと楽しみに待っていると思います。
2007/11/29(木) 00:05:56 | URL | myamo #TRL3c4kQ[ 編集]
みゆきさん。。。
エマママさん。。お狂さん。。Harunaさん。。myamoさん。。
ありがとうございます。
私は今でもこたろうの死間近の頃のことを思うと、苦しくて頭が変になってしまうのではないかと思ってしまうのです。。

あれから、はっちに出会い。。5匹の子猫たちにも出会いました。
(今、夜中の1時半。。はっちは元気いっぱいオモチャで遊んでいます。。。)
こたろうが白にキジトラのはちわれに変身して、今度は元気いっぱいな子猫になって来てくれたのかなあ。。。。
ちょっと違うなあ。。。。
いつか、いつか、こたろうに出会うことができるのでしょうか。。。
また会えたね!!って、ぎゅっと抱きしめたいです。

2007/11/29(木) 01:35:21 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
myamoさん
リンクありがとう。飛んで見てきた。僕のイメージ通りのお話でした。柄を着替えて順番を待ち、秘密の場所に降り立つ、同じ猫の魂ですね。飼い主はきっと見つけてくれる。僕の考えでは神様はサポートしなくても一人で順番待ちに並ぶんだ。子猫で死んでも何千回か生きたので、死んでからのほうが物事が早くうまく行くはずだと。わざわざ苦しい現世に生まれてくるのは、縁のある飼い主への約束を忘れないからなんですね。
2007/11/29(木) 08:12:32 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ねこつかいさん
不思議なことには、ちゃんと気が付いて、絶対会えることになっていますよ。それまでの修行としてこたが使わした眷族猫が、はっちと幸ちゃん達だ。猫の飼い主になるには、つらい過去の思い出の鍵を持ち続けなくてはいけないのかねー。僕にもそんな苦しい思い出がある。だから猫の会に関わり猫の絵を描いて、猫と暮らす日々を過ごすのだ。猫を蹴飛ばして見捨てて平気な人もいるが、僕らがそうじゃない根本的な理由は、不明です。
2007/11/29(木) 08:33:35 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
とらちゃんの写真
猫達生き生きのすてきな絵ですね。

9月に天国にいった我が家の主猫とらちゃんも、食卓の前の壁に写真になって君臨しています。

私が去年の夏に撮ったデジカメ写真なのですが、毛の一本一本がその質感と共に良く撮れています。

しかも、上目使いに私を見つめる目がまたいい!いつか皆さんにお見せしたいです!
2007/11/29(木) 09:13:07 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
そのとらちゃんの写真をメールで送って欲しいなー。訃報の記事は寂しいものだからね。いまからでも写真を追加して思い出を永遠のものにしたいと思っています。
2007/11/29(木) 10:58:24 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/29(木) 17:20:56 | | #[ 編集]
鍵コメさん
良かったね。わざわざどうもありがとう。
2007/11/29(木) 19:21:19 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
はじめまして!めいです♪♪♪
とても素敵な絵をありがとうございます!
私が今まで見た絵の中で1番感動しました。
大好きなです。
こたくんとりんちゃんが凄くそっくりでとっても可愛くて、ブログにあった画像を携帯の待ち受けにして学校で自慢しちゃいました♪
送っていただいた絵は大切にします!!!
2007/11/29(木) 20:42:30 | URL | めい #-[ 編集]
めいちゃん
はじめまして。めいは好きな名前です。(小さかった息子と何回も見たトトロのヒロイン)君の愛したこたのイメージはおじさんに重なって、こんな絵になりました。気に入ってくれたね、ほんとに良かった。こたの猫生は短くて苦しかったけど、その飼い主との物語を見知らぬおじさんに繋いでくれました。そしてブログ友達の皆んなにいろんなことを教えてくれた。夭逝する命には特別な役目があるんだよ。また会えるね、という約束も、神様は小さい命から順番、果たしてくれるはずです。もうどこかで同じ目をして生まれて、君を探しているかも知れないね。
2007/11/29(木) 21:13:28 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
runの首輪
runは、この黄色のやわらかな首輪をしてから、もっと落ち着いた。不思議だね。僕もrunも、ほっとしたような心もちだ。あったかい。ありがとう、みゆき。これを作ってくれた作者に感謝します。
2007/11/30(金) 22:24:13 | URL | たる #-[ 編集]
たるさん
ワイルドウェストのあやさんという猫好きなレザークラフトウーマンだよ。目の病気になってしまって痛むのを急がせてしまって申し訳なかった。たるさんのコメントを伝えておくよ。喜ぶよ。
2007/12/01(土) 19:19:06 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。