みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋晴れの連休は・・・
木・雲 秋の透き通った陽射しや飴色の空気、きりっと粒のそろった涼しい風、密度を増した遠くの音。奥さんの通院はいつでも天気が良い。5日のいつもの大学病院。真っ白い雲が元気かい?と言いながら迎えてくれるけど、元気じゃないから病院に来るんだよ。仕事の休みを貰って、世間より1日多い僕の4連休が奥さんのお供で過ぎてゆく。
 尿道のカテーテルに小石が詰まって排尿が困難になるので、定期的に抜き差しして取り替えるのだ。まことに痛い治療なのは想像できるね。これも子宮頸ガンの入院手術の最後に、放射線治療を受けた後遺症。腸の大部分を切除して人工肛門を経験した。今は自力で、でも苦労しての排便が可能だが。こんなトイレ事情によって、なるだけ家から出ずに生活しているから、病院以上の遠出はしたことがない。したがってこれは季節を感じ、外で人に会う奥さんの一大イベントなのです。
 泌尿器科は老人の患者が多い。僕らのように夫婦で付き添って、少し離れて待合に座り、黙って待ってる年老いたカップルたち。この優しいたたずまいは年輪だな。若くて元気な新婚さんは向こう側の産婦人科にはたまに居る、(妊婦さんは母親と来ていることが多い)初々しい不安と幸せに包まれているが、老夫婦の存在感には遠く及ばない。いぶし銀の幸せは重みが違うのだ。ゆるぎない樹木のように、根を張り静かに微笑んでいる。僕らもそんな年代であるからね、彼らのように、いつまでもそうありたいと思うのだ。非日常的で異空間の病院では、僕はいろんなことを考えます。

hana花 夏はTシャツでは寒く、冬はボーっとするほど暑い病院の全館空調も、秋には送風のみとなっている。自然な外気の吸排気がかすかに流れていて気持ちが良い。外では植え込みの花が、誰かの思いやりで綺麗に手入れされているし、中庭の掃き清められたベンチには車椅子の患者が一人。所在なげにたばこを吸っている。


 治療後の1日2日はトイレで痛みと闘いながら、夜もほとんど眠れない奥さんだ。座ったまま、猫と一緒にうとうとしているのを置いて、土曜日の駅前ストリートライブに行く。
上着がないと寒い夜のロータリー、今年最初の寒風の中でなんだかしんとしている。歌い始めると、メンバーが一人ずつ時間差で加わって、じょじょに楽団となりコーラス隊となる不思議なコンサート。バスを待つ人もいつもより少なくて、僕らをちらちら見ながら背中で聴いている。20日の飯能ライブで共演する「FROLA」のjiro君が、素敵なチラシを持って遊びに来てくれた。駅前PePe通路でライブを終えた「さるお」たちも聴きに来た。 歌っていると時間を忘れてしまうね。8時半に来て11時まで。今夜はどうもありがとう、明日もきっと秋晴れだ。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
生きていくことに謙虚になること。
これは病気が教えてくれることですね。
「自分の髪の毛の数すら数えられないくせに」とイエス様がいわれたことがありますが、
自分の体を自分でどうすることもできない。
それで、ようやく生かされてることを知るという、なんか情けないことになります。
でも、そうやって、それでも生きていることは、意味のあることなんだなあと思います。
目的なしに生かされていることはない。
みゆきさんは奥様を大切にされているけれども、
病気の奥様でなかったら、これほどまでには大切にされなかったかもしれない。
私も病気の息子を持ちつつ、健康な子供であったなら、
「おかあさんは家にいるのが子供のため」とわかっていても、
働きに出ていただろうし、性格がら飛び回っていたでしょう。
「わりにあわないなあ」と思いつつ、
息子の寝てるそばにいなければならなかった時間を考えると、
そのために親子の結びつきは強くなっただろうなと。
病気も悪い面ばかりじゃないんですよね。

ライブもお疲れ様でした。
これからは、外で演奏するのも聴くのもつらい季節となりますね。
いつまでやるのかな?
2007/10/07(日) 21:31:24 | URL | お狂 #-[ 編集]
やっと秋らしくなりましたね!
実際に病院通いは毎度の事ですが本当に大変ですね。

私の場合、交通事故の被害者となる5年半前には既に椎間板ヘルニアで半年間通院中でしたから、都合丸6年になります。そして、これからも死ぬまで続くでしょう。

普段は自宅から3キロ北にある埼玉医大総合医療センターに通院していますが、来月には都内板橋の帝京大学に一週間ほど入院します。腰の神経の手術を受けるのです。

8月にやはり同じく一週間入院しましたが、退院後も一か月安静なので、遠出はおろから重いものを持ったり自転車に乗ったりといった運動もできなくなります。

しかも、来年早々にも3度目の入院が控えているはずで、術後、一月程してから放射性同位体を神経の周りに注入して検査をし、その結果が良ければ(神経が放射能漏れしていなければ)、やっと無罪放免になる予定です。

先の長いあるいは見えない病院通いには本人は勿論、家族の支えが物心に亘って大変重要になりますね。

ここで一句

退院を 秋が来るのに 繰り返し

みゆきさん>笑<お粗末様でした。
2007/10/07(日) 21:32:42 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
奥様の通院に付き添われるみゆきさんの記事を拝見するたび、うちの父親って薄情だったんだなあ~とつくづく思います。なんたって痛む足を引き摺る母を病院の前の通りで車から降ろして、そのままさっさと帰っちゃったんですから。仕事を休むとか病院内まで付き添うとかいう考えは、おそらく毛ほどもなかったんでしょう。

そんな父でしたが、齢七十になって漸く相手を労わるという気持ちを覚えたようです(遅!)。以前は電車とバスで行っていた三ヶ月に一度の母の定期通院を車で送り、そのまま中で一緒に待っているようになったとか。その姿はまさに記事中の老夫婦のようなのかもしれません。山あり谷あり嵐あり。時を重ね歳を取らなければ得られない物事、ないし感情というのは確かにあるのだなと、両親を見ていると思います。

なんか「今年は秋が無くていきなり冬!」みたいな可能性もあると以前気象予報士さんが言っていました。ストリートライブ時には風邪など召されませんよう暖かくして下さいね!
2007/10/07(日) 23:35:30 | URL | myamo #TRL3c4kQ[ 編集]
病院に行くと疲れきってしまいますよね。。
それに辛い治療をするとなると、やさしいご主人の存在が心強いでしょうね。
今日、自転車で走っていたら金木犀の香りがしました。。。ああ~~秋の香りだなぁ。。って思いました。
季節にはそれぞれ空気に香りがあるんですねぇ。。

これからの季節、ストリ-トライブはキツイでしょうね。無理なさらないでくださいね!

子猫の里親さん、お問合せがありません!!
これからどうなるんだろう。。。って不安です。こんなもんなんですかねえ~
今度の金曜日、2匹の子猫の里親さん探しを手伝ってくださる方が、子猫を迎えに来てくださるのですが、引き受けていただく2匹をどの子にするかが、私にとって苦悩のもとなのですが。。。完璧、情がうつっちゃてて。。。!!!(私のバカバカ!!)
でも、2匹も引き受けてくださるなんて有難いことですし、子猫たちの幸せ探しなのですものねえ。。。
2007/10/08(月) 00:41:02 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
お狂さん
病気が教えてくれることですね。いろいろあっていつも書ききれない。猫が教えてくれることは根本的な単純なことだから、心の奥で解っていることが多いのにね。
人生の悩みは味わってみなければ解りません。味わいが解れば達観が見えてくる。生きてること自体が嬉しいんだなー、と感じるようになりますね。ダイナ君の病気も、神様が母親に教える何かでしょう。うちの奥さんは知り合ったときから病弱でありまして、それを解っていて好きになったので大切にしていましたよ。彼女の存在自体が強さであって、その強さに僕は守られつつ、僕が強くなければ守れない彼女ををおんぶして、共に生きてきたようなものですな。だからって諦めたものなんかありません。それはお狂さんも同じでしょう。外を飛び回らなくたって、表現することは可能ですからね。
ライブは冬の河原に移り、焚き火を囲んで続きます。
2007/10/08(月) 01:18:49 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
あきが来るほど病院通いしたって訳ですね。お父さんの治療が功を奏して、体が楽になることを祈ります。いっぱい世のため人のために動いているのだから、きっと守られるはずですよ。奥様の苦労が偲ばれる今日この頃、家族としての思いやりと感謝と、これも病気の贈り物ですか?
障害者セミナーお疲れ様でした。ご活躍で忙しくて、家で寝込んでるわけにもいかないからなー。人のために頑張ってる間はいくらでも地からが湧いてくるものですね。(とらちゃんの形見分けの件連絡くださいね)
2007/10/08(月) 01:27:35 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
myamoさん
古い人間、老夫婦、そういうものかもしれません。照れくささもあるし、男のわがままもありで、薄情だと言うことでもないんですよ。病院で会う老夫婦もそんな感じで、だんなはほとんどむっつりつまらなそうにしています。心配や思いやりを表すことは昔の男にはかっこ悪いことなんでしょう。でもやがては照れもなくなっていくし、二人の間では良い感じの以心伝心が行われているんですよ。皆んな良い老夫婦になってほしいね。山あり谷あり、ゆっくりいけば良いのです。
ほんとに寒くなってきましたよ。歌っていれば平気だけど、寒風の中、聴いてくれる人が減るのは当たり前ですね。寒そうに立っていると気の毒になるよ。これからは自然のなかで焚き火ライブです。
2007/10/08(月) 01:37:26 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ねこつかいさん
ここには自分や家族の病気と関わる人がきてくれて、心配とともに新たな思いを届けてくれます。季節の匂いや色を感じるのも、若く元気なときにはあまり興味のないことだったりします。年齢に相応しい苦労の味はなかなか良いものだ、とね。いい年をして夜の風の中で歌い続けるのも楽しいような苦労なような。こんなことも出来るうちが花なのだ。
2匹を保護してくれるんだね。ありがたいです。どの子も可愛くて手放したくはないでしょうが、一番可愛い子をお預けするのが通例です。別れと出会いのわりきりは経験しかありませんぞ。それが苦手なねこつかいさん。組織の会で猫処理係りになるのは無理なご様子。悩みつつどんどんやって行くしかないですねー。
2007/10/08(月) 01:53:14 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
みゆきさん、奥様、老夫婦になられるまで、お二人で手を取り合って、(いぶし銀の老夫婦と言うには、まだ早い~)お二人で仲良く通院して下さいね。
辛いし、わずらわしいしで、通院などしたくないでしょうが、やはり病院から離れてはいけませんよー。
私も定期的に通院など無い日々が懐かしいです。それが、当たり前だと思っていたんですから。退院出来て、普通でいる事のありがたみが今では身にしみます。
人工肛門から、自力に改善されたお話、凄いですね。医療がもっと進歩して、尿道カテーテルの改良、装着も楽になる、もしくはカテーテル以外の方法の時代が来ると良いのですが。
奥様はあまり無理なさらずにマイペースで、そして、みゆきさんはストリートライブで、若さを保ってくださいね。応援しています。
2007/10/10(水) 00:00:03 | URL | M #-[ 編集]
Mさん
ご心配ありがとう。バンド三昧は今に始まったことじゃないので家族の諦めは早かったよ。遊んでて良いよ、若いからねー、と。
女性はこんな下(しも)の患いって、辛さは男には計り知れないね。Mさんもご自身の闘病のなか、他者の励ましのために動いているから元気が湧いてくるんでしょう。通院も内の奥さんより多いみたいだから、Mさんこそご自愛くださいませ。(優しいご主人という共通点は良いね。笑)医学も日々進歩。後の人は同じ病気でもずっと優れた治療をしていますね。しかし管通して出すというのは原始的です。おたがい負けずに頑張りましょう!
2007/10/10(水) 08:28:41 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
とらちゃんの形見
みゆきさんへ

長かったといっても2週間と一日
合計で12日間の社会福祉実習が
やっと明日15日で終わります。

身体障害者施設で身体障害者の私が
実習をしたので、施設側の配慮は
相当なもので、感謝の限りです。

実際、不幸にして障害者になっても
立ち直って何かを始めようとして、
社会の仕組みがそれを妨害すると
いった事が普通なのですね。

今回も通常は学校側が手配する事になっている
実習施設を障害が理由で自分で探す事になり、
条件が厳しい事もあって、とても大変な思いをしました。

ただ、今回お願いして実習させて頂いた施設の側では
私の実習が他の障害者の刺激になると考えて
肯定的に実習を受け入れて下さったようです。

また、特別に開かれた私のテノール独唱による
小さな演奏会も利用者やスタッフが沢山聴いて下さり、
リクエスト曲もあって、思いの他、好評だったようです。

明日で長かった実習がやっと終わり、
今週の17日水曜日の午後6時半~8時まで
ぶどうの会オアシス作業所のウェブサイトの勉強会に出席します。

みゆきさんのご都合がもし良ければ、
その前後にお届けしたいと思いますが、
時間と場所は如何でしょうか?

その後ですと、11月3日土曜日の午後1時から5時に、
所沢市内で3年前から参加している障害者団体の集まりがあり、
その前後にお届けする方法もあります。

よろしく御連絡下さい。
2007/10/14(日) 10:03:38 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/14(日) 10:19:33 | | #[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
お疲れ様でした。障害者の人は法律や社会的な認識もあるし生活にも仕事にも苦労が多いでしょう。弱者として行政は切り捨てるし、社会復帰は企業の壁があるからね。僕らはこういうイベントにもぜひ参加したいんですが、なかなか皆んな多忙でタイミングが合いませんね。とらちゃんの形見を遠慮なく頂きに行きます。ねこの会のほうにも保護者さんへの支援としてありがたいことです。17日にぶどうの会へ伺います。ウェブのことなら僕も役に立つかもしれないな。
2007/10/14(日) 12:24:22 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
お忙しい中
ありがとうございます。
明日おまちしています。
2007/10/16(火) 18:51:25 | URL | とらちゃんのおとうさん #6DEZL/Jo[ 編集]
とらちゃんのおとうさん
はーい6時半ですね。楽しみにしています。
2007/10/17(水) 00:13:51 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。