みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日入間市アポポフェスティバル・丸広ライブでした。
25日の報告です。入間市アポポフェスティバル、駅前商店会の夏祭りだ。小さな野外音楽堂、公園、広場、あちこちでコンサートやフリーマーケット、ボランティア団体のブースが並ぶ、一日だけのお祭りである。僕らは入間丸広デパートの一階ロビーにステージを作ってもらって、毎月恒例、夕方の「SUN?FREE」コンサートを開催した。出演は「僕、みゆきの今日最初で最後のセッショングループ」「カウント」「Flora」「yu-ya君」「さるお」「ハンドベルツインズ」皆んなどうもありがとう。同じステージでお昼の部は東野高校合唱団や駿河台大学三味線の会とアカペのラグループ。
からてか僕は小さい子たちがなにかを一生懸命やってると、すぐうるうるしてしまうのだ。大人たちの写真も撮ったけど、それはまえにも記事の中でアップしたから、今日は印象的な子供たちのものを紹介します。
空手道場に通う未来の格闘家達。ステージにぎっしり並んで演舞を披露してくれた。試し割りというのかな?板を何枚も重ねて気合一発、セイケンやヒジウチで割って行く。
ダンシングこちらおなじみのダンシングフレンズ。君、ちょっと前までおしめしてただろ?っていうような小さい子たちだ。このあともどんどん衣装と小道具を替えて登場する。少し上のお姉さんたちは側転を披露したりバトントワリングをしたり、盛りだくさんのメニューである。この子たちのステージにはカメラを持ったパパやママ、お友達の応援もいっぱいで狭いロビーはごったがえす。そして終わると同時に、すべての出演者とお客の熱気を引き連れて、ささーっと潮が引くごとく居なくなってしまうのだ。大人も子供も、イベントに参加していると言う意識はなく、わが子の晴れ姿をカメラ越しに覗いただけ。パパとママ、ムービーを必死に構えていては拍手もしてあげられないだろ?それにセッティングして待っていたスタッフにはお礼くらい言うべきだよ。(子供達を教えている責任者の女性は、礼儀正しい人だけど)
ここから機材をチェンジしてバンドがスタンバイ。また一から通りすがりの買い物客を引きとめるのは、なかなか努力の要る勝負であるね。僕らの「SUN-FREE」コンサート演奏時間は、4時ごろから6時半の終了までだったから、人々も一通り買い物を終えて帰路に着く時間。歌い始めると遠巻きに聴いてくれるけど椅子にはなかなか腰掛けない。少しイベントの順番を考えて、子供たちの家族応援付きパフォーマンスをここの時間へ持ってきたほうが良いだろうな。せっかくのフリーコンサート、中身はとても素晴らしいのだから、人通りの多いお昼にやらせてもらおうよ。来年はちゃんと事前のプログラム会議に参加して、優先的に時間調整をしようじゃないか。年末にはクリスマスコンサートをやらせてくれるそうです。皆さん今日はどうもありがとう、丸広さんまたお世話になります。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
うちの子供たちが通った幼稚園はカトリックの幼稚園なんですが、
何のイベントのときに、両親、家族がカメラ、ビデオ撮影するのは禁止されております。
ファインダーの中だけのわが子ではなく、回りの子供たちも見てあげてくださいと。
だから、カメラ係りがいて、後から写真を申し込むんですね。
それはそれでいいかなと思いますよ。
必死にわが子を追いかける両親って、
見ていてあまり感じよくないしな。
みゆきさんやさるおさんのバンド、
どうか人とのつながりを今まで通り大切にしていってくださいね。
音楽がよくても、人間としての品性がないとなあ。
いくら歌詞がよくても、応援する気持ちにはならないよなあ。
そういう意味では、演奏していないときは見られているのかも?
2007/08/27(月) 23:52:30 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
音楽が、歌詞が良くても、とは仰るとおりの身の引き締まる言葉ですねー。若い人たちはわりとそう、自分達の出番が終わるとさーっと帰る。僕らは前後の出し物を見て拍手し、友達になろうと話しかけることを当たり前にしているよ。演奏してないときは見られてもステージ係りのおじさんだと思われてますがねー。
お狂さんちの幼稚園は立派だな。子供達は演技中も家族の笑顔に触れて、拍手を貰って頑張るのであって、自分のムービーが見たいわけじゃありません。記録なんかいらない。頑張ったね、って言って欲しいのだと思うよ。
2007/08/28(火) 08:12:14 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
こんばんは。
私も涙腺が弱ってきていますから、運動会なんて大変なんです。
うちの子は足が速いので大丈夫なのですが、徒競走で必死になって走ってる子供を見ると、親でも無いのに涙がぽろぽろ。。。
(関係ないおばさんが泣いてるなんて変だけど。。)
子供が何かをやり遂げようとする姿はいとおしいです。
娘が中学の時、クラリネットでソロコンテストに出場したのですが、演奏した「G線上のアリア」は息継ぎの少ない曲で、見ていてこちらまで苦しくて。。。必死の姿に涙が出ました。
金賞とヤマハ賞を頂いたんですョ♪♪(ちょっと自慢話ししちゃった!)
私の妹は「カメラを覗いていると子供の頑張ってる本当の姿を見れないから。。」と、運動会は拍手で応援していますよ♪
2007/08/29(水) 00:02:46 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
ねこつかいさん
自慢も感動もいっぱいできる親が一番。子供がどう育つかは親の気持ちに掛かっているよ。クラリネットで金賞なんて素晴らしいね。うるうるするのもしっかりと見てあげればこそであります。涙腺は壊れるんじゃなくて年とともに成熟して心の反応が鋭くなるんだと、僕は思うんです。そして妹さんは正しいぞ!愛情はファインダー越しじゃ伝わらないです。
あ、うちの子「日子太」君も絵が上手で市のコンペディションいつも特選でした・・・自慢の息子!
2007/08/29(水) 07:58:55 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。