みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「詩人ナナオ・サカキ朗読会」でオープニングアクト
as4 夕べの興奮も冷めやらぬまま、今日15日は高麗川巾着田のほとりの「アリサンカフェ」で台風の中のライブ。詩人「ナナオサカキ」の朗読会で、オープニングアクトに参加させてもらった。詩人にゆかりのある3曲を歌う。
ナナオの旧友、ひのこバンドの「マスター」とその奥さん「みっちゃん」とのセッションです。雨風のなか、たくさんの「ナナオ」ファンが集まった。


as2 彼は放浪詩人。日本のヒッピー・ムーブメントの生き証人みたいな人だ。
 こんなジャンル分けっぽい紹介は、彼にとってはバカバカしいだろうけど「ビートニック」と呼ばれたアレン・ギンズバーグやゲーリー・スナイダーと並ぶ世界詩人。カウンター・カルチャーの歴史に興味がある人は知っているはずだ。
 マスターが作曲した「かささぎの歌」はゲーリーの詩、そしてナナオ訳の名曲である。
 おん年84歳、地球を巡り、うたい続けたこのオーラを見ておくれ。本物の証しか、海外の評価のほうが高い。作品は17カ国で翻訳され世界中を朗読会で旅して歩く。
子供や孫のような聴衆をまえに、重く渋く、人間味溢れるビートで朗読する。そして質問会。

戦争のこと、旅のこと、環境のこと、全部一行で答え、解説が続く。これは一晩中聴いても飽きない話だ。
Q:「家を待たないって本当ですか?」
 A:「家は世界中にあるよ。女性は皆な僕の奥さんで、人に預けて養ってもらってるんだ。」
Q:「温暖化は地球の自然なサイクルなのかな?」
 A:「温かくなってるの?人間のせいなの?あまり考えたことが無いんだ。」
声:(学者はCO2増加が原因だと言ってます)
 A:「じゃあそれを止めようよ。」
Q:「世界を旅して印象に残ることは?」
 A:「全部だよ。…あなたも旅をしなさい。」
僕も、どんな音楽が好きか?と訊こうとしたけど、なんだか愚問に思えてやめてしまった。「君も80歳まで歌いなさい」・・・って、言われなくてもそうしますからね。
※詩集「犬も歩けば」野草社より復刻。会場で買ってサインを求め、握手して貰った。
as1as3 季節ごと、蓮華・桜・彼岸花、花色のじゅうたんみたいな巾着田の「アリサンカフェ」スピリチュアルな場所に建つ。
高麗川に突き出た、ここのテラスでのライブは最高なんだ。

「続き」へ…膨大な作品から・これはとても短い詩…


「お金とは」

ガキには オモチャ
貧民には    血
土方には    汗
漁師には    塩
百姓には  コヤシ
俗物には   お金
欲深には   回虫
金持には   数字
毛虫には   小石
天使には  星くず



「すばらしい一日」

水を汲み

薪を運び

隣でしゃべり

陽が沈む



「なぜ詩を書く」

田を造るより 詩を造れ

腹ぺこだから
考えることがないから
喉が むずがゆいから
出べそが 笑うから
恋の炎 もえさかるから

地球がまわり 太陽がまわるから
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
山頭火みたいですね。
年をとるって経験を重ねるだけじゃないんですよね。
ものを考えるのに、単純に考えたらいいんですが、
社会に生きているとしがらみも常識も邪魔してしまうのでしょうか。
身軽に生きていきたいものですね。
2007/07/15(日) 23:22:21 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
言葉の贅肉をそぎ落とした表現がすごいでしょ。山頭火のような内省的悲哀はないけども、ピストルで撃たれた(はずれた)エピソードなんて肝が太い分日本的ではないみたいです。アラスカというか極地・ネイティブな人類ですかね。「旅をしなさい文句言う人いないんだから」「文句言われますよ」「へー、居るんだ。だれだろう?」てな感じ。
2007/07/16(月) 08:38:50 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
素晴らしい方がいらっしゃるのですね。
あるがままに行くという姿勢なのでしょうか。そう見える姿勢もあるがままなのでしょうか。
口から出る言葉一つ一つの重みが違ってみえますね。
「すばらしい一日」。はぁ。そぎ落とした言葉の余白というか、なんと表現したら良いのかわかりませんが、感激しました。
2007/07/18(水) 00:19:25 | URL | 順梟 #-[ 編集]
素晴らしいですね"^_^"
こう言う方が居て、出会えるって凄く貴重な事だと思いますよ
納得しながら読んでしまいました(^_^)/
詩が又素晴らしい☆彡

下の所沢でのライヴ楽しそう~~
ムフ!!(*^。^*)

身体障害者リハビリセンターは
防衛医大の隣なんですよ!!
かなり大きくて、センターの中に病院もあって、私はもうかれこれ15~6年通院しています。
入院してる時に文化祭に当たると外出許可を得て見ていました。
退院してからはなかなか行けてないのが事実なんですが・・・

毎年、誰かしら来てるようです。
スポーツ選手やシンガーなど・・

みゆきさんのこと、
ちょっと聞いてみようかなって思いながら、どこの聞けばいいか分からなくて・・・
主治医がセンター長なので聞くチャンスがあれば聞いて見ますね。

夢は武田鉄矢さん率いる海援隊が来て障害を背負ってる仲間の心を温めて欲しいんですが・・
夢だろうな~~と思ってるんです。
2007/07/18(水) 01:29:36 | URL | yoko #XAUl15Aw[ 編集]
順梟さん
この短さと簡素が良いね。選ぶ言葉が無作為なのにびしっと決まる。パクりたい衝動を抑えますね。「ラブレター」という代表作があるよ。日本以外の世界中の人が知っている。
「半径1mの円があれば 人は座り祈り 歌うよ」と始まって、
「半径100億光年 時間と空間と すべての思い燃え尽きるところ そこでまた 人は座り祈り 歌うよ」で終わる宇宙へのラブレターです。
2007/07/18(水) 08:27:07 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
yokoさん
僕が80歳までと思うのはこんな爺さんの影響ですよ。年老いたオーラは人を癒すからです。そして優しくはしないのにすごく優しい。僕も捧げるように歌ったけども見つめているだけで何にも言わない。質問者の目もじーっと見るね。後ろめたい人はきっと怖いよ。
じゃあうちの掛かり付けでもある医大のセンターライブ、おまかせしまーす。鉄矢さんは時間があればこういうところにも来る人ですよ。
2007/07/18(水) 08:34:50 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
このブログを読んでついつい再びナナオサカキをgoogleしてしまいました。僕自身『現代の子供』ですが、男気あふれる冒険家の本を手に取ってみたり、お話をきいたりすると、なにかぞくぞくと興奮するものです。詩もとてもいいですね♪今度は是非生朗読できいてみたいものです。
2007/07/18(水) 14:30:15 | URL | つかさ #-[ 編集]
つかさ君
君も冒険家ではありませんか。皆んな生きてること自体がそうかもしれないね。僕も登山記や探検記など大好きですね。朗読会・講演会も好きで良く行きます。コンサートと同じくらいチケットが高いのが痛いですわ。ナナオに会えると良いね。もう84歳だからね。
2007/07/18(水) 15:07:55 | URL | みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。