みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今は亡き、野良たちへの詫び状
さる15日、入間市のある自治会で、猫の苦情を解決する為の話し合いがあったのだ。僕もわれらが「ねこの会」の会長さんのお供で行って来ました。これはその時のこと、13日の記事にコメントを頂いた。前回の記事にもこの記事にも関わるので読んでみて下さい。chieko会長のコメント
本まで出すような、有名な猫ブログの管理人にも「餌をあげる人と避妊する人とそれぞれで良いじゃないか」という人もいるね。優しさからそう思うのは解るけど、そのために「会」があるんだろ?って言われたら僕らは困ります。その意見の尻拭いで、自治会も住民も深刻な話し合いをしてることなど、ご存知ないのでしょうけどね。
僕は昔、外の猫たちが皆んな元気にノンビリと、日向ぼっこをしていると思い込んでいたのだ。自分のパソコンを持ち、ネットを検索して、猫好きの先輩飼い主達の悲痛な叫びを見るまではね。その無知でのん気な餌やりの男は、やがて罪滅ぼしの為に「ねこの会」に所属し、ブログで猫の保護を訴えるようになるのだが・・・正しい飼い主さんの中には、これを非難する人も居るだろう。情愛の薄さなのか、こうして思い知らされなければ気付くことが出来なかったわけだ。初めから賢く正しくありたかったが、自慢したくて背伸びして、嘘・偽りを書いてはしょうがない。それはブログのルールを無視した、ネット文化への冒涜だからね。

懐かしのヘーゼル「ヘーゼル、懐かしいヘーゼル」いま居るカリンはお前の生まれ変わりじゃなかろうね。落込んだりはしゃいだりの大人気ない僕を、なにか言いたげにじっと見る、その澄んだ目が良く似ているからさ。
一人暮らしのアパートの窓に、お前は痩せて汚れてやって来たね。寂しく心細かった僕は本当に嬉しかった。その頃ウサギの物語を読んでいて、その主人公の名前を付けたのだ。二人で何年か一緒に暮らした後、放浪癖の僕のもとを離れ、お前は実家の子になった。誇り高く甘えを知らない雌猫だったが、僕の母親の愛情に触れて、柔和な目になり甘えん坊になり、それから10年幸せに生きた。僕に飼われるより幸せだったか?お前が死んだ時、僕はずっと遠くで人生をもがいていたよ。あとで少ない写真を探し、この絵を描きました。
「スカ、懐かしいスカ」うちでご飯を食べ眠ったあと、野原へ元気に飛び出して、見ている前で轢かれてしまった。血も流れず苦しみもせず目を開いたまま即死だった。当時は田舎道を飛ばすドライバーを怨んだけれど、これは僕の責任だ。彼は猫のいる人生の魅力と楽しさを、そして野良の命の悲しさを、存分に教えてくれた猫だった。そして半外の野良猫飼いを、僕に後悔させてくれた子でもある。その頃のボスだった「ジェッポ君」が毒を盛られ、瀕死でうちへ這って来たのもこの頃だ。キジトラおデブ、僕の理想のアイドルだった。
こんなことが続いて僕は教えられ、無知な飼い方が罪悪となる道理を知ったのだ。この絵を描いてから、もう25年。写真を模写しただけの下手くそだな。
(今も下手だって?)
その家も自動車道路が出来て今は無い。他にもいたであろう当時の野良たちは何処へ行ったろう。みなそれぞれの天地を求めて、旅ねことしての短い一生を終えただろうか。
昔は解らなかった猫の言葉が、今は少し解るのだ。声に出して言うことは「遊んでくれ」「お腹がすいた」「寝るから膝を貸せ」くらいのものだけれど。もの言わず目だけで語るその思いの、なんと多様であることか。人間の人生と憂いについて、猫の哲学と楽しみについて。怖いほど、慈愛に満ちた彼らの目に、未熟な僕が教わるべきことはまだまだいっぱいあるのです。

21日追記:珍しい名前の「ヘーゼル」ちゃん。ここ(しろりんさんち)にも居ました、元気な子です。(しあわせのたね暖め中)
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
目の前で車に轢かれるなんて。。。辛い思い出ですね。。。

私も猫ブログを始めて色んなことを知りました。聞くだけで、想像するだけで息苦しくなるようなことも。。。!!

昔、猫のことを好きでなかった頃は、猫には表情がないと思っていましたが、本当はちゃあんと感情を体や声の調子、眼差しで表しているのですよね♪♪
私の大切なかわいい子たちは綺麗な宝石のような目で私のことをいつも見つめてくれています。。。
2007/03/20(火) 23:43:20 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
みゆきさんもつらいところを通ったのですね。
つらいところを通った方々は皆思うはずです。
「こんな思いを他の人がしなくていいように、わかっていただきたい。猫を不幸にせず、飼い主を不幸にしない飼い方を」
猫も不幸になります。
飼われ方を間違えられると。
しかし、飼い主も不幸になります。
自分を責め続けることになるかもしれません。
野良猫さんの餌やりたってそうですよ。
毒で殺されたりしたなら、猫さんも不幸になりますが、
餌やりさんも不幸になるのです。
何が正しい飼い方か。
まだまだ模索して、よりよい方法を見つけていかねばなりません。
地域猫活動が最善の活動であると断言できないように。
2007/03/21(水) 00:55:21 | URL | お狂 #-[ 編集]
みゆきさんこんばんわ。
この世の中、何が正しいって、難しいことだけれど、ただ、行動を起こして、一つの結果が出れば、認められる。

正論は存在するが、人々は、人数や、結果、力がある者のいうことに右へならえなのですよね。

猫の保護にしても、どんなに苦痛な過去があり、こちらの人間が間違っているとしても、結局間違った人々が減らないかぎり、弱者への、虐待などは無くならない。

捨てることもそう。

本当に嫌な世の中。

猫のあのまなざしを見て、なんとも思わないのだろうか?

僕は、もともと、犬派。当然猫を拾うことなんて想像したこともなかったけど、星くんの一件で思ったこと。

一つの命なんだと。人間も、犬も猫も花も。

お恥ずかしい話、今花を育ててます。しかも愛知万博でもらったもの。

当時一輪の花で、景品でもらいました。

当然花なんて育てたことも無く、邪魔だとしか思ってなかったし流れでもらったことを後悔した。

でも、こんな1輪の花でも枯れていく姿をみると悲しい。見たくない。

そんな思いで、ずっと育てて、今では超巨大化^^;しました。

以前、ゴミ捨て場に鉢植えごと捨てられた花を見て悲しい気持ちになったことがありました。

話はそれましたが、私たち人間は、もっと、大きな視野を持つべきだと思います。

権力や団体でなく、一人一人で改善し協力できる世の中になってほしい。

そうすれば、たとえば、猫の苦情一つとってもこんな話合いにまでならなくても済むのに。

人間は、自分たちが生かされているのを忘れ、自分たちの主観などで物事を話す。

だから、あれが嫌い、好きだの、身勝手なことが起きると思います。

猫も、人間も上下など無いのに。一つの命として平等に見れば、こんなくだらない問題も起きず、もっと平和な気持ちになれると思います。
2007/03/21(水) 01:57:51 | URL | ケンジントン #-[ 編集]
ねこつかいさん
体験しなければ解らないことが多いんですね。うちの奥さんも猫は嫌いだった。>綺麗な宝石のような目で・・・見つめられ、ふとんに入られ、一晩で魔法のように猫命となってしまいました。猫が教えることに心を開きたいです。そしてネットで初めて知ったこと、これも宝です。僕らのブログも誠実に真面目に守っていかなくてはね。
2007/03/21(水) 09:37:04 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
お狂さん
やっぱり悲惨を思い知らされなければ気付かないのかもしれないね。本当に嫌いで、いい気味だと思う人はこの自治会のように「虐めないで」とお願いするしかないけれど。地域猫が最善の策でないことも解ります。猫を公害動物として見ている人がいる現状から守るため。この過渡期には致し方ないですね。会長が過去に関わり、4・5年で問題が出ないくらいに減って解決し、TNRが当たり前になった自治会もあるのですよ。
2007/03/21(水) 09:48:59 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ケンジントンさん
おそらくケンジントンさんは動植物オーラを放つのでしょう。これは優しさから出るけど優しいだけではダメみたいです。あの星くんが選んだ飼い主さんですからね。花が巨大化、良いですねー。きっと花にも感情があるのでしょう。猫のことも一人一人意見の違いはあるんだけど、法律では「飼えないのに増やしてはいけない、みだりに捨てたり虐めてはいけない」と決まっている。それでも捨てる人の手伝いをする行政は?矛盾とはこのことですよね。
2007/03/21(水) 09:58:43 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
この子達が居て、そして今のみゆきさんが在るのですね…。
書かれてらっしゃる時、お辛い想いもあったかと思います。
みゆきさんの運命の猫さん達のお話。
教えて下さって感謝します。

会長様のコメント、拝見しました。
いつも思いますが、実際に現場で動いてらっしゃる方の
言葉は重いですね。
対猫というより対人間だよなぁ…と、いろいろなブログや
サイトを拝見しながら、つくづく感じます。
2007/03/22(木) 00:02:39 | URL | myamo #TRL3c4kQ[ 編集]
myamoさん
皆さんそれぞれの運命の猫、僕も知りたいです。猫たちが命懸けで教えてくれなければ、今の猫への愛情はなかった、と言う人が他にもいるのではないだろうか?と思い書きました。一方でなんと非情なる飼い主かと、お叱りを受けるかもしれないとも。会長は人生でも猫でも大先輩。ノラ猫を人間の問題として捉え、語り続けてきた元教師で僕らのお母さん。先生と呼びたいけど呼ぶと叱られます。
2007/03/22(木) 19:22:59 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
猫(犬)にとって幸せな生活って何でしょう?
一番は車のない世界での生活なのじゃないかなあと思います。
でもそれは人間のいる社会では無理ですよね。
じゃあ、交通事故のないようにしてあげるのが理想ですよね。
家猫外猫問わずに。
平気で動物で捨てる人、もっと処罰するべきでは?と思うのです。
ある弁護士さんを知ってるのですが、動物犯罪(虐待など)を行った人の多くが今度は人にたいしてやることが多いそうですよ。
そういうのを踏まえてももっと重い処罰にするべきです。
2007/03/23(金) 20:52:48 | URL | ちあき #sCtPCMnU[ 編集]
ちあきさん
人間と暮らすことは今の猫族にとって幸せなのかな。離島で野鼠をハンティングするのと都会で低脂肪フードを貰うのと・・・いずれにしてもペットは現代人の運命共同体ですからね。猫の虐待が人への猟奇殺人に繋がるというのも、人間と社会的に関わる特殊な動物だからこそでしょうね。罰則と規制の強化に加え、心理学や児童教育の研究課題でもあると思います。あとは行政が命の尊厳に気付かないことには何も変わりませんね。日本の猫は悲しいことばかり。
2007/03/23(金) 22:54:07 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。