みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ブログお化け」出没「野良猫の餌やりさんを大切に・・・」を考える
果たして猫自身には自分が大きくなっているという実感はあるのだろうか。今の半分も無かった弟猫「ムーン」を迎え入れ、容認した「カリン姉ちゃん」。少なくともこの弟が、自分よりも大きくなっちゃったのは認識しているだろうね。初めの頃と同じように、今も抱いて毛繕いをしてあげるけど、抱いた感覚が日々に変わっていくからなのか、最近ちょっと困ったような顔をするのだ。tibisuke
「カリン」は1ヶ月半くらいで川原散策中の僕に出会い、うちの家族になった。ママ猫から引き離され捨てられてすぐのこと、餌やりさんにご飯をもらったなんて経験は無いと思う。もしもこの子が野良のまま、餌だけ貰って避妊もされず大きくなって、子供を産んでいたらどうだろう。同じ不幸な運命の野良を何匹かこの世に送り出して、みずからは短い寿命の一生を終わる。残された子達は病気か事故かカラスの餌か?ひどい時には虐待死か。であれば、あの川原で死ぬのは「カリン」1匹でたくさんだ、と僕は思うよ。無責任に餌だけやって、増えた猫を飼えないのなら、初めから猫など見えない方が良い。お腹がすいては可哀想だなどと、思わない方が良いのだ。そう、あの日僕に会わなければ、カリンは飢えて死んだだろう。
姉と弟←(あんたも大きくなったわね・・・)
「餌やりさんを大切に」TNR活動の中で言われる言葉だ。“この人たちも親切なのだから、無責任呼ばわりしたり喧嘩をしたりすべきではない”と・・・うちの会の会長さんが、都内の保護団体の例として掲示板に書いてくれたが、これには大きな前提があるのだ。
「『餌やりさんは大切にしてね。不妊手術をしたらその人たちは必要になるんですから』それには前提があります。千代田では区民の要請で保健所が猫の捕獲をやってくれるため病院へ簡単に運べますし、助成金もたくさんでます。入間市ではとても望めませんがいつかは、、、と願います。会では餌をやるなら手術をしてやってくださいとお願いしています。しかし、費用がかかります。餌やりさんだけではとてもできないことが多いのです。これを読んで下さったみなさんへ、今よりもねこを増やさないようにするために身ぢかにいるねこの不妊手術をぜひやりましょう。」(抜粋)
決して餌やりさん擁護論ではない。猫の将来を思うゆえの啓蒙であり、不妊処置の重要性を共に考え納得してもらって、いずれは良きパートナーとなって頂くためのアプローチなのである。ただ単に餌やり行為を許し増えるに任せて、愛護団体や個人の保護者は黙ってその尻拭いをすれば良いというものではないのだ。ときには言い争い、仲たがいに発展するかもしれない。しかし真剣に猫たちの将来を思うならば、今は無理解な人たちとの間に、多少の軋轢はあって当然なのだ。
でもこんな風に普通に意見を書いていると、突然ひどい非難をする「ブログお化け」が出る場合があるから気をつけよう。
ネット上の素晴らしい文化であるブログの品格と、そのルールを確認する為に“あったら恐い”“こんなブログはイヤだ”というようなお題です。もちろん僕の拙ブログの正しい訪問者に、こんな人は居りません。
以下「続きを読む」に書きました。「世にも奇妙なブログの噂」恐いもの見たさ、好奇心の強い人だけどうぞ。


世にも奇妙なブログの噂(1)・・・お外の猫にご飯を上げているけども、保護活動にはあまり理解を示して下さらない皆さん(無責任なノラの餌やり、と言ってはいけない)についての考察や、そのわからずやぶりを書いていると、どこかのブログから突然ひどい非難を受けると言うのだ。「偉そうに正義を振りかざすな。何かあったら許さない!」というようなおっかない脅しをかけてくるのだそうである。こんなお言葉は先方にそっくりお返ししたら良いと思いますがね。公園に野良猫を集めて餌やりだけをすることが、猫虐待者や捨て猫常習者の格好のターゲットとなることを知っているはずだ。現にあちこちで餌に毒を盛る猫殺害事件が起きている。人間にも及ぶかもしれないこの恐ろしい事件の責任は、餌を置いて放置した人にはないと言うのかな。
保護と餌やりの活動について反論があるのなら、堂々とコメント欄に意見を公開するべきである。僕が間違ったことを書いたときも、ここの訪問者さんはきちんと指摘をしてくれました。それが誤解であれまっとうな批判であれ、僕は弁明もし、訂正謝罪もする。これがルールというものだ。そしてここの訪問者さんはコメントについても真面目である。書き損じたコメントを間違って送ってしまったときは、削除しましたというコメントをくれます。見ていない僕には何のことか解らなくても、誰かが見て気を悪くしたかもしれないとおもんばかれば、これも礼儀というものだ。これはよそのブログの話だが、ひどいコメントを送りつけておいてとっくに皆んなに見られていることも知らず、あとからこっそり削除、なんてことをするものじゃない。
世にも奇妙なブログの噂(2)・・・このひろいネット世界には、何の都合が悪いのかは知らないが、架空の人格をでっち上げてブログを書き散らす人もいるらしいね。顔が見えないから良いや、ということなのかな。そこへ集まる訪問者も、どうせちゃんと読んではいないだろうから、気にもしてないらしい。ギャグでもかまして笑っているなら罪もなく楽しいことだけど。
これはブログで人を非難・中傷するための実に優れた方法である。
たとえば「都合で管理人が交代しました」と言っておいて、まったく同じ考え方で同じ非難を続けるとしたら。コメントには管理者の鍵をかけて「本人ではないのでお答えできません」ということにしておけば、書かれたほうは完全に泣き寝入りである。別人ですよと言っておいて、写真もレイアウトも文章もそっくりだなんて、良い子は真似をしてはいけません。
こんな「ブログお化け」に“こめんてえたー”として群がって「そうだ・そうだ」と騒ぎ立てる人たちも、どうか考えて頂きたい。はじめに非難を仕掛けておいて、いつの間にか被害者に成りすまし、同情コメントを集めるようなやりかた。これは話題性を取りたいだけで、一人で勝手に「炎上」を気取るブログ初心者の低劣なアクセスアップ失敗例だぞ!ましてや片方の意見を鵜呑みにして、良識あるコメントを駆逐するような周りのコメントの書き方。同調さえしていればなにも考える必要が無くて楽かもしれないが、いずれは荒廃してまともな人は来なくなってしまうよ。悪口を書きたい人は「2ちゃんねる」へ行きなさい。しかし「2ちゃんねる」にだってちゃんとルールはあるのです。あなたが自分のブログを運営しているのならなおさらだ。同調するコメントを入れたら最後、そこに書かれている間違ったことが、即・あなたの意見になってしまうことを忘れてはいけません。真実が解ったあとで後悔しないよう、くれぐれも慎重にやるべきだ。こういうブログは為にする「非難ありき」で、猫族の将来についても、TNR活動が実社会に与える影響についても、なにも考えてはいないのだからね。
ブログで発信する意見とは、その人の人格が推し量られるべき声明の書だ。僕だって書くときは必死である。憎しみの感情に任せて書くことなど許されないと、常から自省するものの一人です。どこぞに実在するやもしれぬ(しないかも知れない)「ブログお化け」さん、恥を知りましょう。
やれやれさ、猫のこと書くのも楽じゃないのです。
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
ネチケットを守る
今、小学校ではネチケットを守ることを学習しているらしいです。
ネットでHPを作ることが普通に出来る年代になりますからね。
しかしながら、ここはやはり品格だと思います。
知らずに人を傷つけていることもあるし、間違ったことを書いていることもあります。
ご指摘を受けたなら、潔く謝る。
反対意見に、感情的にならずに、最終的にお互い理解しえなかったとしても、
いろんな意見の人がいるからと憎まないことでしょう。
そして、人間、どこでどうかわるかわからない。
昨日同じ意見を持っていた人が、意見を翻すこともあります。
昨日、異なる意見を持っていた人が、同じ意見になることもあります。
そうなることがあるということを憶えておいて、
反対意見の人には自分の意見を伝える。
動物愛護なら、どこでまた協力をお願いすることになるかもわからない。
環境問題でもそうです。
「あの人はそういう人だから」となってしまうと、
救える命も救えなくなる可能性もあります。
動物の命を大切に考えるあまり、何をしても許されるかというと、広島の一件をみればわかるではないですか。
これもまた人としての品性です。
自分が品性があるように書いていますけど、
品性のある人間でいたいと願ってはいますが、時にはそんなものをかなぐり捨てていることもあります。
自戒の思いをこめて書いております。
広島の多くの方々のブログのコメント欄があれて、閉鎖に追い込まれるようなことは、もう見たくないですね。
良識のある人間がそろっていれば、荒れ始めたときに、自浄作用もでるのですが。
2007/03/14(水) 00:01:04 | URL | お狂 #-[ 編集]
私が猫のブログを始めてから、動物愛護のことについて色々知ることができました。
そして、やさしい人たちに出会い。。。そして意図的に傷つけてくる人にも出会いました。
人を傷つけるのなんて、ネットの世界では簡単なことなのですね。。どこの誰なのかもわからないし。。。。
私が今でもブログを続けていられるのは、力づけてくれる仲間がいるからなのです!!
ありがとう!!
2007/03/14(水) 00:22:37 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
私もねこつかいさんと同じく、猫ブログを始めて、他の方のブログを見るようになり、こうしてみゆきさんともお会いできました。そして今まで知らなかった動物愛護のことを知り、何も出来ずにおりますが明らかに以前とは違った意識で猫のことをかんがえるようになりました。しかし、折角の素晴らしい文明の利器を心無い言葉で汚し荒らすのは一人の人の心も癒せないですね。
顔の見えない言葉と言葉の交流だからこそ、相手の方の事を考えて言葉を選ぶのがこの世界ですね。それが私も頂くコメントの文面から伝わってきます。自分が他の方に書く言葉も、書きながらストレートに自分に返ってくる言葉なのだなぁと気が付いた今日この頃です。
2007/03/14(水) 01:22:47 | URL | 順梟 #-[ 編集]
お狂さん
舌足らずの記事に適切な補足です。ありがとう。これは小学生でも解ることですから、これをする人は幼稚園児みたいなものですかね。しかし文章の品性(書いた人の品格)と言うのは意見の違いや憎しみをも越えて伝わるものです。管理者が欺瞞に満ちて管理している限り自浄は期待できません。こうしたネット上のクズは自分で気付いて貰って早く閉鎖して頂くしかありませんね。
僕のこの記事も品性に欠けているかもしれません。しかしどこかでだれかが迷惑している以上、書いておかなければ我が自負する正しいブログとして続けることが出来ませんでした。噂のねたはまだまだあるのです。
2007/03/14(水) 07:53:37 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ねこつかいさん
こういったことが現実にありましたか?お気の毒です。傷付ける人って言うのは、後に真実が明らかになれば実は自分を傷付けてたってことが後悔と共に解るんだよ。そんなことがあっても落ち込む必要はありません。ほとんどの場合は直接抗議しても無駄ですからね。自分のブログに書いても揚げ足取りをされるだけ。良識を持ってよく読めばとても気持の悪いものだと気付くんだけどな。周りの人たちもいつかは皆んな相手にしなくなるでしょう。可愛い猫達のブログ、明るく元気に続けてね。
2007/03/14(水) 08:09:17 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
順梟さん
本来ブログ訪問者のコメントというのは管理者の財産なのです。言葉を選ぶ、相手を思いやるのは当然。自分の人間性を送ってるんだからね。こちらも読めば人柄が解り、返すときには誠実に気を使う。自分に帰ってくると思えば当たり前のことです。拒否設定なら良いのですが、コメントを個別に管理承諾して出すと言うのは、よほどの責任と良識がなければ出来ないことでしょうね。
2007/03/14(水) 08:24:23 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
最近ブログ以外にMixiにも出入りしています。自分の日記だと思って、感情のままに誤字脱字を残していたら、その不適切さを叱られたり結構いろいろ起こります。その人本人を想像しやすいプロフィールもあれば、全然解からない人もいます。装ってる人もいるでしょうね。顔が見えないことを良い事に、ホント好き勝手なことを書き込んだりしている人もいるようです。
でもやっぱり、コメントを通してお付き合いさせてもらってると自分は思っているので、必然的に自分に正直に、且つフェアな物言いで、儀礼を持っておこなっていきたいですね。
2007/03/14(水) 13:28:24 | URL | Tammy #-[ 編集]
Tammy さん
埼玉の動物ネットがMixiでページを持とうとしてます。掲示板じゃ荒らされるし、Mixiでも非公開にすべきだと。そこまでやらなきゃネット会話の浄化は守れないんですかね。匿名性を利用して人を非難するのは嫉妬心でしょうか?せっかくの時間を仲良く過ごせないのか、不思議でなりません。やはりこの世界、大人の感覚を持っている人しか参加すべきじゃないのかなー。
2007/03/14(水) 17:28:26 | URL | みゆき楽団 #ulujXjxo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/14(水) 23:52:53 | | #[ 編集]
ブログお化け…うふふ、上手いこと仰いますね。思わず苦笑してしまいました。
いずれにしても、誠実さと思い遣りは忘れないでいたいものですね。
人に対しても、猫に対しても。

拙ブログをリンクして下さって、どうもありがとうございました。
ご報告が遅くなりましたが、こちらからもリンクさせていただきました。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
2007/03/15(木) 01:10:10 | URL | myamo #TRL3c4kQ[ 編集]
myamoさん
お化けになんてなりたくてもとても無理。>誠実さと思い遣りは忘れないで・・・この言葉に正しさが詰まっているわけですからね。お化けさんは残念ながらこんなことは知りません。こうしてリンクしてくれるブログがひとつずつ増えるのも正しいブログの大切な財産です。ありがとうございました。
2007/03/15(木) 08:10:14 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
鍵コメさん
素敵な申し出を頂きました。ありがとうございます。
2007/03/15(木) 08:11:42 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
俺は割と自由に自分の言いたいことを「ひとりごと」と称してやってます。
まぁ、かなり偏重な考えの持ち主なので批判があるかなーとか思っている割にはさして無く胸を撫で下ろしていますw
てゆーか、批判がある以前にそこまでアクセスが無いと言う話もありますけどね(^^;
ともあれ、ネット上だから、匿名だからと言って一方的に誹謗中傷して良いと言う話にはなりませんよね。
ネチケットと言うのは教えないと解らないところもありますがネチケットは一般的な倫理としてわかる範囲のことが多いですから、守れない人は即ち一般社会としてもマナーを守れない人なのだろうなと思いますよ。
と、まぁ、そういっている俺自身も守れているかと言われれば胸を張れるわけでもありませんが。
餌やりさんもそうですが、ちゃんとやれている人はいるわけです。
そういう人達に何か力になれることが出来れば良いんですが…。

それにしても。
ブログお化けとは言い得て妙ですねw
2007/03/15(木) 09:52:11 | URL | なす@レス #-[ 編集]
あー、名前が間違えてます。。。
すいません…。
2007/03/15(木) 14:14:09 | URL | 日影なす #-[ 編集]
日影なすさん
>ネチケットが守れない人は即ち一般社会としてもマナーを守れない人・・・その通りかもしれませんね。ちゃんとコメントの礼儀をわきまえ、他のハンドルネームで送ってしまったことの訂正までしてくださった日影なすさん。説得力がありますよ。なすさんはそんな非難を受けるようなひどいことは書いてはおりません。ほのぼのと共感できるブログですよ。僕も餌をやること自体を否定してるのではなく、ルールを知らず自己満足に終わって、かえって猫を危険に晒している人を無責任と言ってるわけです。猫を守ってる振りをして猫殺しの原因を作っていないか?と言いたいのです。これは人間にとっても危険なことですからね。「ちゃんとやれてる人」はたくさん居るし、そういう人であれば今日も颯爽と保護活動に出かけて、「ブログお化け」なんかやってる暇は無いでしょうからね。
2007/03/15(木) 17:31:27 | URL | みゆき楽団 #ulujXjxo[ 編集]
私は会長さんみたいに後々の事を考えてではありませんが「無責任な餌やり」と呼ぶ事に抵抗があるんです。TNR活動と併せて毎日の餌やりをされてる方からしたらせっかくのTNRの効果も減るワケで当然の表現だとも思うし、他に適当な表現も出来ないんだけど・・野良にゃんからしたら相手が誰でもご飯をくれればいい人で、TNRを無視する餌やりさんも猫への優しさから始めてる事を思うと・・・。身銭を切って多くのTNR活動をしてる人は言える立場にあるんだと思うけど・・何か、やっぱりね、少しでも愛情もってる人に対して私はそう呼べないんですよね。だからと言って応援するワケではないんだけど・・。
2007/03/16(金) 00:28:51 | URL | まりる #WjRtzHSU[ 編集]
「無責任な餌やり」というのは、餌をあげることによって、栄養状態がよくなった猫たちが子猫を産み、その子猫が一年たたないうちに子猫を産み。。。。ということか繰り返されるということを考えていない餌やりのことをおっしゃっているのでしょう。
今ある命を守るのは大切だけど、その後に続く命のことも考えて。。。ということなのでしょう。
私自信、ガリガリに痩せた猫のことを見てみぬふりできずに餌やりをしましたが、その子たちが生み出すであろう次の命のことを考えて、「無責任な餌やりおばさん」になりたくなくて不妊手術をさせました。
その猫たちへの責任はちゃんととりたくて毎日餌やりは続けています。
命は続いていくのです。だから「無責任な餌やり」は考えなくてはいけないのでしょう。
愛情とは今ある命だけではなく、次の命にも
責任をもたなくては本当の愛情とは言えないのでは。。。。と、思うのですが。。。。
2007/03/16(金) 01:57:22 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
まりるさん
この問題の核心を突いた意見です。ありがとう。「無責任」という表現について。>「無責任な餌やりに飽きて、猫を飼ってみようと決めたあなたは、ぜひ避妊去勢をした上で、完全室内飼いをして下さい。」という2月13日の記事と、今回の本文と「続きを読む」で、使ったのは2回目です。これを書くに当たっては一人の孤立した、かたくなな餌やりの人が猫をかえって不幸にした事実を知っていたからなのです。今回の記事では(無責任な・・・と言ってはいけない)と書いて否定していますし、打ち消し線も、実は今日追加したのです。この一人の人への表現が一般論的になって、TNRに詳しくない餌やりさん全体を見下しているかのような誤解を招いたのは認めます。謝罪します、以後は書きません。まりるさんもブログで辛口に批判している通り、この人たちが放置した餌に、殺虫剤を混ぜて猫を殺した虐待者が現実に居ました。僕はまりるさんのブログでそのことを知ったのです。そんな親愛なる人ですから理解の上の記述とは思うけども>野良にゃんからしたら相手が誰でもご飯をくれればいい人・・・なのかどうか。意見が分かれるところです。僕が記事冒頭に「死ぬのはカリン1匹でたくさんだ」と書いた辛い気持ちをご理解ください。「ねこの会」では公害視されている猫の苦情に対して相談窓口となり、時には罵声を浴びて泥をかぶる。わが会長にむかって「猫など殺してしまえ!」と言った地域の人も居たそうだが、そこで猫がどんなひどい目に遭っていようとも、会としては単なる餌やりは絶対にしないのです。また勝手にトラップを掛けて保護したりもしない。解決策どころか近隣の反感を買えば猫の立場はより悪くなるからです。>少しでも愛情もってる人・・・を抱きしめたいほど好きなのだけど、この少しの愛情が悲惨を招く場合があるのです。よって、TNRを啓蒙して行く活動の役割において、これはきっぱりと否定しておく必要があります。過去には半外の多頭飼いで、まさに無責任な人であった僕が、その反省と猫達への罪滅ぼしとして会に所属し、孤立していては出来なかったであろう地域ぐるみのTNR活動をお手伝いしている。ブログを書いてるのはここでは僕一人だからね。コメントのお返事も会の理念が根底にあって、そこから「ぶれる」ことができないので、時には否定的な物言いになってしまいます。動物の為なら常に怒りの言葉を発信し続けるまりるさんは、すでにご承知のこと、長々とごめんね。
2007/03/16(金) 13:44:10 | URL | みゆき楽団 #ulujXjxo[ 編集]
ねこつかいさん
総括として代弁して頂きまして、かたじけない。くどくどした僕の文章よりもこちらをどうぞ。うえのコメントの方もちゃんと給餌、後片付け、保護、不妊処置、と立派に責任を持って猫と付き合っているのです。ただブログ記事に関する表現方法と礼儀においては、読む人それぞれの気持ちの問題があるから気を付けるべきだということです。
ちなみに栄養状態の良い2匹のペアから1年半後、どのメスも6匹ずつ産むと仮定した計算では、3回目の出産でなんと最大80匹。もちろん母猫に餌をあげなければ半分以上は死んでしまうけどね。
2007/03/16(金) 14:05:25 | URL | みゆき楽団 #ulujXjxo[ 編集]
ごめんなさい、よく分からないんですが私、怒られてます?否定されてます?私の文章力の無さで不快な思いをされたのでしたら申し訳ありません。皆さんが納得いくようにうまく自分の気持ちを文字に出来ないのでどう書いたらいいのか分かりませんが、私は捨て猫2匹、元野良猫1匹と暮らしています。野良の避妊去勢も里親探しもしています。ブログでは公表していませんが複数の飼育放棄犬の里親探し中です。

12年半前に捨て猫を拾った時から、捨てる命を産ませる事に強い憤りを感じています。避妊去勢をしない餌やりが不幸な命を産む事も泣きたいほど激怒するほど充分理解しています。だから私はしません。前コメにも書きましたが他に適当な呼び方が無いのも分かってますし、褒められる人たちで無い事も分かっています。TNRを頑張ってる方がそう呼ぶのも当然と理解しています。ただ「無責任な餌やり」という言葉が嫌いなのです。私にはそう呼べないと言う事を言いたかったのです。
2007/03/16(金) 20:56:01 | URL | まりる #WjRtzHSU[ 編集]
まりるさん
まりるさんの愛護行動については良く知っています。否定などするわけがないのだ。言葉に好き嫌いがあっても思いは同じでしょう。指摘された僕の文章についての謝罪と過去の罪滅ぼし、及び「会」の理念のために書いたつもりが、長過ぎるし表現力もダメだ、難しいね。確かにねこつかいさんのコメントと続けて読むと否定しているように見えます。でもねこつかいさんへの返事にも「表現方法の問題です」と伝えてありますよ。こうして誤解を恐れず公開コメントで書いてくれるのは実に気持が良いものです。ありがとう。
2007/03/16(金) 21:23:29 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
まりるさん、すみません。
いやな気持ちにさせたなら謝ります。
まりるさんのこと非難とかするつもりは全然ないんです。
最近、本当に無責任な人の餌やりで増えてしまった野良猫たちの保護をしたものですから。。。。。
これからその子達の里親さんを探さなくてはいけません。。
でもね。。その人のやったことは本当に無責任だったんです。
2007/03/16(金) 22:43:39 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/17(土) 12:57:34 | | #[ 編集]
無責任な餌やり
みなさんのそれぞれの意見を拝見させていただいている限り、もっともですしもっともっと多くの人が参加してもらいたいところですね。この世の中には猫の餌やりとか、不妊手術などという言葉も、概念も知らない人がほとんどなんです。先日ある自治会の役員の人たちに野良猫の不妊手術に取り組んで欲しいという主旨の話し合いに出かけました。このての会合がもてること自体がレアケースでめったにないことです。
ここまでくるのに二年あまりしかし分かってもらえることは至難の業、汗かき、腹立ち、ムカムカを押し殺して、ごもっともと合頭ちしながら説明しましたが、自信はない。これで分かって貰えたのか、自信がないのです。本当に、単純なことなんです。
野良ちゃんが何か所かで5、6匹いるのをふやさないために、産まれても冬をこせずになくなってしまう、やたらと車に引かれてしまう、人が迷惑がっているその現状をなんとか変えようということが、それを分かってもらうことが本当に大変なんです。
ネックは費用なんです。しかし、やり出せば不思議なものでカンパが集まるものなんですが、昔の人は用心ぶかいのかそんなことはあてにしないし。
動物のもろもろのことは人をあてにしないで、何を当てにするの?なんとも愚痴めいて参りましたここらへんで。
2007/03/20(火) 16:37:08 | URL | chieko #-[ 編集]
chiekoさん
タイミングぎりぎりで貴重なご意見いただきました。今日の記事へ引き継ぎます。
2007/03/20(火) 17:15:01 | URL | みゆき楽団 #ulujXjxo[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。