みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫の交通事故・の続きです
つり目のカリン鉢巻ムーン“カリン姉ちゃん”首を噛まれて吊り目になってるぞ。
これ“ムーン”よ、大人ぶって挑みかかるのは良いがお姉ちゃんには敵わないよ。次の瞬間、猫パンチ1発でノックアウトだろ?
お恥ずかしい画像を載せちゃってごめんなさい。弟猫の攻撃にもしばらくはじっと我慢してる、カリンの顔が可愛いもので・・・でもこの状況は2匹ともにストレスだ。“ムーン”あきらめろ!そろそろオペだね。前回の診察の時は幼なすぎたし、おなかも壊していて見送ったけど、ムーンも生後8ヶ月、長寿と病気予防のためにも手術は必要だ。「あっしも男でござんす!」ってな顔して鉢巻も良く似合ってるが、お前はまだまだ子供だよ。こんな時は耳をめがけてフーッと息を吹きかけてやる。お前はびっくりしてすぐにやめるからね。

先日、猫の交通事故について書いたけれど、過去にもこんな経験をしたんだ。
その日の夜、入間市から所沢へ向かう463バイパスを車で走っていて、轢かれた直後のまだ温かい猫を見つけてしまった。こないだと同じだ。数えちゃいないが過去に飼っていた子を入れて5・6匹目じゃないだろか?車を寄せ、座席カバー代りに掛けてあった古いTシャツを引っ剥がし、それに包んで歩道へ抱いて行く。すると、すぐ前の家のオバちゃんが買い物帰りで通りかかった。。。
「まー、可哀想にねー・・・あ、イヤだよ。そんな所に捨てないでおくれっ!」・・・「じゃあ、庭に埋めさせてくれるか?道に置いたら何度も轢かれてボロ布みたいになってお宅の窓に飛んでくるよ」・・・「それもイヤだ」・・・「じゃあ一晩ここに置いて明日の朝、役所に電話してくれないか。所沢はおそらく清掃局が取りに来るよ」・・・「解ったよ。植木の陰の見えないとこに置いといてね」・・・と、後を託して立ち去ったが、あのオバちゃんは僕がその猫を轢いたのだと思っているかもしれないなー。そしてシャツで包んで捨てて逃げた!と。まあ、それでも良いんだけどさ。
で、思い出したのはどうぶつたちへのレクイエム「児玉小枝」さんの言葉。。。
引用です。>「会社の近くの線路わきに、水色のゴミ袋が捨ててありました。近づいてみると、袋の外側に、「犬(死)」と書いた紙が貼ってありました。中には赤い首輪をした白い犬が入っていました……。淀川の河川敷にお墓をつくりました。その日から、私にできることについて考え始めました─。」
どうだろう?彼女は「犬(死)」と書かれたゴミ袋についてただ事実を書いてるだけです。“飼い主が叩き殺して袋詰めにした"とは言ってないし“親切な人が不憫に思って拾ったけれど、どうして良いか解らず線路わきに置いた”とも言ってない。彼女が「河川敷にお墓をつくった」ことも、「私にできることについて考え始めた」ことも、その事実をきっかけにした、優しく自然な心の動きだったと思います。
でも、この「犬(死)」袋に関わったであろう人が忘れられていると感じたのは僕だけかい?あ、僕だけかな?・・ならば僕は、描かれないこの「袋の人」のことを、彼女の優しさの対称としての(血も涙もない非道な人間)と読んでしまってはいけないなと思ったのです。そしてお墓を河川敷に作るのは美しく健気ではあるけれど、法律ではゴミの不法投棄として禁じられていますからお勧めできません。僕も過去に、何匹も川原や空き地に埋めたけど。

これは自分への戒めとして書いているのであって、小枝さんを非難してるんじゃないのですよ。僕らの「ねこの会」でも彼女の写真展を開催した。前日の準備で1枚ずつ貼られる写真を見ながら、会のメンバーは皆んなすでに泣いていたのだから、その活動の素晴らしさと意味するものは良く解っています。
ただ力を抜こうって思うのです。なにがなんでも動物愛護家以外は非道な人間だと決め付けるのはどうなんだろう、と。僕らは動物嫌いよりも動物に優しいかもしれないけれど、そんなに特別なことをしてるわけじゃない。愛護の活動を軽んじているわけじゃなく、心の問題なのだけどね。こんなことに首を突っ込むと虐待や病気や死体のことまで考えさせられ、またそれらの実物とも付き合うことになる。いつもいきどおりと悲しみばかりが付きまとうのです。でもこの活動は一生続けるものだから楽しくなければいけないよね。今は僕らを疎ましく思っているかもしれない動物嫌いな人達に対しても、人間としての信頼だけは持っていたいよね。児玉小枝さんの写真展で涙を流していた人の中には「何も飼ってはいないし、なにも知らなかったけど、動物のために頑張って!」と募金してくれた人もいたんだよ。

どうぶつたちへのレクイエム・小枝さんのメッセージの最後はこうです。
「ことばを持たないどうぶつたちの声なき声が、あなたの心に届きますように…。そして、狭く暗いガス室の中で、その短い一生を終える不幸などうぶつたちが、いつかこの地球上からいなくなりますように─。」                               
そして当の殺処分に携わっていたと言う人も小枝さんのページにメッセージを寄せています。彼は憎むべき人でしょうか?その判断はお任せします。
どうぶつたちへのレクイエム(現場からの?)http://www1.u-netsurf.ne.jp/~s-kodama/genba

こんな僕のたわごとをあざ笑うかのような素敵なジョーク。2チャンネルへのアイロニーに見えてなぜかほのぼのする虐待日記。1と2があるよ。お口直しにどうぞ!
(1)テキスト:虐待http://kamibakusho.com/archives/16705239.html 
(2)テキスト:虐待?http://kamibakusho.com/archives/50337742.html
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
虐待日記。。。。なぜか最近すぐに目から水が漏れてしまう私は、また水漏れしてしまいました。。。。。
私の家のすぐ近くの空き地には、私たち(ご近所の猫好きさんも)の作った猫のお墓がたくさんあります。
おじさんが投げ捨てた黒猫(死にかけてるのを子供が連れてきた)、交通事故で死んだも-ちゃんの兄弟、猫友の世話したメス猫とその胎児3匹。。。
みんな幸せとは言えないニャン生だったけど、最後に愛情をもらって、そして思い出に
なってくれて、今は虹の橋の向こうで楽しく暮らしてくれているのでしょうね。。。。
2007/02/03(土) 01:48:54 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
ねこつかいさん
テキスト虐待の逆説ほのぼの日記で泣いちゃう動物好きの優しさって何なのだ、って思います。現実の虐待への怒りの裏返しなんでしょう。弱さでもあるけどこの優しさを、誇りにして良いよね。お墓の猫たち、可哀想でしたね。でも死んだ猫たちも、僕らの心の滋養となって使命を果たすのだと信じます。
2007/02/03(土) 12:41:50 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
動物愛護といいますけど、私はいつも思うんですよ。
それはとっかかりで、まだまだ先があると。
いつも言うんです。ダイナ君は大学で亀の研究がしたいという。その大学のHPを見ていると、「生物の研究というのは、最終的には環境保全になります」と書いてある。
その命が幸せに生きていくということは、ただ生きていればいいのではないんですよね。
人間も生きていくのに、いろんな要素があってどれもが複雑にからみあって幸せを作っている。
ですから、動物は言葉を話せない命で、そういう意味では障害者も乳幼児も高齢者もかわりない。
動物の命を大切にする人が、このような人たちをむげに扱っているとしたら、
それは偽善ですよね。
そして、子供が嫌いな人が子供を虐待するのかというとそうでないように、
動物は嫌いだけれども、でも動物愛護運動にはそこそこ理解がある。
というような認識をもってもらうような動物愛護活動でないと、
この運動は進展しない。
環境も大切に。自然も大切に。
そうやって広がっていかない運動は、根付かないと理解しています。
2007/02/03(土) 13:37:53 | URL | お狂 #-[ 編集]
日本ってすっごく遅れてる国だと思うのです。
特に動物関係について。
ペットは私にとっては家族です。
それなのに、ものとして扱われる。
海外ではありえないことです。
もっといってしまえば、現在ペットブームと言ってもおかしくない現状ですが、どうもアクセサリー。
その吠え過ぎる犬どうにかならないのかと私はよく思います。
私は犬が生まれる前からいました。
家がブリーダーでしたので何匹いたかわかりませんが、ほえる犬はいませんでした。
私がドッグショーに出ていた頃もいませんでした。
ペットと飼い主の関係が壊れてると思うし、飼ってない人間もものとしか思わないのはおかしいと思うのです。
まったく、視点をずらすと引退した競争馬のほとんどが処分されるのは日本だけだとか。
日本の馬主は一番賞金をもらってるのにせめて重賞勝った馬だけでも生きさせる方向にと思うのです。
これはペットに関しても同じです。
愛護センターはちょっと勘違いしてる施設としか思えないのです。
そんな場所はその子にとって気が狂う場所でしかない。
それで愛護とはおかしすぎますよね。
2007/02/03(土) 18:42:08 | URL | ちあき #sCtPCMnU[ 編集]
お狂さん
言葉足らずの本文への補正です。ありがとう。この草の根の運動が、やがて生命尊厳と平和な共生社会へと続くことを祈っています。動物を過剰に溺愛して人間の家族や隣人を愛せないなら、動物愛護家を名乗る資格もないということですね。力無くとも、少数派・弱者の盾となる一人一人でないとね。
2007/02/03(土) 23:02:49 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ちあきさん
飼い主にもブリーダーにも良し悪しがあるでしょう。虐待としか言えないペットショップもあるのに、商売になっちゃうブームがいけないんです。正しく出逢い、愛を持って買う以外は。過去の流行犬種・猫種の悲劇はくり返して欲しくないね。ほんとにアクセサリーだし、死ねば生ゴミ(埼玉の場合)です。飼い主を啓蒙すべきペット雑誌も、ほとんどファッション誌みたいだから読まないけど、特に犬を飼う人は教育を受けるべきですよね。がけっぷち犬も抽選で貰われてはなんだか哀れだな。
馬のことは良く知りません。競走馬の安楽死は海外でも特殊なものらしいですね。シービスケットの映画で観ただけ。普通の動物感は当てはまらないでしょう。骨折が死を意味するサラブレッド、生かすには莫大な資金が必要でそれでもほとんどが助からない、とのこと。日本の競馬界も馬主も商売なんでしょうからね。
2007/02/03(土) 23:59:46 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
うちの地域も死んだらゴミです。
仕方ない…とはもう云えませんよね。ほかの地域では、まとめてだけどそれでもちゃんと火葬してくれるところもあると聞きました。
本当にもっともっと普通の人々にこの現状を知って欲しいと切に願っています。
2007/02/04(日) 11:14:32 | URL | 浅葱 #TIZXbK6A[ 編集]
浅葱さん
動物の遺体はゴミでも良いと思う部分もあります。その霊は虹の橋をまっすぐ渡るでしょう。迷うのは人間の方ですよ。人間でも散骨や鳥葬もあるし、火葬で墓石がないと成仏しない訳じゃない。ただ動物も埋葬法の範疇となって正しく葬られるなら、生きている動物の扱いも良くなるでしょうね。使役や食肉のために犠牲になる動物たちも当然に供養・慰霊がなされるべきで、それらは人間の魂の問題です。
2007/02/04(日) 13:28:07 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
言葉が出ません!!
なんと言っていいのか・・
ただ・・
日本は遅れすぎている
いや、日本だけでなく、アジア系の国は・・
動物を殺し、器物損壊
動物愛護法が出来て少しは変わるのか・・と思えば結局動物の命は軽視されている・・

下の記事を読んで
お願いだから、完全室内飼いをしてくださいと大声で言いたいです。
外に出す事がどれだけ、危険か、もう1度考えてくださいと・・
2007/02/04(日) 22:21:07 | URL | yoko #XAUl15Aw[ 編集]
yokoさん
欧米諸国のほうが早くに動物の生命尊厳を掲げて法整備をしていますが、だからと言ってアジアだけが悪いとは思いません。世界中で希少種絶滅の危機と様々な人間の利益の為の動物殺しは続きます。中国の毛皮産業もかつては衣服の需要から行われていたこと。彼らだけがイカレテルとは思えないですね。人間の命さえ中世と変わらず、尊厳に値するとは言えない時代です。
2007/02/04(日) 23:58:38 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
動物達へのレクイエムの元獣医師さんの話を読んで、怒りと絶望感。保健所の犬や猫は大半が持ち込まれた動物なのですよね。
自分が飼っていた犬を平気で保健所に引き取りに来いと言ってしまえるような人が、実際にいるのですものね。システムだから仕方ないと、保健所役人方がはなっから諦めてしまう事もどうかと思いますが、それよりもそれを押し付けている人が大勢いるというのが。。。信じられないです。
しかしそんな忌むべき現場と正反対に、子犬を繁殖し売りに出される現場がある。ペット産業を考えるとうんざりです。が怒りばかりではいけませんね。冷静に飼い主としての自分も見つめなおさねば。
2007/02/05(月) 00:49:24 | URL | 順梟 #-[ 編集]
みゆきさん
リンクさせていただきました。
すみません、遅くなりました。
取り急ぎご連絡まで。
またのちほど…。
2007/02/05(月) 09:05:59 | URL | 浅葱 #TIZXbK6A[ 編集]
今動物たちの事で愛護団体の方たちのレスキューを拝見して何処の県でも大変多くの動物たちが可哀想な事がおきています。何故命をお金儲けにしていくのかわかりません。仕事にするなら、最後まで責任もっていく覚悟ぐらいしてほしいです。やっていけなくなったからと、逃げたりしてそのまま放置そんな事件があちらこちらペットショップ、ブリーダーから買わないでもらいたい。
2007/02/05(月) 13:37:00 | URL | エマママ #bPnx6EUE[ 編集]
買わないで、そしてその後はどうするのですか。いまペットショップにいる子たちはどうするのですか。それを考えると…。
もうほとほと人間がイヤになってしまいました。もちろん自分も含めてです。なにもできない自分が情けないです。
2007/02/05(月) 15:12:28 | URL | 浅葱 #TIZXbK6A[ 編集]
私もそうです。人間が嫌になり話するのも
嫌になるときがあります。唯ペットショップで買う人が大勢いるとそれをよく思いペットは儲かるいい職業と増えていきます。もっと犠牲になる子達が増えていくと思えるのです。ボランティア団体、保健所から譲渡すれば、助かる命が増えていきペット業界は駄目になるのでは、と私の考えですが、皆にお願いするのは、できませんね。いろいろな考え
がありますから、ごめんなさいね。これはあくまでも私の考えです。
2007/02/05(月) 17:57:42 | URL | エマママ #bPnx6EUE[ 編集]
順梟さん
動物好きだと言っても飼い方が虐待って人もいるし、都合が変われば保健所に殺してもらう。処分は飼い主がするのです。ペットショップの売れ残りも持ち込まれるそうだし、皆んな動物にかける愛情もお金も持ち合わせていない。広く知らしめよう。そしてともに怒る人を増やしていきましょう。
2007/02/05(月) 18:48:22 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
エマママさん
すみません、言葉足らずでした。ペットショップを擁護するつもりはさらさらないんです。私自身ショップでは買わないようにしていますし。ただ今現在そこにいる子たちを考えてしまうと……。
どうしたらいいのでしょうか。最近は考え過ぎなのか混乱の極みで、ノラ猫たちにご飯を配りにいくたび鬱々としてしまう毎日です。
2007/02/05(月) 19:12:24 | URL | 浅葱 #TIZXbK6A[ 編集]
エマママさん
ショップは純血種を守る使命があると言い、買う人は種類を限定して愛しますよね。でも売れ残って元気のない生体展示の子を見捨てられず、お金を払って救い出す人もいるんですよ。それぞれの思いは否定できません。浅薄なブームに乗らず、猫種犬種の人気による値段の高騰を防いで、可哀想だけど売れ残りを値切って買えば良いんじゃないか。高い動物が売れなくなって、儲からなければやめるでしょう。そして少しでも展示状態の悪いショップは警察に通報しましょう。
2007/02/05(月) 19:26:57 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
浅葱さん
売る人買う人ノラを保護し餌やりする人、それぞれに願います、どうかその子を幸せに、と。僕も考え悩みました。僕に出来ることを続けよう、以外の答えはまだ見つかりません。古い記事です。良かったら読んでみて。
http://miyukiband.blog66.fc2.com/blog-entry-122.html
http://miyukiband.blog66.fc2.com/blog-entry-123.html
2007/02/05(月) 19:42:16 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
読みました…
本当はわかっているんです。自分がなにをなすべきか、なにをしなければいけないか。
そして、このまま猫に関係していくのならば、決して誰も責めてはならないことも。
憎しみは憎しみしか生まない…なんて、とっくに使い古されたセリフが、今更ながら重くのしかかってきます。どうしても感情に負けてしまう。泣いたってノラが減る訳じゃない、なのに今は泣くしかできなくて。
人を責めるひまがあったら、理不尽な世の中に泣くひまがあったら、目の前で寒さに震え、おなかをすかせている子に暖かい毛布とご飯をあげたい。ショップで売れ残り、大きな体で窮屈そうにうずくまる子を助け出したい。そう思ってこの五年続けてきたのに…。どうしたらいいのかまだ迷いの中にいます。
2007/02/05(月) 22:06:26 | URL | 浅葱 #TIZXbK6A[ 編集]
皆動物に携わる人達は悩み迷い自分自身を責めてしまいます。自分の力のなさ何とかしたくても、出来ず私が悪い人間が悪いと責めて人間嫌いになります。とは言って暮らしていくにはそうはいきません。私も自分の出来る事を続けていく事にしました。あれもこれも、と見ては気にかけてどうしよう。と迷ってもどうする事ができないのが、現状です。
動物たちに優しい人達がいて助かる子達がいるのですから、迷いながらでも私は続けていきます。
2007/02/06(火) 09:45:58 | URL | エマママ #bPnx6EUE[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。