みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子猫の訃報 里親を待っていた「しろ」のこと
辛いけど、また可哀想な猫の記事を書きます。僕らの「いるまねこの会」のブログに悲しい報せ。人間の不注意で重症を負った白猫の訃報です。まだ正式な名前さえありませんでした。
>ブログ記事より。
しろちゃん“お星様になりました。
12月17日未明、急性の肝機能障害により亡くなりました。
亡くなる直前まで、私の腕の中でグルグルいっていました。
天国で幸せになっていることでしょう。”

副会長の部屋で大切に保護されていたこの子。少し前まではこんな風に紹介されて里親さんを待っていました。

>ブログ記事より。
“市役所駐車場で自動車のボンネットに入ってしまい、出られなくなっていたところを保護しました。
保護した時点で後肢を骨折しており、すぐに手術を受けました。
今ではそんなことを感じさせない程、元気に食べ・遊び・走り回っています。”

ひどい目にあったのに人懐こい良い子だったそうです。彼のブログは優しく静かに書かれていて、全てを自分の胸に仕舞おうとしてる。でも僕はこの状況を聞いているから、ここに書き残します。僕自身は抱っこもしてやれなかった、ある子猫の訃報です。

ボンネットに猫が居るのを知っていて、ドライバーはエンジンを掛け車を移動したのだ。無理やり引っ張り出したら足が折れていた。レスキューを呼ぶと大ごとになると思ったのか?ひどく乱暴な扱いだ。施設構内でのトラブル、職員が「ねこの会」に連絡してきた。結局「会」で保護して病院で手術。随分安くして貰っても大切な年間予算の多くが消えた。当事者に少しでも負担してもらえないのか?
「会」の皆んながそう思う。しかし

「お金は出せない・あの時安楽死させれば良かったのだ」

信じられない言葉だな!お金が惜しい訳じゃない。彼らの、命への無関心と無慈悲が許せないのだ。じゃあ何故「会」に連絡したのだろう?メンバーがこの子を殺す訳が無いじゃないか。
手術後は副会長夫妻の預かりで療養、里親募集中だった。急死は事故のショックのせいなのか、解らない。でも憤りは消えません。亡くなった今はもう、誰を責める事も出来ないけれどね。
もし首輪のついた飼い猫だったら。もし人間の子供だったら、どうしただろうと僕は考えます。
市民からの野良猫の苦情も大変だろう。鳴声騒音糞尿被害。でも元を正せばモラルの無い人間達のやったこと。たかが猫でも立派な命なんだと認識して、これからはもう少しまともな対応をしてくれることを願います。
名前は「しろ」だ、僕が名付ける。君のことは皆んなで話し合ったから良く知ってるよ。訃報を聞いて悲しかった。最後は一晩苦しんだから、病院で麻酔を打って貰って、少し眠ったんだね。そして人間を怨んだり、過去を後悔したりせず、まっすぐに天国へ行ったんだね。短い間だったけど優しい夫婦に抱きしめられて、君は幸せだったよね。
以前僕の「里親探し」の記事のコメント欄に書いた、僕の思いです。

「怪我をしたり病気になったりして路上で息絶えようとしている猫達って、人間の残酷さと無慈悲を訴える為に自らその責めを負っているような気さえします。命懸けで教えてくれている。そんな使命を持って産まれて来るんじゃないかと・・」

今も、里親を待つ子猫がたくさん居ます。どうか顔を見てあげて。
21日の追記:
(皆さんのおかげで「いるまねこの会」平成18年度の里親募集は終了。全ての猫が新しい家族に引き取られ幸せになったそうです。なかには大きく育って情が移り、一時預かりさんが手放さない「もう、うちの子ですからね」っていう猫も居ます。どちらも素敵な猫物語。どうもありがとう。)

「いるまねこの会」http://blog.goo.ne.jp/alu2231
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
先ほどは、ブログにおこしくださいましてありがとうございました。
しろさんに対する思い、本当に涙がでます。
この世に神様が送られてくる命に、意味がないものはありません。
乳幼児も高齢者も動物も言葉が使えないために、いいようにされていることが多くあります。
生まれてきて、生きている命が誰一人として、どれ一つとして(こういう言い方は物みたいでいやですが)、
踏みにじられることがありませんように。
それを守っていくのが、理性と知性と感情と言葉を持っているものの勤めと思っております。
あきらめません。平安がいつかすべての命の上に。
2006/12/19(火) 21:22:36 | URL | お狂 #-[ 編集]
お狂さん
動物愛護への鋭い切り口、率直な物言いが魅力です。慈愛の共感をありがとう。
>守っていくのが、理性と知性と感情と言葉を持っているものの勤め・・そうですね。人間にも動物にも弱いものへの眼差しを持てれば、世の中もっと平安です。
2006/12/19(火) 23:31:27 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
しろちゃん、悲しい事になってしまったけど、最後にねこの会の皆さん、副会長さんに愛されて良かったと思いたいです。
しろちゃんの救出事件は、信じられないような話です。同じ人間なのかと疑ってしまうような心を持った人がいるのが現実なのですね。そんな人間に猫達が出会ってしまわないように。そんな人が自分の過ちに気付いてくれますように。
2006/12/20(水) 00:57:50 | URL | 順梟 #-[ 編集]
みゆきさんこんばんわ。
とても深刻な問題ですね。エンジンを掛けたまま走るなんて・。
しかも安楽死なんて、どの口で言えるのか?
信じられません。
このような悲しい現実はなくならないのでしょうか。
2006/12/20(水) 01:51:11 | URL | ケンジントン #-[ 編集]
おはようございます。
お狂さんのところでお見かけしておじゃましました。
私は久喜市に住んでいます。“いるまねこの会”のことを知り、もし、久喜市にも動物愛護の活動をしている団体・個人があるのか、ご存知でしたら教えてください。
私は今11匹の猫を保護し飼っています。
野良猫の世話もしていますが、個人では出来ないことも色々あります。
もし良かったら、お暇なときに私のブログに来ていただけたらうれしいです。

しろちゃんのこと。。悔しいですね!
もし、入り込んだのが別の人の車だったら。。。。しろちゃんには違う未来があったのに。。。!!
最後に愛され惜しまれながらお星様になったことだけが救いなのですね。。

今、世の中は心臓が壊れてしまいそうな恐ろしいことだらけです。
思わず目を瞑ってしまいそうになりますが、こんな私でも出来ることを続けていきたいと思います。
2006/12/20(水) 09:54:02 | URL | ねこつかい #-[ 編集]
順梟さん
「会」との連携がある課なのであまり責めてもメンバーが困ると、書くのをためらいました。個人攻撃でなく事実を記録したかったんです。この子のために何度も交渉し対応を迫ったようですが、猫のために人間と対決しなくちゃならないなんて悲しいですよね。
2006/12/20(水) 12:56:04 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ケンジントンさん
うーん、やっぱり個人レベルでは猫好きで優しくても、業務上は別なんでしょうか。大ごとにしたくないと、保身が先に来るのでしょう。処分センターの職員だって決して虐待志向では無いはずですから。いずれにしても人間を信じるしかありません。虐めるのも救うのも人間ですから。
2006/12/20(水) 13:01:47 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
ねこつかいさん
11匹の猫のママ、全員が愛情を受けて幸せな多頭家族ですね。僕も過去に17匹飼っていて人にあげる子以外はろくに手術もせず、放置飼いの無知な餌やり人でしたから。その優しさ尊敬です。
猫の会、久喜方面でHPやブログにはヒットしませんね。市内や近隣に関わらず、埼玉全域で力になってくれる会はありますよ。
2006/12/20(水) 13:14:18 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
今、言ってることとやってることが違う人多いですよね。
神奈川では今、里親募集してる猫を引き取り虐待や死に追い込む人がいるようです。
今日、獣医さんに言って貼り紙をじっくり読んできましたが、なんでそんなことするかよくわかりません。
それでは単にいじめじゃないかと思うんです。
弱いものをいじめる自分が惨めにならないかと。
2006/12/20(水) 19:20:32 | URL | ちあき #sCtPCMnU[ 編集]
そのドライバー、好き嫌い以前に子猫を生き物として見てない。人間でも誰でも意味があって生まれてきてる、って言うけど・・みゆきさんが言うように非情な人間の為だとしたら悲し過ぎますよね(涙

しろちゃん、きっとすぐに虹の橋で素敵な誰かと会えるはず。そしたら毎日毎日幸せだらけです(笑)
悲しいけど、頑張って幸せだらけの毎日を送ってるしろちゃんを想像してみましょうよ♪
元気一杯楽しそうに遊んでるしろちゃんの姿。涙、出そうになりますよね・・・嬉しくて。
2006/12/20(水) 19:51:37 | URL | まりる #WjRtzHSU[ 編集]
ちあき さん
虐待は強烈な劣等感の裏返しでしょう。病気なら可哀想ですが、里親詐欺は確信犯です。
ブラックリストが廻ってるそうですが、他にも信頼できない里親志願者は多いみたいですよ。善意を信じて託すのだから貰い受けるほうにも覚悟が必要ですよね。
2006/12/20(水) 23:06:43 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
まりるさん
今日「ねこの会」の集まりでしろちゃんの追悼しました。虹の橋で死を理解し生まれ変わって再び飼い主に出逢うんでしたね。動物を看取ることに慣れはしませんが、皆んな美しい思い出として語り合う術べを知っている。保護した夫婦も憔悴してましたが生きてる子の為にすぐ活動再開です。
2006/12/20(水) 23:17:32 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
あぁ・・・ヒドイ話です・・・
しろちゃんの痛みを思って、涙が止まりません。

寒いから、車のボンネットにもぐりこんじゃったのかな。
しろちゃん、最後は副会長さんのお宅で愛情溢れる看護を受けて、
会の皆さんの温かい応援ももらって、
短い期間だったかもしれないけど、幸せな時間を過ごしたのではないでしょうか。
そう信じたいです。

遠くからですが、これから夜空を見上げてしろちゃんのご冥福を祈ります。
2006/12/21(木) 00:01:37 | URL | Haruna #xm7FiIss[ 編集]
Harunaさん
ちゃんと抱かれて看取られたことだけが救いです。「しろ」の為に皆んなの涙と祈りをありがとう。せめてもと里親募集のポスターを貼った矢先の訃報、事故の当事者には副会長婦人が知らせたそうです。猫1匹にこんなに必死な僕らの気持ち。彼らに解って貰えるならば、しろはその使命を果たしたと思います。
2006/12/21(木) 00:31:18 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
この子の記事は読みました。
が・・そんな悲惨な状態だったとは・・
なんて許せないドライバーなんでしょうか!!
もっと動物虐待に対して、罪を重くして欲しい・・

副会長さんの許で最期、腕の中で静かに生涯を閉じた子猫しろちゃん、
それだけが救いです。

これからの時期、エンジンルームに入り込み危険な事が増える時期、
怖いです。
どうか、ドライバーの皆さん子猫の声に耳を傾けてくださいと大きな声で叫びたいです。
2006/12/21(木) 01:46:22 | URL | yoko #XAUl15Aw[ 編集]
yokoさん
「ねこの会」のブログ記事を見てくれたんですね。僕らは子猫の呼ぶ声を聴くと這いずってでも助けに行きますよね。様々な「会」で保護されている子も皆んなメンバーの必死の行動です。でも全く気に留めず又は煩わしいと感じてゴミ扱いする人も居るんだなー、とため息出ます。
2006/12/21(木) 12:50:10 | URL | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo[ 編集]
お久しぶりです。
まずは、コメントトラブルの件、ありがとうございます。そして、福へのメッセージも!それにしても少し前から表示がおかしいことに気づいてはいたのですが・・・。
こういうことに全く疎い為、どこをどう直せばいいのか、まだ修正できていません。どうしたものか・・・。

ところで、心無い人間の話がまた・・・。あなたは本当にそれでいいの?そんな行い、後悔しない?と言いたい。
何だか人間はどんどん他者にも、そして自分自身にさえもきちんと向き合って思いやって生きていくことを忘れているように思う。
心があるのに・・・。

「怪我をしたり病気になったりして路上で息絶えようとしている猫達って、人間の残酷さと無慈悲を訴える為に自らその責めを負っているような気さえします・・・」

もの言えない生き物のほうがずっとまっすぐに生きていますよね。どうやったら気づいてもらえるのでしょうか。
2006/12/27(水) 00:38:41 | URL | 月子 #.7qyC5XY[ 編集]
お久しぶりです。
以前大宮の帰りにご一緒したマイです。
しろちゃん亡くなってしまったんですね・・・。ひとりぽっちで寒くて人間が怖くて車に隠れていただけなのに・・・。
市の職員、許せません。どこのどいつだ。文句言ってやりたい。しろちゃんがどれだけ怖い思いをした事か。

昨年保護した我が家の白ちゃんも、公園で人間に虐待され2度も骨を折られました。白ちゃんは心に深い傷を負って、今でも人を怖がっています。

そんな心無い人たちと同じ人間でいること、時々嫌になります。
2007/01/23(火) 17:02:18 | URL | lovelymai #Q02d7fDQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。