みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201109
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カニ坂ロックフェスティバル・ひのこバンドの動画をアップ
 
28日日曜日、福生市の多摩川河川敷公園(通称:カニ坂公園)で行なわれたロックフェスティバルの僕らの動画。ベーシストの谷さんがアップしてくれたので貼り付けておきます。
 ギターボーカル:マスター・フルートボーカル:みっちゃんfrom埼玉東吾野 
 ギターボーカル:タルさん(みゆき楽団)from埼玉越生 
 マンドリンボーカル:みゆき(みゆき楽団)from埼玉入間市
 ベース:谷さん・パーカッション:アカーモfrom横浜 
 ピアノボーカル:ハーちゃんfrom岡山
 ドラム:ネコfrom大阪 
という8人フルセットバンド。出番はもちろんこの日のトリ、最後の曲の盛り上がり。皆んな最高のコンディションで楽しかった。ぶっ飛んでるダンサー、痴明(ちあき)さんも凄いだろ?
 みゆき楽団の僕とタルさん、復活後初めてのひのこバンドで元気です。すごくラウドな演奏でマンドリンなんかほとんど聴こえていません。でも最高!興奮する客席が映ってないのが残念です。
スポンサーサイト

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

「ひとりと1匹たち」NHKドキュメンタリーの猫
tk 004 おととしの3月、NHKの特集で放送されたドキュメンタリー「ひとりと1匹たち」
 ラストシーンで登場したノラ猫が、うちの「カリン」にそっくりだったので、僕はその当日、ノラ猫とホームレスさんたちについての記事を書いた。 
 (2009年の記事←)
 「カリン」はテレビの上から、その悲しい画面を撫でている。

 この茶トラの猫は「ホワン」と名付けられ、ホームレスさんと暮らしていた。
 番組にも登場した、多摩川のノラ猫写真家「小西修・美智子さん夫妻」に見守られ、成長していた。
 この夫妻のブログで知った。
 「ホワン」は肋骨を骨折し、肺の機能不全で水が溜り、生死の境をさ迷っている、という。
 なぜこのようなことが起こるのか?
 誰かが蹴とばしたのか、投げつけて何かに衝突させたのか?交通事故なのか?
 普通の猫の生活で、胸を骨折するなんてことはあり得ない。  

 こんな小さな命を、人間が慈しむことが出来なくてどうするのだ!
 この小さなことが、世界の戦場の、母親と子供達の不幸につながっていることに、気付いたほうが良い。
 
 血統書付きのペットを捨てるお金持ちが居て、それを助けるホームレスの人が居て、やむをえず処分するお役人が居て、ノラ猫をいじめてスッキリする人も居る・・・皆んな悲しいだろう。

 しかしこの人たちの中で、誰が一番、裕福なのか。誰が一番、心が豊かなのか。
 普通の生活を犠牲にして、命への優しさという、勇気と正義を貫く人にだけ、宿るであろう見えない力があると思うのだ。
 それを神・仏とは言わないけれど。
 

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

カラ元気でも更新再開!
thibi002 カラ元気でも良いのだ。久しぶりの更新であります。うちの「ちびこ」も、お母ちゃんに抱かれて僕を見ている。
 「凹んでないで、またあたし達のことを書いてよにゃー!」
 解ったよ、がんばろー。ところで「ちびこ」は、抱っこされると手が「うらめしや~」になるんだな。
 ズルズルとお休みを引きずって、4ヶ月も経ってしまった。


 バンドも再開したので、楽しいライブの記事も書いて行きます。 
 
 思えば・・・病気もしました。事故にも遭いました。
 男性は8の倍数で、なにかの変化があると言う。
 
 僕は7回目の56歳だった。今は誕生日を過ぎて57歳。
 バンドの相棒も、同じ年齢で大病を患い、今も(元気で!)闘病中です。

 彼の復帰に合わせて「みゆき楽団」も再開したのだ。、

 そういえば・・・僕が心の病いでウツウツとなったのは、6x8=48歳でありました。
 飲酒に逃げて、2年で依存症となり、3ヶ月の入院生活を送った。
 それもまた、貴重な体験であったわけです。
 退院後半年ほど経って、このブログを始めたのだった。

 ここで心機一転!うちの奥さんも、毎年入退院を繰り返しながら、笑顔を忘れず生きている。
 たくさんの友人達に励まされながら・・・

 いまや社会問題となった心の病い。ひきこもり・家族間の断裂、暴力・ウツ・さまざまな依存症・・・
 しっかりしろ、目を覚ませ、がんばれ、などと言わないで。
 彼らも皆、治療の必要な病気なのだと、認識してください。
 
 かつての僕がそうだったように・・・かならず希望の明日が来る。
 まずは「カラ元気」から始めましょう!
 

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。