みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「チビや」・迷い猫の探しかた・名作「ノラや」を理解する
※迷い猫情報のお願いではありません。僕がブログを半月以上も放置して探し続け、やっと帰って来た猫の報告です。いまも迷い猫の捜索に心労を重ねる人たちの参考になるかもしれない。
 「猫の会」の会員として、偉そうなことを書いてきた僕が、自分の猫に逃げられたのです。前に内田百けんの「ノラや」について書き、ブログ友達の迷い猫「ちゃっくん」の捜索リンクも載せていたのに・・・。(そのときの記事←)じつは何も解ってはいなかったのだ。
 今月10日の朝、TNR手術のためにノラ猫のキャリーを出した部屋の、(不注意で開けていた!)サッシの隙間から「ちびこ」が突然消えてしまった。会の活動は具体的には書かないが、この春は10数匹のノラ猫を「TNR」し、その半分程を我が家で保護した。それは、やっと僕らに慣れたばかりの「被虐待猫・ちびこ」にとって、かなりのストレスだったに違いない。僕も手術の送迎や、リリースと連絡に追われて、遊んであげる余裕が無かったのだ。
ちびこチラシ1※迷い猫の探しかた・マンションでしたこと
 ●←このような簡単なチラシを、マンション全戸(175世帯)の集合ポストに配った。
 「首輪の色」と「携帯番号」しか書いていない。そのほうがパッと読んでもらえると思う。♂♀や名前・性格などより、目立つ特徴一つで十分だ。大きさは”B6”。ハガキより一回り程大きいものだ。ポスターも作ったが貼る必要はなかった。・・・すぐにマンション敷地内での目撃情報があったからだ。道路から河原側の端まで、フェンス際を移動して、よそのベランダにも迷い込んでいるらしい。
 ●怯えているはずなので、出来れば手で捕らえたかった。目撃報告のあった場所に置き餌をして、日が暮れてから、小声で名前を呼びつつ見て廻る。ある夜、走って逃げる姿を発見!見間違えるはずがない。近くに居ると確信した。
 ●猫の会に所属しているので、いまは販売していない「トラップ・ケージ」を持っている。(近所のボランティア会に目的を話して頼めば貸してもらえるはずだ。)一発勝負で掛けてみた。また元の「怯え猫」に戻っても仕方ないと思ったからだ。

 (番外エピソード):掛けたトラップに、河原の公園にいた猛者、大きなボス猫♂が入った。コヤツがここらの子猫の父親だろう。すぐに去勢手術して、うちで保護した。とにかくノラの子猫を増やしてはいけないのだ。したがって、ここでは「TNR是非」の議論など受け付けません。
 「ちびこ」を追い、彼女のための置き餌も食べていたに違いないこの「ボス君」を保護しながら、再びトラップを掛け、1時間おきに見に行く。1階のベランダの下、フェンスの隙間など、半日ごとにトラップの場所を変えた。
 ●失踪から12日後の偶然である。徒歩3分の賃貸駐車場の、息子の車の下で発見!いつでも地面の隙間を覗き込む、その癖が幸いした!すぐに奥さんを呼び、「ちび・ちび・・」と、ささやきながら(大声はダメ!)しゃがんでギリギリの距離を保って静止させる。・・・僕は全力疾走で餌とトラップを運んだ。奥さんの手に大好物の「カニカマ」を持たせて、車の陰にそっとトラップを置いた。ゆっくりと奥に誘導、捕獲に成功した。
ちび帰る ●幸せの「黄色い首輪」が汚れ、一回りゆるくなって、飢え、痩せていた。僕もこの間に何Kgか痩せた。
 室内飼いでも首輪は必要だ。人慣れしていれば連絡先の小プレートも読んでもらえる。(ちびこは人の手が恐いから無理だが、一応迷子プレートを提げていた。)・・・双方とも落ち着こうとケージに移して見詰め合う。興奮して鳴き声が違うので、毛布をかけて暗くし猫缶と水を入れてやった。しばらくすると、飲み込むようにガツガツと食べ始めたので、良かった・・・これでひと安心!電話で情報をくれたマンションの皆さんにお礼を言いに行った。

 百けん先生のエッセイ「ノラや」では、猫はついに帰って来なかったが、僕もこの老作家と同じように「ちびが帰って来た!」という夢を見て、夜中に起きて哀しんだ。そして、冒頭の「ちゃっくん」もまだ見つかっていない。
 「ちびこ」は捕まえて病院に連れて行く僕を嫌っているが、僕ら家族にとっては最も愛しい猫なのだ。それはノラ猫生活を経験し、虐待を受けて怯え、人間嫌いになった「生い立ち」を知っているからに他ならない。今回の経験は色んなことを理解させてくれた。一戸建て借家で(今言うところの)地域猫のように、たくさんの猫に囲まれていたときには知りえなかった愛情と悲哀。飼い主の責任と、猫の幸せ。
 今日も里親さんが見つかった猫を預かりに行ってきた。夕方には別の会員さんがケガを治したオス猫の、去勢手術後のリリースに立ち会う予定だ。
 ノラ猫の里親希望者さんや、信頼できる餌やりさんが居てくれること・・・。まだ世の中は捨てたもんじゃない!僕らもつねに怪しまれ、時には猫嫌いに怒鳴られても、猫との係わりは辞められない。宿命的な約束なのか、それとも、僕も前世は猫だったのかな?
スポンサーサイト

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

ライブジャム・CD発売記念。自分で褒める「みゆき楽団」

CD裏jake01.jpg新しいCD「みゆき楽団らいぶ@イースト・コート」発売
←(クリックで原寸ジャケットのライナーノーツが読めます。)
9曲を収録、送料共で「1,000円」です。
「買ってあげよう!」という方は
みゆきのメール」(←ココヲクリック)から、住所・氏名と枚数を書いてください。CDとおまけのポストカードと、後払いの振込み先を4・5日後までに郵送します。内容=面白い!としか評価できません。ヒット曲の完成度とは違う、ライブの真髄?を体験できます。日常の僕らの「ジャム・セッション面白音源」ですから、スリリングだけは満載です(恥)。
 録音:エディロールR-09 編集:サウンドイット!5.0 コピー:Win.メディアプレーヤー
楽団4人
  カッコ良かったねー!と言ってくれる人も居るけどさ。いつもライブの最後に歌う僕らが、汗を拭いているうちに、ほとんどのお客さんは帰ってしまう。残っていてくれた人とは友達になれる。それで自分で紹介して褒めてしまうことにしました。
たるソロたけソロ
「顔で弾くギターリスト」カッコ良いな?。フィーリングたっぷりな二人の絶妙ショットだ。
左側が「たるさん」!右側が「たけちゃん」!曲も作るしボーカルも歌う。(イェ?!拍手・・・)
撮影は心にライブ・レンズを持つ天才「ありんこ・サキちゃん」。優しい介護福祉士さんだよ。
みゆきソロひとし
マンドリン・歌は、僕「みゆき」。マンドリンの復弦を4本まとめてチョーキングしようとしてる!
目指すは”ニール・ヤング”のギター・ソロ。叫びにも似た鳥肌の立つハイ・トーンだ。
クールなパーカス(ジャンベ・ボンゴx2・クラッシュシンバル・腕シェイカー)「ひとしちゃん」
僕の歌の息遣いに寄り添いながら、ため息のように、時には嵐のように叩いてくれる。
CDにはベースの「おだか三代目」も飛び入り参加して、重みを出してくれています。
(拍手・・・)これからも「みゆき楽団」をよろしくお願いします。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。