みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
200707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫の寿命・愛する猫は何歳ですか?
セミ君立派体長6cmのアブラゼミ、もう死んでいる。公園に近い僕の事務所のベランダに、今朝から倒れていたのだ。短い夏の命を真剣に生きたかい?声を枯らし、羽ばたいて、一匹の価値あるセミの一生を終える、立派である。土の中に7年、成虫として地上で7日間と習ったセミの一生。実は生態が不明な部分もあって、個体差で早く成虫になったり、7日以上の長生きもいるらしい。
日本の子供は虫が好きだ。でもカブトムシもクワガタも、ペットだとは思ってないようで、皆んな名前も付けずに飼っているね。デパートで売られ、虫かごの中で死んでしまっても、彼らの命と美しさは色あせない。でも生き物はお小遣いで「買える」のだと理解してしまった子供たちが、動物や人間の命までも軽視してしまわないか。命への共感の力が萎えて、他者の苦しみと痛みを感じることが出来なくなってしまわないか。心配する大人は居ませんか?もし命を買ってプレゼントするなら、それはとても大切なものだと、オモチャではないよ、と言ってあげて。その一生を尊敬し、哀しむことを教えてあげてください。
僕の友達のO-ishiさんは、5年ほど前に糖尿病で倒れ、ももから下を切断した。1日おきの透析、人工肛門、弱視。病院にいたときは「ムンクの叫び」みたいな顔だったと笑う。60歳を越えて、東京都のはからいで電動車椅子をもらったから、僕が買い物に付き合って押しながら散歩する、というデートは減った。でも大きな買い物や、どうしても行きたいところがあれば、抱きかかえてワゴン車に乗せお供するのだ。こないだ看病の過労で、最愛の奥さんも逝ってしまったから。
ポン太彼の痛み苦しみ、寂しさと悲壮は想像を絶するけれど、僕にも解る、その静かな諦めのなかの楽しみは。猫である。22歳で病気だらけの老猫「ポン太」が彼の希望だ。これはずいぶん若い頃の写真だね。今は人間なら105歳か?
「俺の病気はぜんぶタダ。貯金すると障害者補助を減らされるから、お金は猫の病院代に使ってしまうんだ」
22年まえ、彼がまだ健康だったころ、子供のない奥さんが拾ってきて大切に育てた。この猫を生かすことが奥さんへの供養であると、そして自分自身の日々の喜びであると言う彼。僕は「ポン太」が死んだあとの、彼のペットロスが心配なのだ。
うちの猫はまだ1歳と2歳。持病で養生中の奥さんは、私のほうが先に死ぬから頼む、と言う。僕だって長生きするかどうか解らんよ。大切にされた最近の家猫は、20年は生きるみたいだから、僕が70歳、猫が100歳。もしも僕が先に死んだら、そしたら猫好きの息子に託そう。
人間の重ねる年を見つめつつ、猫は変わらず達観した心情で生きるだろう。憂いなくひょうひょうと、寿命を全うするその日までね。
スポンサーサイト

テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

25日入間市アポポフェスティバル・丸広ライブでした。
25日の報告です。入間市アポポフェスティバル、駅前商店会の夏祭りだ。小さな野外音楽堂、公園、広場、あちこちでコンサートやフリーマーケット、ボランティア団体のブースが並ぶ、一日だけのお祭りである。僕らは入間丸広デパートの一階ロビーにステージを作ってもらって、毎月恒例、夕方の「SUN?FREE」コンサートを開催した。出演は「僕、みゆきの今日最初で最後のセッショングループ」「カウント」「Flora」「yu-ya君」「さるお」「ハンドベルツインズ」皆んなどうもありがとう。同じステージでお昼の部は東野高校合唱団や駿河台大学三味線の会とアカペのラグループ。
からてか僕は小さい子たちがなにかを一生懸命やってると、すぐうるうるしてしまうのだ。大人たちの写真も撮ったけど、それはまえにも記事の中でアップしたから、今日は印象的な子供たちのものを紹介します。
空手道場に通う未来の格闘家達。ステージにぎっしり並んで演舞を披露してくれた。試し割りというのかな?板を何枚も重ねて気合一発、セイケンやヒジウチで割って行く。
ダンシングこちらおなじみのダンシングフレンズ。君、ちょっと前までおしめしてただろ?っていうような小さい子たちだ。このあともどんどん衣装と小道具を替えて登場する。少し上のお姉さんたちは側転を披露したりバトントワリングをしたり、盛りだくさんのメニューである。この子たちのステージにはカメラを持ったパパやママ、お友達の応援もいっぱいで狭いロビーはごったがえす。そして終わると同時に、すべての出演者とお客の熱気を引き連れて、ささーっと潮が引くごとく居なくなってしまうのだ。大人も子供も、イベントに参加していると言う意識はなく、わが子の晴れ姿をカメラ越しに覗いただけ。パパとママ、ムービーを必死に構えていては拍手もしてあげられないだろ?それにセッティングして待っていたスタッフにはお礼くらい言うべきだよ。(子供達を教えている責任者の女性は、礼儀正しい人だけど)
ここから機材をチェンジしてバンドがスタンバイ。また一から通りすがりの買い物客を引きとめるのは、なかなか努力の要る勝負であるね。僕らの「SUN-FREE」コンサート演奏時間は、4時ごろから6時半の終了までだったから、人々も一通り買い物を終えて帰路に着く時間。歌い始めると遠巻きに聴いてくれるけど椅子にはなかなか腰掛けない。少しイベントの順番を考えて、子供たちの家族応援付きパフォーマンスをここの時間へ持ってきたほうが良いだろうな。せっかくのフリーコンサート、中身はとても素晴らしいのだから、人通りの多いお昼にやらせてもらおうよ。来年はちゃんと事前のプログラム会議に参加して、優先的に時間調整をしようじゃないか。年末にはクリスマスコンサートをやらせてくれるそうです。皆さん今日はどうもありがとう、丸広さんまたお世話になります。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

猫が教えてくれたこと
                 カリンさん
猫が教えてくれることがらがある。黙って見上げて、声を出さない啼き方でニャーをやられると、ほとんどの人は「なに?」と猫に訊きかえすだろう。あなたが悩んでいるとき、それが気にかかって眠れないとき、愛する猫は心配して顔のそばまできてこれをやる。
彼らはもの言わないけれど「わかってるでしょ?」と言ってくれているのでしょう。解決の道はあなたのなかにあるよ、と。勇気を持って、大きめの一歩を踏み出せば、状況が変わることって多いのだ。
だから猫は言葉を持たないのかも知れないね。人間が抱え込んでいる胸の奥をのぞいて、ニャーとひとこと、言えば済むのだから。
いっぱしの大人の猫ならば、人間の嘘だって見抜いている。優しくても甘やかしてくれても、たとえご飯をくれる人にさえ、自分に正直に生きられない人間には、厳しく透き通った瞳で見据えて叱るのだ。
僕はそうやって何度も叱られながら、瞬間の生命をせいいっぱい生きることを学んできたと思う。自堕落になって自己を正当化し、欲望に負けて心を疲れさせ、嘘をついて自分を守る生き方が、実は本当に損なんだと。
猫が教えてくれたこと。
僕は永い心身のわずらいで、神経科の病院にかかったと告白した。解っていてどうにも出来ない自分の心と格闘し、治療と自己確認に費やした2年間。
そして回復に向けて頑張ろうと家に戻った時、川原で野良の子「カリン」に出会ったと書いた。
実はこのときから、二度と以前のような生き方はしない、人生のなんだかんだに、簡単に打ちのめされたりはしない。と、彼女の瞳で見据えられ諭され、誓ったのだ。
生後まもなく捨てられた子猫の悲しみと恐怖は、人間には語れないよ。ただ、それでもいじけず悔やまずあきらめず、出会いを信じて歩いてきたその猫生を尊敬するならば、きっと何かを教えてくれる。

皆さん、猫に興味も愛情もないと言う人たちも・・・
野良猫という生き物は居ないのです。野良とは、猫科のうちの優秀な家猫族が人間社会に適応・進化したあと、その人間に裏切られ捨てられた、悲しくて特殊な生存形態なのだ。その僕らを怨まず癒してくれるのは、昔から彼らが、卓越した人間の師であるからに違いありません。

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

猫の誕生日
みなさんの愛するその猫に、誕生日はありますか?生後まもなく捨てられて、草むらや塀の影で啼いていた、あなたの家族のもと野良ちゃん。拾ったときの年齢を見極めて、生後1ヶ月ならそれをさかのぼり、へその緒付きで放置され、それでも生き抜く子がいれば、1週間をマイナスして、誕生日を決め祝うでしょう。それも飼い主さんがいればこそ。
絵本の「ダヤン」は魔女にたのんで誕生日を探したけれど、お礼を忘れて叱られた。
nezumiうちの子「カリン」は下の川原で僕の釣り用バケツを見つけ、目を見開いて僕を呼んだのだ。生後1ヵ月ちょっとくらい?子猫にしてはびっくりするような大きな声だった。
よしよしわかった、僕を探していたんだな。釣竿をしまって彼女を抱くと、目やにだらけの顔は小さくて、体は羽のように軽かった。産まれてしばらくは、ママと過ごしてから捨てられたんだね。2年前、7月の終わりに出会ったから、僕と同じ6月生まれだ。日にちも同じ24日で良い。それが君の誕生日。神経内科を退院したばかりの僕に、天からの贈り物だと思ったよ。君はその日からうちの子になった。


surippa「ムーン」はそれから1年後、友達のお店の屋根裏で6匹の兄弟とともに産まれた、由緒正しき野良の子だ。用心深い野良のママは、屋根の梁の隙間であまりにも完璧に人目を避けて産み落とした。そこは可哀想なことに、一匹づつくわえて移動させるには狭すぎて、とうとう彼らを助け出すために入間市のレスキュー隊が出動したのだ。でも、この人騒がせのおかげで猫たちは有名になり、友達のあいだですぐに全部が貰われた。
毛並みも生え揃い、元気に走り始める生後3週目くらい?立派なオチンチンの真っ黒け、胸にツキノワグマみたいな白いポイントの男の子。それがうちの奥さんのお気に入りだった。1年前、梅雨の半ばの頃だったから、奥さんと同じ5月生まれだ。日にちも同じ16日で良い。
こうして二人きりの初老の夫婦は、もう待ち遠しくもなくなった互いの誕生日を、猫とともに祝うことにしたのです。猫年の数え方、はじめの1年が20歳、あとは1年ごとに4歳年を取るというから、2匹とも20代の青春だ。
子供も巣立ち昼間は一人、持病で旅行にも行けないから、奥さんは本当の猫のママみたいである。2匹とごろごろのどを鳴らしながら、まあるくくっついて日を過ごす。

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

全ての歌い手には誇りがある「風の中の楽団」
kaze田舎の、アマチュアの、おじさんたちの楽団にも誇りがあるのだ。いや、全てのバンドと歌い手には、孤高にして純粋なる誇りがある。
僕は、歌いたい思いと伝えたい言葉を持った、若き名も無き歌い手が好きです。河原で、道で、駅前で、町の雑踏と喧騒の中で、楽器を奏で歌うストリート音楽の民よ。尊敬するあなたに捧げる、みゆきおじさんとその楽団からの賛歌だよ。
猫たちの絵は風の中で歌うクインテット。(≠みゆき楽団?)


「風の中の楽団」詩・曲:みゆき

陽当たりのない路地に咲き 夢ばかり見ていた
季節は往き 遅咲きの花の芽が 伸びをしているよ 僕らのように

なにかから遅れてるの?他の誰と比べてるの?
過ぎ行くものを憧れる心には 僕らは遠くて 映らないね

飴色に透き通った 風の中の楽団が
歌ってる 遠い空と話してる 胸が痛むような 光をまとい

誰のために光るのだろう 無数の星の巡る下で
名も無い花は 何故一人咲くのだろう 美しさの意味も 憂いも知らず

草原に季節を呼ぶ 風の中の楽団が
遠ざかる 旅の雲に叫んでる 胸に新しい 糸を張りつめて

I'm a Prayer. You're a Flight Yah! 空へ 空へ
I'm a Prayer. You're a Flight Yah! 空へ 空へ
以前ブログで紹介した“環境問題じゃなく好きだから・自然の詩を”「思い出の水の色」に続いて、僕の歌を記事に書くのは2回目だ。楽団ブログだからね。少しずつ思い思いに、詩を紹介していきたいです。そしたらなんだか僕も「詩人」のようで、ちょっと良い感じでしょ?どちらも僕らのCD“SONG-BOOK”で聴けます。

テーマ:詩。 - ジャンル:日記

「みゆき楽団」CDの宣伝です
m-CD指折りかぞえたら10日間の放置だー。奥さんが持病で発熱してたり、ねこの会でいろいろあったりでした。しかしその間もこっそりと、もだえ苦しみながらCDなんか作っておりました。でもって・・・
久々の更新はCDの宣伝だよ。試聴部屋の曲に新曲を加えて5曲。1,000円で発売予定です。さあ、でも苦手なお金のやりとりだ。事務的能力はほぼゼロの「みゆき楽団」大丈夫か?ただいまどんな方法が良いのか勉強中。準備が出来たら上の「楽団ライブ情報」にアップします。えーと、近いうちに、です。
karin-onakamoon-onakaカリンお姉ちゃんのおなか写真が撮れたので嬉しくて、貼っておきます。いつもは正しい香箱座りで正座していて、隙を見せない子なのだが。ちょっと立ったスキに、僕の定位置を占領したら暖ったかだったのでついゴロン。僕のお尻体温に反応したらしい。
ムーンお坊ちゃんはいつもこの通り。「香箱座り」も「しあわせのたねあたためポーズ」もできません。
・・・これはお母ちゃんのおなか枕なり。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。