みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストリートの天然少女@航空公園
僕の肺炎も3週目を迎え、熱も咳も落ち着いて安心していた昨日あたり。うちの奥さんが8度6分の熱を出して起きられなくなってしまった。僕の肺炎が移ったにしては潜伏期間が永すぎる。おとといまで平気だったんだからね。ガンの後遺症で、腎不全や消化器の疾患を抱える奥さんに移ってしまうのは、僕の単なる体調不良とは比べ物にならず、じつに困るのだ。今朝も苦しそうだったから、午前中の仕事を休んで病院へ連れて行った。僕が治療を受けた入間S病院。僕と同じくレントゲンを撮って診てもらう。原因は不明、でも肺炎ではないそうな。奥さんはふた月ごとの腎臓カテーテルの差し替え治療中だ。その時期がもう近いからな、炎症による発熱はいつものことなのだ。しかしガンでの入院中は40度に迫る熱に耐え抜いた彼女であるから、8度台なんて「熱っぽいなー。あ!8度6分」なんて。測ってビックリの我慢強さであります。僕は微熱でもとてもだるくてフラッとくるけどね。でもいつもそのまま遊びに行ってしまうから、この治りにくさ、咳のしつこさなんですがね。
午後は奥さんを寝かして仕事に行ったよ。航空公園駅の裏の事務所ビル2階。5時過ぎには仕事を片付けてベランダに向いた窓をあける。駅が見えてその反対側の公園のシンボル、本物の飛行機も見える。そのこっちに気配がするのは、HPでストリートライブやりますって言ってたASSYちゃんじゃなかろうか?先週「入間市アミーゴ」のライブで共演したばかりだ。捨てては置けぬ!と、踏み切りを渡って行ってみたら…
Assy1←はい一人でラジカセ鳴らして歌っています。まだ自分でピアノを弾いて歌う自信は無いんだそうだ。ストリートは掴みとライブ感だからな、ちょっともったいないね。電池アンプのボーカルの音質など、同業(?)の僕には気になるけど、声の良さと歌の確かさが人の流れに沁み込んで、立ち止まる人が居る、座って見ている人が居る。じーっと聴いている若い男の子は、そう!ファンだね。

Assy2←次の曲をアタマダシしてると子供達がなんだなんだと集まってくる。笑顔に惹かれておじちゃんがおひねりを置いていく。駅の雑踏の午後6時。女の子一人でやるには尋常な肝っ玉では怯えてしまう状況だけど、彼女は天然の「歌わないと死んじゃう少女」であるから、そこに立って居ることがまったく自然なのだ。
こないだは買わなかったCDを買ってあげよう。そばに居た皆んなにも宣伝して買ってもらった。こういうときはもっと大きな声を出しても良いんだぞ。
しばらくはライブが続くそうだね。ストリートではもう少しラジカセで頑張るかい?君の歌の魅力に叶うインストルメンターはいるみたいだけど、まだパーマネントなものではないようだね。そんなギターリストやピアノ弾きがストリートまで付いて来ると、そしたらもっとカッコいいぞ!アッシーのホームページ
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

アミーゴライブVol.3と僕の清貧誕生会
わが楽団
昨日のミュージック・コレクションVol.3だ。定員75名が埋まり補助椅子も出て盛況でした。ここアミーゴホールは古い繊維工場跡をそのまま使っている。スレート屋根むき出しの上、雨水管が建物内部の柱にそっているから、強い雨が降ると話し声も聴こえない。おまけは雨水が溢れて床上浸水だ。この騒ぎは過去に一度、ここに居て経験済みである。今回、ときは梅雨の只中だし、豪雨でも来ないかと期待していたが、爽やかな初夏の川風吹く午後でありました。
舞台で演奏中に倒れるなら本望とばかり、僕は熱と咳が治らないままで参加したのだ。心配なのは咳でむせて声が出ないことだけ。僕ら「みゆき楽団」の5人組み以外は全部デゥエットチームだから、最後にどーんと賑やかして終わらせるのが使命である。でまあ、倒れもせず、咳き込みもせず歌いきった。皆んなが「良かったよー」と言ってくれたので一安心だね。まあ、演奏はかなりラフでラウドであったと思うんだけど、他3チームのまとまり良い完成度と爽やかさに対比して面白かったと思うよ。TVやコンサートホールでは体験できない、アマチュアの誇りの洗礼を受けるよ。
Flora←Floraは神奈川のリオラちゃんボーカルと、埼玉のじろう君ギターの涼しきボサノバリズム。リオラはきっとこだわらずになんでも歌える人だね。歌の言葉がちゃんと伝わるからな。HPもなにもないんです、と言ってたからメールだけ聞いておいた。7月11日に所沢MOJOでライブ、20時からだって。これには打楽器シンガーのヤマザキヤマトも出演するよ。久しぶりに会いに行こうかな。
ぶるう☆べりい←ぶるう☆べりい、富士見・新座・川越でライブ中の2人。FM放送の番組も持っているって言う活躍ぶりだ。若い歌のお兄さん、子供から大人まで聴きやすい爽やかさだね。打ち込みのリズムをカラオケにしてギターを合わせるスタイルだ。楽しくて良いんだが、あまりライブ感はないなー。そしてまったく毒がない。FM放送向きってことかな。
ぶるぅ☆べりぃHP

Assy←Assyはスタンバイして裏口で聴いた。話してると背の高い子供みたいな天然な彼女であるが、歌い始めると表現のパワーが乗り移って、ガンと聴かせる声とリズム感。ギターの青年はいつも違うらしい。楽しそうに歌うじゃないか、ってシンガーはこの域にいると本当に楽しいのだ。歌わないと死んじゃうのである。AssyHP

次は11月にVol.4を開催予定です。スタッフさんたちお疲れ様。すごく楽しんでやってくれているからこちらもリラックスして歌えます。この「裏方」っていうのも一度は経験したいトリップである。
感謝!このイベント1回目で知り合った所沢の「ジュレップス」、2回目で知り合った「yu-ya」君、次の出演を狙ってる「さるお」、一緒に歌ってきた「語来里の会」の皆さん、「ねこの会」の皆んな、「歌声プラットホーム」のスタッフさんやアミーゴの館長さん、どこかで共に過ごしてみゆきさんと呼んでくれる皆さん、どうもありがとう。
バースデーピザ報告:今日6月24日は僕の誕生日なんだ。奥さんと二人きりのピザお誕生会のささやかさよ。サプライズは息子からのおめでとうメール1通。ささやかであることは幸福感の多少には無関係である。数億円のアニバーサリーをぶち上げた数年後の、芸能人たちの修羅場を見てごらん。式場とマスコミの良いカモになって、人間的成長の低劣さを生贄に捧げるのはもう止めたほうがいいと思うな。僕らやあなたにお似合いの慎ましさや清貧なる麗しさは、今の日本じゃ実に価値のないものになってしまったねー。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

「肺炎闘病記?」ってほどでもない我が日常です
byeうちの「カリン姉ちゃん」と「ムーンお坊ちゃま」が、いまは主のいない息子のベッドから見送ってくれる。今日も仲良しさんで麗しいね。お父ちゃんは行ってくるよ。と、1週間目の通院である。肺炎はなかなかしつこくていつもの風邪のように気合で治るとか言うものではなかったのだ。
「どうですか?」と言いいつつ、前回の血液検査結果を見ている先生。通院するってことは検査結果も次回のお楽しみなわけで、あとで解ってもあまり意味はないと思うのだが、僕の1週間前の状態はかなりひどかったみたいである。炎症反応を示す「CRP値」とやらが19.7mgであるとか?よく解らないが。
先生曰く「これでは辛くって動けなかったでしょうねー」重篤なる肺炎症状を示していたらしい。
「バンドでライブして、はしゃいでいました」とは言えずに「はいー、まあ…」と僕。でもこの1週間は大人しくしていましたよ。
自らの体調にたいするこの鈍感さは、僕の良いところなのだが、これはちょっと怖かったね。で、再びのレントゲン写真を撮り
「炎症の影はだいぶ消えていますね。もう少しお薬を飲みましょう。」よしよし、だいたい治っているらしい。熱も下がっているし、咳も軽くなった。肋骨も折れよとばかりの咳き込みは本当に辛かったが、もう解放される。もう少しだ、ガンバロー!
この自業自得的闘病の日々に、ご心配とお叱りとを頂いた皆さんありがとう。
そして最後にまた先生曰く「総タンパク質もアルブミンもコレステロールも低いですね。栄養が足りませんな、食べてますか?」
「はい、1日3回くらいは…」自慢にもならないけど僕は血液さらさらなのである。見た目の贅肉には関係なく、血液の中身は栄養失調状態なのだ。貧乏ではあっても、そんなに貧しい食生活をしているわけではないのだが、まあご馳走を食べたいと言う欲望は、僕にはほとんどないからね。奥さんに叱られなければ朝食もほとんど食べないし、愛妻弁当を持たされなければカップめん1個でなんの文句もない僕である。奥さんはガンの病後の体重を少しでも増やしたくて、高カロリーで消化の良い食べ物を研究し選んで食べている。というわけで世間の豊かさに逆行し、ダイエットもメタボリックも無縁の我が家なり。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

発熱中・「野良の仔猫保護に思うこと」
16日夕焼け
なんだか我が熱を癒すかのような、僕好みの夕焼けである。秩父連山のはるかな西空、燃えている。
やれやれ、肺炎宣告を受けてから5日間、今朝は久しぶりに平熱気分を味わって、そろそろOKかな?なんて思いつつ“仕事復帰、遊び復帰”へ夢が膨らんだのだが・・・。それも午後3時まで、お前やはりしつこいな。炎症のばい菌と闘ってくれている熱だからね。皆んなと約束していた23日のライブのための駅前リハーサルも中止でごめんなさい。入間市駅前では「さるお」が元気にライブしてくれているだろうか。僕もはやく思い切り息を吸い込んで歌いたいものだな。
また今日も1日、猫とおなじリズムでうつらうつらしながら、咳で目が覚めてご飯を食べて「ねこの会」関係のメールを読んでブログを更新して、という日々です。
「ねこの会」といえば子猫ラッシュのシーズンで掲示板が盛り上がっているんだけど、少し前こんな書き込みがあった。
「生後10日ほどの子猫三匹を保護した。子猫を飼うことも保護も出来ないが、可哀相な子猫を見殺しにできず保護した。預かってください。このままでは保健所か動物病院で安楽死させられて死んでしまう。助けてください。」5月21日のこと。だいぶ時間が経ったのではっきりさせたいけれど、この人を個人的に責めるつもりはないので同じ場所じゃなくこの“楽団ブログ”に書いておきます。
この人、本人は何か良いことをしているつもりで、近所の飼い猫の母猫から「野良になったら可哀想だ」などと言って目の開かない子猫を奪ってきたらしいのだ。生後10日未満なら、人間の飼育では命の保障はできないよ。捨てられていたのならまだしも、無知ゆえに引き離しておいてその責任を「ねこの会」に押し付けようとしている。メールアドレスも明記されていたので返信アドバイスを送った。
「すぐに獣医師の診察と指導を受けて看護せよ」と。これには返事はなく、会長の所に電話が入った。
「なぜ預かってくれないんだ」と言って来たようだが、事情を知った会長曰く。
「これらの猫すべてを助からないと解っていて受け入れ、死なせるほど大きな余裕のある会ではないのです。とにかく早く病院へ!」と。「ねこの会」会員なら皆こう答えるだろう。
本名も住所も教えてくれないまま、ここで電話は切れて、以後連絡はない。「会」は大いに動揺した。この人のメールアドレスは削除したが、この書き込みは“にゃんこAid”掲示板に今もある。同じ掲示板上には、引用と但し書きを使った遠回しな僕の返信もあるけど、この人がそれを読んでくれたかどうかは不明だね。ましてこの「関連ブログ記事」にたどり着くこともないかもしれないな。でも子猫を見かけて「ねこの会」に協力を仰ぎたい猫好きな皆さんのために言っておきます。
目も開かない、へその緒の付いた捨て猫の、必死の保護と救命行動を綴りながら、死なせてしまった自分を責めている「本物の猫愛護ブログ」のためにも書いておきます。

“捨てられた産まれ立ての子猫を助けたければ、病院代と寝ずの看護と保育の知識と、死なせたときの覚悟が必要です。母猫から引き離して連れてきて「ねこの会」に渡せば良いんだと言うような、自己満足の無知な子猫の保護は「虐待致死」と変わりがないからやめなさい。本当に猫が好きで、責任ある行動を目指す人ならば「保健所か動物病院で安楽死させられる」なんてことは絶対に書かないはずなのだ。”

テーマ: - ジャンル:ペット

乗りすぎ「みゆき楽団」アホのリーダー倒れる!
先週からどうも風邪気味で変だなーとは思っていたものの、土日のライブで全力疾走してしまいました。今週はあまりのだるさと熱に耐え切れず(咳をしたら血が・・・なんだこれ?)今日はついに病院にへろへろとたどり着く。先生どうも。聴診器でちょいちょいと胸の音を聴いて
「肺炎かな」「は・い・え・ん?」
“レントゲン”も“CTスキャン”も真っ白だー。
「この白いとこが炎症です」「え、白くちゃダメなのか?」
黒いのが普通なんだとさ。
「じゃ、採血して詳しく調べます。」「ち・ちうしゃ?」
「え、熱が下がらない?でしょうねえ。入院しますか?」
「嫌です!」「じゃ、お薬で様子見て。1週間飲んだらまたおいで」
というわけで「へっちゃらだい!」と見栄を張って遊びまくった報いだ。わが老体は、さるお君の「ぱわふるだ!」もお狂さんの「えねるぎっしゅじゃ!」の声もむなしく裏切って撃沈したのでした。とほほ、仕事にも行けないがこの体調ではさぼって遠くへ遊びに行くことも出来ないな。
思えば日曜日のゴミ拾い隊である。駅を過ぎて乗って来た頃に雨に降られてずぶ濡れのまま、ライブの機材の積み下ろしピアノ運びにセッティングそしてセッション!ここらが限界であったようだな。
アマチュアバンドってものは、「バンマス!」または「リーダー!」と呼ばれるヤツが、段取り打ち合わせから宣伝から当日のセットまで、全部一人でやることになってるからね。皆んなが集まって歌い始めたあとは、ちょうど眠くて倒れそうな赤んぼが、楽しいことに取り残されまいと泣きながら暴れているに等しかったのであった。
悲しいぞ、この老体に入ってる心は年相応には成長しないらしい。いまだに無駄なハイテンションの幼稚園児なみであるね・・・(だれも突っ込んでもくれないし)
うーむ、今週はお薬でも飲み飲み大人しくしていよう。いえいえ、ブログを休止するほどではないのです。派手なイベント記事はないでしょうが暇な日々のつまらない日記の更新はあるでしょうが期待してはいけません。
ちょうど“捨て子猫シーズン”で、見捨てられた野良ちゃんたちが押し寄せている。「ねこの会」ブログの募集記事も更新しなくてはいけないからな。まんざら暇でもないのだ。
みなさまもどうかお気を付けて。昨日に続いて気合を入れよう。ぐぐぐぐ・・・無理か

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

今週のバンド三昧は一段落お疲れ
みゆき(ひのこ)バンド
夕べの疲れも見せず集まってくれた「ひのこバンド」のマスターと奥さんのみっちゃん。同じく疲れてない「みゆき楽団」の面々。今日はキーボード太郎とギターのタケちゃんも来た。最後はさるおのエビちゃん乱入でピアノのタカも入って、総勢8名の大セッション大会になってしまってごめんなさい。ベースとドラムが居ないのになんともパワフルでありましたね。会場には「さるおファン」や「学生さん」、まえに記念イベントでお世話になった「語来里(かたくり)の会」の皆さんも来てくれた。ご高齢に関わらずノリが良くて最後まで楽しんでくれました。
そして悲しいお知らせは1ヶ月募集をしていたのに、新しいバンドはついに来なかったということね。前回の「さるお」「タカ」「みゆき楽団」そして「カウント鎌田君」。おーい、誰か新バンドを連れて来いよー!来月も同じく第二日曜日、8日の17時からですよー。「さるお」君たちはまた刺激を受けてくれたかな。良い曲を30年やり続けるってこんな感じなんだよ。「マスター」の詩を1曲紹介しておきます。

「ラクラク」
ただ頭の中を陽にかざして 今見たものの中に夢を流せば 
飛んでゆく青い空へ 飛んでゆく…楽々 溶けてゆく光の中へ 溶けてゆく…楽々
ただ生まれたままの澄んだ瞳に 今漂い揺れる光映せば
飛んでゆく青い空へ 飛んでゆく…楽々 溶けてゆく光の中へ溶けてゆく…楽々
俺たちは宇宙の中で廻ってる 俺たちは宇宙の中で廻ってる
50年60年たてば 大地に戻り 綺麗な花を咲かせるよ
50年60年たてば 大地に戻り うまい食い物になれるよ
俺たちは宇宙の中で廻ってる 俺たちは宇宙の中で廻ってる
初ゴミ拾いゴミの大先輩?「さるお」と言えばギターボーカルの「淳くん」はついにゴミ拾い隊に入隊して、今朝は初の出動でしたね。ご苦労さんである。ついにボランティアの人脈と行動哲学の深みにはまり込んだか。可哀想だけど僕には君を救いだすすべが解りません。事故だと思って観念しなさいね。
ゴミと環境はこの人に任せろと言うほどの新井君が魔の手を伸ばしたに相違ない。隊長職は奥さんにまかせて、嬉々としてゴミを拾うこの「町の美化的笑顔」を見よ。

じゃあ、来週土曜日からは僕も入間市駅のストリートに出ますからね。23日はアミーゴのMフェスティバルだぞ。気合をいれよう!ぐぐ…
ここからは、お世話になってるんだけど「FC2サーバー」さんへの文句たらたらである。なんでセッション時間が切れるのか?1時間かけて書いたテキストが「保存」のクリックと共に宇宙の彼方へ行ったきり…帰らない。何を書いたのか、記憶も永遠に戻らない。はじめからローカルのソフトで書いて“こぴぺ”をすれば良いんですな。それに気付くまでは、セッション時間も僕も切れまくりましたがね。皆さん同じような体験が…FC2で検索すると出るわ出るわ、同じ苦労をありがとう。僕だけじゃなかったのは嬉しいような、早く気づけよ!なような。これ改善されるのかというお答えは、まだ出ていないようです。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

中間報告・まだまだ続くバンド・オン・ザ・ラン!
イーストコート
いやいや1週間のご無沙汰になってしまったです。
毎日仕事が終わってから何処かへ行って、人に会って打ち合わせをしたりバンドのリハーサルに出たり、電話やメールが飛び交って、ブログ友達の猫が大変なことになったり、ねこの会でいろいろあって、4匹も5匹も里親募集の子猫が来たり、僕はどこかで風邪を貰ってきて熱をだしてダウンしたり、それも今夜のライブで大汗かいたら治ってしまったり、と言ってるうちに、明日は「ゴミ拾い隊」の出動と第2回目の「SUN・FREEライブ」だったりして、それが終わるとまた新しい1週間が始まるのだ。ひ?!!と言いつつ忙しいのは好きなのである。

今夜の飯能イーストコートでは、ひのこバンドのフルメンバー勢揃いプラスうちの楽団から僕とタルさん。ヒトシちゃんがジャンベ・ボンゴ・シンバルの完全武装で乱入し、狭い店に7人(写真に写りきってないぞ)のオーケストラで歌った歌った。2時間の全力疾走でした。そりゃあ風邪も治るだろうってものであるし、ぶり返しても悔いはない。
ライブの終わりたてホヤホヤの写真を載っけて明日の為に寝ます。若い頃はこれらを3日3晩やっても疲れませんでしたがねー。ひのこの「マスター」は60で我々も平均50才ですからー。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

路上ライブとゴミ拾い・土日の日記です
saruo.irumast.毎週土曜日は「さるお」の入間市駅ストリートライブ。カメラを向けても、おどけたポーズが若いね。
夕べは約束していた僕らのCDをプレゼントするために、待っていたんだ。彼らは遅れてやってきた。親父さんの車を借りて入間市駅へ来る途中で、壁にこすってしまったという。急いで始めて3曲歌って終了(終わりは時間通りね!)僕の遊び道具満載の「おもちゃ箱兼用軽トラ」は少々こすろうが凹もうが構わないんだけどね。借り物じゃあ後が大変だな。
僕ら「みゆき楽団」も原点へ回帰する意味でストリートライブをやりたいと思って、まずは僕一人で通ってるのだが、「やってるよ」と言うだけで他のメンバーは誘っていないんだ。アマチュアバンドの武者修行である以上、やる気のある良い状態で来ないと面白くないからな。イベント・コンサートで準備万端の中、拍手などそこそこ貰っていると楽団もそこそこで良くなってしまう。進歩がなく、惰性で同じように歌い続けるのは僕は嫌なので、ストリートに出る。初めは一人で「やってるぞ!」です。だんだん増えて皆んなそろう日がくるだろうか?土曜日夜9時は入間市駅へどうぞ。

清掃デーこちらは本日、日曜の市民清掃デー。町中の掃除好き?が集まって年に1度のゴミ拾いだ。この川原、見渡す運動公園は飯能市の領分であるから、僕らの担当は草っぱらの狭い護岸のみ。子供達は半分川遊びで、大人達も普段はあまり話しをしない近隣との交流会的である。ポーチ式の隔離型、避難階段で縦につながる住戸形式では、お隣はとても遠いものだからね。去年は自転車や家電の投棄がいくつかあったけど、今年はゴミは少なかったな。
「蛇がいるから草の深いところへ行かないで。ころんで怪我などしないよう。あまり一生懸命拾ってはいけません!」自治会長さんのアナウンス。市民ボランティア活動はこれで良いのだ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。