みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★「みゆき楽団」ライブ情報★
CD裏jake01.jpg「CD・みゆき楽団らいぶ」←(クリックで原寸ジャケットのライナーノーツが読めます)9曲を収録、送料共で[1,000円]です。「みゆきのメール」(←クリック)から、住所・氏名・ご希望の枚数、を書いて送ってください。「CD」と「おまけのポストカード」と、後払いの「振込み方法」を4・5日後に郵送します。
↓プロフィールと僕の イラスト展のバナーです。クリックしてご覧下さい!                     banner.m5猫のプロフィール猫イラスト(1)猫イラスト(2)猫イラスト(3)過去ログ作品集
ブログランキング・クリック御礼。個性豊かなオヤジの日記→にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
9月24日「春の陽農場・収穫祭ライブ」レポート
友人「ヒロ」の福祉施設「春の陽農場の収穫祭ライブ」楽しかった!良い思い出・・・



 「ひのこバンド」:皆んな遠くから、前の日の夜に集まって、この施設に泊まった。夜明けまでワイワイと話の花が咲き、自由なセッションでほとんど寝ていない。おバカな連中だ。ライブの最後に、いつものエレクトリックのラウドな演奏で盛り上がる。
 宮澤賢治さんの「雨ニモマケズ」(ジュゴン作曲)を歌うみゆきと「風のペーパー」マスターの絶唱です。いつでも「ぶっ飛んだダンサー」がステージ前に出現する。これは僕らの喜びです。
9.24たくや
 「たくや」とドラマーの「とも」:この施設に通う、車椅子のシンガーたち。体に麻痺があって、舌足らずな言葉でも、必死に歌を伝えくれる。素晴らしい個性の持ち主だ。こんなふうに歌える「健常者たち」が、一体どこにいるだろうか?
 こうした歌い手を「ヒロ」たちがサポートし、表現していることがなんとも素晴らしい!
9.24 みちこ
 「みちこ」:彼女も車椅子のシンガーだ。愛らしい女性である。
 やはり言葉は聞き取りにくいが、同じ目線で温かなメッセージを伝えてくれ、圧倒される。
 ”障害”?などと言うなかれ。
 この強力な個性に耳を澄ませば、しっかりと烈しい思いが聴こえてくる。
9.24アマナ
 「アマナ」:この日、音響やステージの設営を引き受けてくれ、自らも相方の彼女と歌ってくれた「ター坊」さん。人間の輝き、素晴らしい生きる力。豊かな声でくりかえし歌う。
 自信を持って生きようね!・・・と。優しげなギターの音、カフォン・シンバルのリズムも、僕にはじつに心地よかった!シンプルで良いなあ。
 充実した「音響器材」もうらやましい。僕もPA(音響器材システム)をいじるのが大好きなのだ。興味の無い人にはよく解らないであろう話題で「ター坊」さんと盛り上がった。  9.24クリ
 「Quli(クリ)」:ライブ前夜に、埼玉の春日部市から参加した。初めての、誰も知りあいの居ないこの場所で、自然なリフレインを奏でつつ、しっくり溶け込む女の子。
 前夜のセッションで、気に入ったメンバーを引き込み「新しいクリバンド」を作ってしまった!
 「山之口獏」の名詩(高田渡作曲)”生活の柄”を歌いこなす。「森ガール」先駆けなのだ。
9.24食堂
 「皆んなの食堂」:参加者の昼ゴハンのために作られた、新鮮な自給の野菜料理やうどん。
 カレーライスも、全品無料のフリーレストランだ。土と触れあい、格闘し、遊び、汗を流して収穫する、もてなしの心が嬉しくてならない。愛情たっぷり、美味しいに決まっているのだ!
9.24 祭り
 本当に楽しくて、すがすがしいお祭りだった。お客さん(農場の友達)は自由にばらけて、ステージ前はこじんまりとしている。こんなライブは「お外で遊ぶ子供」のようなほほ笑みに溢れて、距離感もなく、安心できる。
 はるかに八ヶ岳の山並みをあおぎ、快晴の二日間を満喫した。
 ステージの片づけを手伝い、丹精した「春の陽農場のお米」をお土産に頂いた。そして夕方、僕らは帰路に着く。みんなみんな、ありがとう。具体的に、人々の慈愛を実感するのは良いものだ。
 また来年も来ようね、と約束し・・・。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

fc2の「66サーバー」の不具合で・・・(解決済み)
カリンとクルリ 僕が使用している「fc2.66サーバー」に不具合が発生しております。
 ただいま復旧中、との情報がサーバー元に出ていました。
 皆さんとの「リンク」欄が消失!?相互リンクしていただいている、ブログ友達の皆さんに失礼のないよう、報告しておきますね。
 決して僕が消去したわけではありません。 
 ・・・ところで、僕が永いあいだブログ更新を絶っていたのは、家族の病気や、僕自身の交通事故、建築関係の仕事の不況による失業状態が続いているための、精神的落ち込みのせいでした。

 3.11の大震災も仕事に影響しており、被災地の皆さんのご苦労には比べるべくもありませんが、僕らもしばらくは苦しい状況が続きそうです。
 すべてが快復し、また楽しい気分になりましたら、更新して行きます。もう少し時間を頂きます。
 その日を祈念しています。自身の宿命を見つめつつ・・・(僕は創価学会員ですから、日々真剣に題目を上げているところです)

[11日の追記]:本日の段階でサーバーの不具合は復旧しました。リンクは問題なく表示されています。fc2サーバーのスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

体調不良による一時休止のお知らせ
 先月(5月)末、体調不良により入院を余儀なくされました。
 1週間が経ち、外出許可を得てようやく我がパソコンにたどり着いたところです。治療にはもうしばらくかかりそうなので、一時休止といたします。
 病室にパソコンを持ち込むことも出来ず、残念ですが・・・ご覧のとおり元気です。
 ご心配頂いたブログ友達の皆さん、申し訳ないです。退院したらまた再開するつもりですから、それまでどうかよろしくお願いします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

映画「犬と猫と人間と」完成記念上映会レポート。
子犬の里親探しをする徳島の子どもたち」(写真は作品紹介HPより転載しました)
totori_02.jpg  埼玉の飯能からはるばると、JR田町駅まで映画「犬と猫と人間と」の完成記念上映会を見に行ってきた。キャパシティー250名の会場が埋まり、立ち見も出る盛況だ。
 (いや、あまりにも少ない、とも思う)
 監督とカメラマン、無名・有名な出演者たち、(主役たる「猫お婆ちゃん」は作品の完成を待たずに故人となり、その息子さんが立って)舞台挨拶があった。上映中の客席の笑い声、及びすすり泣き。みんなハンカチをごそごそ出して、涙を拭いていた。
 何度でも見たいのは、子供たちと捨て犬との絆、その里親探し、子犬たちとの別れの涙。 
 そして、もう見たくない、殺処分場の犬や猫たちの映像・・・。
 残ったのは、「優しさ・暖かさ」と「怒り・悲しみ」。なんだか解らない、救われるような切なさ。
 僕に何が出来るのか?人間の罪深さは許されるのか?という問いだった。

  「ペットを捨てる人と、救う人と、2種類の人間が・・・云々」と前に書いたけど・・・改めよう。
?本当に動物が好きな人。
?嫌いな人。
?無関心な人。
?「動物が好きな自分が好き」なだけの人。
 主に?の人が巨大ペット産業を支え、ペット・ショップを儲けさせ、処分センターや遺棄動物救済のボランティアを悩ませる・・・。
 印象に残ったのは「処分センターの従業員」の言葉です・・・。
 「私も動物は好きだ。嫌いな人に任せたら、本当にモノとして扱うだろう。
 彼らは命として犬・猫を見つめ、無責任な飼い主の罪を全てかぶって、処分機ガス室のスイッチを押しているのだ。

 夏までには、映画館での上映をしたいという製作チーム。ならば、ぜひDVDを発売して欲しい。僕らが何百回叫ぶよりも、この映画をただ1度見てくれれば良い。
 製作チームのHPから、解説文をそのまま載せます。今後、近くで上映される機会があったら、必ず見に行ってください。お願いします。

>この映画は一人の猫好きなおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから生まれた。
頼まれた監督は犬猫の問題にはまったく無知。そこから犬と猫を取り巻く全国の様々な現場、果てはイギリスや過去に及ぶ、4年近い旅が始まる。
映し出されるのは、犬と猫のかわいい姿だけでなく、行政施設でまもなく殺処分されるという姿、捨てられた命を救おうと奮闘する人々の姿。そして知られざる多くの事実と、浮かび上がる私たち人間の業…。

日本全国で処分される犬と猫は年間約35万頭。1日あたり1000匹近くが殺されている。そんなかわいそうな姿など見たくない。そう思う方も多いだろう。
確かに本作には、目をそむけたくなるような現実も映し出される。しかし、その姿に涙しながらも、観終えた後は不思議と、救いようのない不快な重さや暗さに引きずられない。
それには、合間に登場する犬と猫のユーモラスな姿が笑いを誘うこともある。また、淡々とした監督自身のナレーションが観る者の感情を鎮め、困難にめげず活動し続ける人々の生き方が、潰れそうな気持ちを励ます。
動物のことには興味が湧かない、という方もいるだろう。
だが、映画が進むにつれ、本当に見えてくるのは人間の姿だと気づくはずだ。
本作には、感傷を乗り超えて、社会を見つめ直すためのヒントがある。
観終えた後にあなたも、自分にできることを探したい、と思うかもしれない。<

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

へその緒付きの子猫ノラ猫(10)・猫育て日記ついに10回、もう「猫歳時記」です。
2匹で眠る
 昨日はまなちゃんが太くて立派なものをぷりぷり。今朝はも?君のがいっぱい出ました。お食事中の皆さん(なんて人はいないか・・・)いきなりウンチの話題で済みません。
 多くの子猫はぴーが多くて心配だと、猫の質問コーナーの書き込みに・・・。しかしこの2匹は、なぜか揃って便秘気味なのだった。毎日お尻ちょんちょんのマッサージが欠かせない。ほうっておくと5日も6日も出ないから、お父ちゃんは心配する。順調なお通じは嬉しいものだ。でも、砂を掘ってしっかり踏ん張る姿勢が出来ないので、しっぽも足もうんちまみれ?。そのたびにキッチンの流しで洗ってあげる。
 お?!くちゃいぜ。。。こんなこともほんの一時期の思い出だ。子猫保護者だけの宝物。
可愛い寝姿    も?だよ
 うんちをこぼしてごめんなさい。と謝っている、わけじゃなくて寝ております。なんとも不思議な寝方をするのも、小さい子猫の可愛いところ。も?君も目がはっきりとしてきた。じいっとお母ちゃんを見つめています。
プロレスごっこ1    プロレスごっこ2
 プロレスごっこはケージのリングからはみだして、もう部屋中で行われている。おもにコタツと座椅子の間、またはトイレ周辺で転戦するタイトルマッチだ。も?君のこの「うしろでこ」が、にゃんとも可愛くて人気である。
かわあいい? ゆうべ会いに来た同じマンションの子。かわいいかわいいとカラスのように叫びながら、しっかり抱きしめて離さない。そうやって小さい命に触れて、心の中の大切なものを学んでいくんだね。君の愛情はいくらでも湧いて来る。その優しさを、他の命にいっぱいあげてね。あげた分だけ、君の心の中に増えていくよ。
 近所で2匹一緒に貰ってくれる家族がいれば・・・これはお父ちゃんの理想である。この子のお母さんも猫好きで、すでに1匹の猫母だから、いまどうしようかと考え中・・・。 じつはこの子、おとといもお姉ちゃんと一緒に会いに来たのです。

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

モデルにもなった可愛い子・・・うちの「ムーン」の猫自慢
見上げるムーン 「黒猫ムーン」は友人宅の屋根裏で、6匹兄弟と共に産み捨てられた。梁に挟まって母猫にも救い出せず、レスキューを呼んで救助したのだ。
 その子たちの譲渡会をやって、生後まもないチビ黒猫がうちへ来た。そのころ、近所に住む有名な動物写真家さんが、某出版社のカレンダーのためにと、この兄弟を撮影してくれたことがある。
 うちの奥さんがケージを抱えて、産み捨てられたくだんの友人宅に連れて行ったのだが、ビビリの「ムーン」は怯えてしまってポーズがとれず、1匹だけ小さくなって固まっていたらしい。それでも何枚か、写真家の満足するショットが撮れたのだった。
 モデルにもなった可愛い子、猫親バカも極まれりだ。で、その作品は・・・今のところお蔵入りである。
 先日、地域の自治会で会って、なぜか猫の話になったが、写真家の彼はちゃんと「ムーン」を覚えていた。飼い猫の写真を撮ったときは、飼い主のために、1匹ずつのデータをすべて保存してあるのだと言う。
 その子がカレンダーに載ることになった場合、飼い主さんにそのカレンダーを届けてお礼を言うのだと。
 ・・・写真家は植木裕幸さん。山と渓谷社の動物カレンダーを手がけている。
 「あのときの黒猫はうちの子ですよ」と言ったら、嬉しそうに笑ってくれた。彼の写真はすごく可愛くて、とても良いのだ。モデルには普通のそこらの猫を尊重していて、タレント・アニマルはほとんど撮らないという。
ムーンと兄弟姉妹 これがそのときの写真。A5の焼き増しをくれたので僕がブログのために接写したもので、原作のクオリティーは出ていない。右下で半分つぶされながらも、どうにか顔を上げているのが「ムーン」君。こんなに小さかったのか・・・久しぶりに写真を眺め、いまのこの子と比べてみる。
 ほかの子たちも大きくなった。生まれた友人の家に2匹。ほかの3匹もそれぞれ近所で暮らしている。

この写真、これから先のカレンダーに使われる可能性は・・・「出版社が選ぶのだから、ないわけではない」ということらしいのだが・・・。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

春の最後の一日に・・・
hanami2  僕の春が過ぎていくよ。桜と一緒に南風に吹雪き、霞の川のみなもに浮かんで、花のいかだも流れ行く。暖かな一日をこうして外へ出て、乾いた草の上に座る。お団子には舞い散る花びらまぶし、おいしいねえ、といくつも食べる。
 桜のひとひら、ふわりと浮かべ、、みんな笑ってお茶を飲む。
 ねこの会のお花見です。こんな時間はあんまりないね。みんな朝早くや夜遅く、公園の藪や住宅街の植え込みを這いずって、猫のためにごそごそと動いている。動物愛護の戦士達。hanami1
 春の最後の一日に、僕らが思ったこと。
 外の猫たちの消息と、みんなの家の子の病気や訃報。それと新しく生まれた子猫たち。貰われて、誰のところへ行ったのか、大きくなったか、幸せだろか。
 僕のブログのために一枚撮ります。こっちを向かないで、自然に自然に。僕の席の横にはマンドリンが置いてある。1曲と半分くらい歌います。 

 ・・・この季節を来年もここで、あなたとともに過ごしたい。
バジルの林パセリの森 春の最後の一日に、僕がすること。
 ベランダのプランタに、スイート・バジルの苗の、林を植えて棚に置く。隣には、パセリの森とミントの斜面。入間川が真下を流れ、運動公園がぽっかり広がって、僕だけの箱庭みたいに見えるだろ?
 河原の遊歩道に植えられた桜の木は、まだ幼くて小さい花だね。それも今日の暖かい空気に散って、力いっぱい葉っぱを伸ばし、すがすがしい葉桜へ。僕の庭、この河原にも、初夏の風と雲を運んでくる。

 ・・・やがて、薄黄緑の新緑が丘を塗りつぶす。・・・新しい季節が始まるよ。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

君は自分の住む町が好きですか?
kaji1 僕が住むのは、阿須運動公園の南にあるがけの上。ここが飯能市と入間市の境界線だ。狭いながらもリバー・ヴューが抜群の、冬寒く、夏は涼しいマンションの4階です。
 それはこの町、入間市から始まって、お隣の飯能を抜け青梅市へ続く「加治丘陵」という名前の小高い丘の連なりだ。ここが僕の秘密の散歩道、大きな我が家の箱庭であり、入間川とわが町を見下ろすふるさとの、わが心の里山なり。うちの前の通りを越えると、丘陵の北斜面には「ムーミン谷」と呼ばれる公園がある。”あけぼの子供の森公園”といって、ムーミンの家や魚釣りの小屋、トーベヤンソンの図書館もある。ここから丘の稜線へ登る小道が縦横に延びて、秘密の場所にはこと欠かない。小鳥もタヌキもムササビもいるし、いまだに森の妖精も住んでいて、心静かに息を切らさず歩いていけば、子供でなくても会えるのだ。写真は昨日撮ったうちの一枚です。南側の明るい山林から「桜山展望台」へ続く登り坂。ここを降りて南へ歩けば、狭山茶の茶畑が見晴るかす、なだらかにどこまでも広がっているよ。
kaji2
 てっぺんの展望台から見下ろす入間と飯能の町。「武蔵野」という良い呼び名もあるよ。裾野にそびえる駿河台大学の薄茶色の塔。そのほかは白っぽい、なんてこともない普通の町だ。森に囲まれ、川に隔てられ、いろんな人を懐に抱いて、町はたたずむ。向こうは遠く上州の山並み。空は霞、風は春。僕はゆっくり歩いてる。
・・・君は自分の住む町が好きですか?

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。