みゆき楽団歳時記
MIYUKI-BAND みゆき(おじさん)のアコースティックバンド活動・猫イラスト・猫自慢・フライフィッシング日記・工作・・・散らかってます。ごめんなさい
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★「みゆき楽団」ライブ情報★
CD裏jake01.jpg「CD・みゆき楽団らいぶ」←(クリックで原寸ジャケットのライナーノーツが読めます)9曲を収録、送料共で[1,000円]です。「みゆきのメール」(←クリック)から、住所・氏名・ご希望の枚数、を書いて送ってください。「CD」と「おまけのポストカード」と、後払いの「振込み方法」を4・5日後に郵送します。
↓プロフィールと僕の イラスト展のバナーです。クリックしてご覧下さい!                     banner.m5猫のプロフィール猫イラスト(1)猫イラスト(2)猫イラスト(3)過去ログ作品集
ブログランキング・クリック御礼。個性豊かなオヤジの日記→にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
楽団再開!
ようやく心身の病魔も去り、楽団を再開しました。ウツから来る臓器不全、起立性低血圧、拒食と衰弱。

ほかのメンバーも8ヶ月間、待っていてくれたから。
2回のリハビリライブを全力で歌って、必死に声を戻した。
10月20日のイーストコートはかなり本番体制。
いつも以上に叫んできます。
迷惑を掛けた音楽仲間達、変わらず迎えてくれてありがとう。

でもまあ、僕(みゆき)が居ようが居まいが「みゆき楽団」の旗を高く掲げて、
歌い踊れば良いのだけれど。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

僕らの大切な詩・賢治さんの「注文の多い料理店の序」
 賢治さんが好きです。
 中には(異界に引き込まれるようで恐くて)
 読まないようにしている、なんていう有名なプロの作家も居るのだが。

 かたや、岩手県出身ということで、 
 今回の東北大震災の、被災者の皆さんの、励ましになっているとも聞いている。

 みずからの理想と、子供達の未来に命を懸ける教育者であり、
貧しき農民達の同志として、死の瞬間まで働きぬいた人でもある。

 「雨ニモマケズ」が教科書に載るほど有名なためか、この童話集の序文はあまり知られていないようなのだ。

 作品は、読んでいて、わけのわからないところもたくさんある。
 でも、彼はこの序文で書いている。

 「そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです」・・・と。

 生誕100年を越え、いまだ物質主義がまかり通る現代社会へ、力強く警鐘を鳴らす。
 だからこそ、僕は賢治さんが大好きなのだ。

 僕は「雨ニモマケズ」(ジュゴン作曲)と、この「注文の多い料理店の序」(賛美歌312番に乗せて)を、
 勝手に、楽団で歌っている。
 

『注文の多い料理店』序

 わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとおった風をたべ、
桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしい
びろうどや羅紗や、宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。

 わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらってきたのです。

 ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、
十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、もうどうしても
こんな気がしてしかたないのです。ほんとうにもう、どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、わたくしはそのとおり書いたまでです。

 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでしょうし、ただそれっきりのところもあるでしょうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたの
すきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません 
 
大正十二年十二月二十日 宮澤賢治

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

風水なんかを気にするよりも、西空の茜の夕焼けを。
yuyake 002
 
 夕焼けは美しい。季節ごとに、あるひと時、現れる西空のファンタジー。

 日の出のパワーも浴びたいところ、でも西向きベランダの、わがマンションでは無理なのだ。
 東側は玄関と廊下、南側はおとなりだから窓も無い。

 西側には、遠く秩父連山の影絵が浮かび、目の下には入間川が流れる。
 素晴らしい夕焼け空のスクリーンだ。

 風水によれば、西側の水は良くない、とか。女性特有の病気が起こる、とか。
 
 しかし、同じ西向きに開いた部屋がすべて、病気で臥せっているわけは無く、健康な奥様たちが暮らしている。

 たしかにうちの奥さんは子宮ガンになって、もう12年を闘病しているが、これは彼女の問題に過ぎない。

 風水とは、中国の古い兵法から来たものらしい。軍師が、大陸の敵国の位置や風雨の流れを考察し、鬼門や吉方を定めて自国の平安を守ったもの。
 島国、日本に当てはめる意味はまったく無い。

 ただこれを商売として、家相を見たり、家の改築を理由付けるための迷信なのだろう。

 そんなことより、僕はこのような、美しい夕焼けの茜色を楽しむほうが良い。
 写真は本日、午後5時半の輝く西空。
 病気の奥さんと並んでベランダに出て、何枚も写真を撮ったのだから。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

「クルリ♂」男の子ねこは可愛いのです>(^∧^)<
クルc 「クルリ♂」は、うちの5匹の中で一番ぬぼ~としていて、可愛いのだ。
 なるだけ猫を増やさないように気をつけていたのに・・・この子は、
 新しい飼い主を待ちながら「ねこの会会長」のお宅に保護されていたのを見に行って、その人なつこさに一目惚れ・・・すぐに貰ってきてしまったのだ。"くるり"と曲がった2重かぎしっぽ、アルファベットの「P」の形だ。
 模様もアメショーが入っていそうなくるり柄なのに、何故だか譲渡先が決まらなかった。


my 002クルa
 うちに、何匹か保護子猫がいたころ、先住猫の「ちびこ♀」が母性に目覚め、子猫を抱いて寝るようになった。
 1匹、1匹と貰われていくたびに「ちびこ♀」は寂しそうに、居なくなった子猫を探して、家中をくんくんして落ち着かない。
 ある日とうとう、元気と食欲をなくし、胃液を吐くようになってしまった。
 「ちびこ♀」のためにも「クルリ♂」はうちの子になってもらって良かった。
 もちろん「ちびこ♀」は元気になり、いまもお姉さん猫として仲良くしている。
 ↑幸せを呼ぶ、立派な2重かぎしっぽだよ!

テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

「ソラちゃん」花束を食う>(^⊥^)<
ソラちゃん
 みずからの庭で、丹精した花をくれる「楽団仲間」のひとし君。
 いつもありがとう。優しい友人です。
 今回も、こんな素敵な花を頂いた。
 
 うちの「ソラちゃん♀」は、このような「葉っぱやお花」が大好物!
 一本づつ引っこ抜いては・・・・(食ってます)・・・・

 昔は ”猫をしつけけよう” などと思っていた僕。
 こんなときは叱ったり、叩いたりもしていた。
 僕は若く、猫が可愛いだけで、無知だった。

 今は、すべてのイタズラやソソウも、一切叱らない。

 今まで、病気や事故で、たくさんの猫を看取ってきた。
 そして、亡くしては、僕は必ず後悔したのだ。

 「もっと優しくしてやれば良かった。あんなふうに叱らなければ良かったのに」と・・・
 共に暮らした、日々のひとつひとつを思い出し、涙ぐんだ。

 だから今は、大切なものを壊されようとも、真心のプレゼントを食われようとも、
 こうして楽しく、思い出の写真を撮ることにしている。
 
 捨て猫を拾ってきては、家族と呼び、癒され、慈愛を学ぶ皆さんにも、申し上げます。
 猫を叱って、しつけてはいけません。あなたを嫌いになるだけで、叩かれた意味も解りません。

 もちろん、イタズラが危険を伴う場合には、優しく抱き上げて教えれば良い。
 猫は、小さな声で話せば解ってくれます。愛情だけは感じてくれるようなのです。

 それ以前に、猫に危険が及ばないよう、人間の暮らし方を変えなければいけません。

 しかしまあ、せっかくの花を・・・ひとし君、ごめんね。。。。m(_ _)m。。。。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。